自働販売機マスター?
1月中旬に修士論文を提出し、1月末に口頭審査、2月中旬に論文審査合格。その後学位論文発表会を経て、本日学位授与の運びとなりました。

論文の題目は「自動販売機に対するまなざしの変化」。
なんだ、やっぱり自動販売機かといえば、まさにそのとおりなのでありました。

このブログの1か月にわたる中断は、論文を作成し終わっての解放感や自動販売機研究の放棄では全くなく、論文の修正、充実に全力を注いだことによるもので、今後は学生ではなく研究者(マスター)として、一層深く研究を進めてまいります。

今後とも皆様、よろしくお願いいたします。

epole

追伸 大学院の教授陣がおっしゃるには、「これはものすごく面白い。出版すれば必ず売れる!」だそうです。昔から経済学の大学の先生の言うとおりにして儲かったという例を聞いたことがありませんが、『豚もおだてりゃ木に登る』の例え?もあり、その気になりはじめています。
[PR]
by epole | 2008-03-21 07:03 | 社会人の大学院


<< 擬態自動販売機 たばこ自動販売機規制についての... >>