灯油券売機
a0003909_9301684.jpg福井市内郊外のワイホームという店(ホームセンター)に、灯油券売機がありました。大変珍しい印象なのですが、福井県の人にとっては当たり前なのかもしれません。

a0003909_9311844.jpg給油所は数メートル離れた、ステーションと呼ばれる店舗と独立した小さな建物内にあって、そこで各自持ち込んだポリタンクに灯油を入れるようです。

そういえば最近のガソリンスタンドは多くがセルフで、たまにセルフでないところでガソリンを入れると、数人で窓を拭いてくれるは、ゴミはないかと尋ねてくるわで、以前は当たり前であったサービスがとても新鮮に感じられます。映画バックトゥーザフューチャーで、過去に移動した主人公(マイケル・J・フォックスだったなぁ)が、ガソリンスタンドで、その濃厚なサービスに驚くというシーンがありましたが、そんな印象をうけるのでありました。やがては灯油もセルフが当たり前になるのかもしれない。

ここまで書いて、そういえば長野市でいつも灯油を買うガソリンスタンドでは、灯油もセルフだったことを思い出しました。ただ、そこでの買い方は普通のガソリンと同様で、ホースのついた機械自体で灯油を購入するもので、今回のものとは違うのだな。
[PR]
by epole | 2008-03-30 09:29 | 自販機いろいろ


<< 小布施駅ホームのカップ式自動販売機 清酒「一乃谷」の蔵元前の自動販売機 >>