視聴権利・販売機
a0003909_22161872.jpg『アスタラビスタ』というのはDVDの自動レンタル機で、東京メトロの10駅の構内に設置されたのは昨年8月。そして今年の春にはなぜか長野市三輪のマツヤ(スーパーマーケット)に設置されていたのであります。
そして今日、久しぶりに牛乳とジュースでも買おうかと出かけてみると、それはそこにはありませんでした。
やはりこのような地域のこのような場所では利用者は少ないと思っていたとおり、実験は失敗に終わったのかなぁ。それでも、利用者が少ないなりに、データは活用されてゆくことだろう。
(しかしながら、この一年間私も何回か首都圏の東京メトロを利用し目を血走らせているのですが、今だにいきあたらないのはどうしてだろうか。)

さて、それはそれとして、22日は月に一度の勉強会が虎ノ門であり、そのここちよさに包まれながら泊まったホテルの自動販売機コーナーにあったのが『視聴権利・販売機』
ルームキーを近づけると、ホテルの部屋で通常のテレビとは違う内容のものが視聴できるようで、これはその権利を獲得するもののようです。
でも、番組自体を見なかった私は、翌朝フロントで料金を請求されませんでした。これは販売機とあるが販売機ではないのか?それとも私が使い方を知らなかっただけなのか?そういえばコイン入金機も紙幣挿入口もこの機械にはついているが私は入金しなかったなぁ。どの段階で間違えたのだろうか。
使い方がわからない私は釈由美子さん以上の機械オンチなのかもしれない。
[PR]
by epole | 2007-11-24 22:16 | 自販機の空間


<< まもるくん自動販売機 コカ・コーラウエストホールディ... >>