ハイテク防犯システムと自動販売機
キャッチセールスとは、路上や街頭で「アンケートに答えてください」などと呼び止め、営業所や雑居ビルなどに同行させて執拗な勧誘(軟禁、監禁、強要といっても良い場合もある)で法外な高額商品を契約させる悪徳商法の一種で、対象は契約の概念をよく知らない若者がメインなのだそうです。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)から抜粋)

さて、11月20日付けで朝日新聞が伝えるところによりますと、大阪市ミナミの「アメリカ村」に、自動販売機を利用したハイテク防犯システムが導入されたとのことです。

これは、西心斎橋商店街事業協同組合や地元商業者で作る「アメリカ村の会」などが警備保障会社「NSJ」の提案を受け導入したもので、キャッチセールスなどの被害を受けやすい買い物客や修学旅行生らに携帯端末を貸し出し、事件発生時に携帯端末を作動させれば、街の至る所にある自販機や街路灯約30箇所で受信し、24時間巡回の警備員が駆けつけるというシステムとのこと。また、受信する自販機等にもHELPと書かれた緊急通報ボタンがついているそうです。

携帯端末をそれぞれに貸し出すというのはしんどそうですが、それ程の被害があるということでしょう。記事によれば、アメリカ村では、数年前から落書きや薬物販売などが多発していて、防犯カメラ77台を設置しても犯罪は一掃できなかったとのことです。その犯罪に立ち向かうのに、自動販売機が立ち上がったわけですね。

街中どこにでもある自動販売機。特に新たなシステムなど導入しなくても、空き缶いれが街中どこにでもあると考えれば、それだけでも環境美化には役立っているとわたしは思うのです。
[PR]
by epole | 2007-11-30 06:04 | これからの自販機


<< 中国語を話す自動販売機があるという 自動販売機のなかのアルプちゃん >>