長野電鉄のなかの風景
a0003909_559578.jpg今朝の電車で向かい合わせて座った美しい女性は、指もすらっとして、それはわたくしの短めの指より一関節ほど長いものと感じたのですが、それよりも私の心をとらえたのは、彼女のその長い指のなかにある日本経済新聞に掲載された富士電気リテイルシステムズ(株)の全面広告だったのであります。

ヒートポンプ方式により、同社の自動販売機は10年前に比べ消費電力は4分の1以下を実現したとのこと。まさに自動販売機は省エネのトップランナーなのであります。
いろんな人と自動販売機について話すと、多くの人が問題とするのが地球温暖化問題なのですが、それらの人は自動販売機業界の省エネへの取り組みと成果をほとんどご存じない。自動販売機業界の状況を知れば、『自動販売機の稼働時間の短縮等』といった措置を定める某県の条例が妥当なものかどうかがわかろうというものです。

さて、写真は夕刻の長野電鉄小布施駅に置かれた無人の新聞スタンド。これも広義では自動販売機。
[PR]
by epole | 2008-04-04 06:25 | これからの自販機


<< 自動販売機の間のはり紙 小布施駅ホームのカップ式自動販売機 >>