人気ブログランキング |
コンビニとタスポ
毎日JPが5月12日付けで伝えるところでは、仙台市内のコンビニでたばこを万引きをした高校2年生が犯行の理由として「『タスポ』導入で)これまでのように自動販売機でたばこが買えなくなったので盗んだ」と供述しているとのことです。

仙台市では5月1日からタスポが導入され、タスポがなければ一般的なたばこの自動販売機ではたばこが購入できない状態となっています。
今回の万引き事件は、とりあえずタスポ導入が未成年者の喫煙防止に有効となっていることを示すものだと思います。

長野県内のコンビニを覗きますと、6月のタスポ導入を前に、たばこがレジの前のほうに並んでおり、これまで見られなかったカートンが前面に出ています。今回のタスポ導入をコンビニは大変なビジネスチャンスと捉えているようです。
それは結構なことなのだけれど、コンビニでも、未成年者へのたばこ販売防止を徹底してほしいのだな。もちろん万引きも許すまじ。

毎日JP <たばこ万引き>「タスポ導入で困り」高2の少年盗む 仙台 (2008.5.12)
by epole | 2008-05-13 07:01 | たばこの自販機


<< 復活するたばこ店 自販機売り缶飲料に殺虫剤成分との報道 >>