taspo 申し込み開始
たばこの自動販売機成人識別装置に使用されるカード「taspo(たすぽ)」の発行申し込みが12月1日から鹿児島県、宮崎県そして神奈川県で始まりました。

神奈川県でこの時期申し込み受付が始まった理由は分かりませんが、鹿児島県と宮崎県では来年2月から制度が導入されるので、喫煙者の皆さんで喫煙を継続する意思のある人や、接客業などで必要なひとは早めに申し込んだらよいかもしれません。

申し込みに必要なのは本人確認書類として
・運転免許証 ・各種健康保険証 ・住民基本台帳カード(写真付)・各種年金手帳・各種福祉手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳) ・外国人登録証明書 ・住民票
のいずれかのコピーと3ヶ月以内に撮影した写真縦45mm×横35mm(パスポートサイズ)だそうです。短期滞在の外国人や住所不定の人は、たばこが自動販売機では買えなくなるのだな。

なお、宮崎県宮崎市のイオンモール宮崎では12月1日(土)~12月4日(火)の11:00~18:00に、鹿児島県鹿児島市の鹿児島中央駅AMU広場では12月7日(金)~12月10日(月)の11:00~18:00に即時発行バスというのが出て、taspoが即時に発行されるようです。
開場では会場にて無料写真撮影サービスもあるというから利用したらいいかも。

自分の地域で成人向け識別装置が稼動していなくても、たとえば旅行先で導入していれば、そこではtaspoがなければ自動販売機でたばこを買えない理屈だが、そこのところはどう考えているのだろうか。(まぁ、小売店で買ってください。)
[PR]
by epole | 2007-12-03 04:51 | たばこの自販機


<< 空き缶ぽい捨てと自動販売機 中国語を話す自動販売機があると... >>