木曽路の成人向け自動販売機
a0003909_5471477.jpg塩尻市木曽平沢の国道19号沿いに成人向けビデオなどの自動販売機が設置されたことを知ったのは昨年末のことです。
民家の駐車場部分に8台の自動販売機が設置され、ビデオやDVD,下着などが販売されており、地元住民が撤去を求める運動を展開しているということ。この自動販売機の設置以降、塩尻市では成人向けビデオなどの自動販売機設置を規制する条例制定の動きが活発になっています。
この自動販売機については是非とも確認しなければならないと考えていたのですが、なかなか機会がなく、今回ようやく確認に至りました。
確認日は9月29日午後3時30分から午後4時。なお、この間、わたくし以外にお客さんは訪れませんでした。

a0003909_6114572.jpg自動販売機の置かれているのは松本から名古屋へ向かう国道19号線の右側(西側)。
カーブの続く道のさきのあまり大きくない駐車場の一角に、成人向け自動販売機独特の、トタンで囲っただけのような小さな小屋の中に置かれています。
小屋の数は2つで、自動販売機も各2台、計4台の設置であります。看板は全くなく、空き地の前はトラックを中心とする自動車が猛スピードで走る。
ここはあまり児童などの歩行者が通るところではなさそうだなぁ。
道路の反対側には「有害自販機はいらない!!」との看板が並んでいます。

a0003909_6233222.jpg販売品目はDVDが中心で、右側の小屋の自動販売機は20品目づつを、左側は16品目づつを販売しています。自動販売機は鉄の格子のなかに納められ、鉄格子の向こうの商品ディスプレイには「強化ガラス」というシールが貼られています。販売金額は千円から5千円。全商品72品目の価格内訳は、千円:2、2千円:18、3千円:32、4千円:8、5千円:12となっています。全部買うと22万6千円ということなのだな。

a0003909_61295.jpg今回確認した時間帯には、木曽路とはいえあたりはまだ明るい状況でしたが、商品にはバックライトが当てられ、確認がしやすい状況となっています。
観察する限りでは、表紙はなんということのないもの。インターネットの有害サイトを見慣れた身にとっては、なんらの感慨もわかないようなものであります。

目を引いたのはポップ文字で、「違法○○」とかいうもの。何が違法なのだろうか。すこし期待を抱かせるような文字なのですが、こんなところで危ないものを売れば、すぐ撤去の理由にされてしまうから、きっと実際は当たり障りのないものだろうな。
もうひとつ、「進化する?」とパッケージに書かれた携帯電話のバーコードみたいな商品。どうやら怪しい写真が携帯電話にメールで送られるようなのですが、こんなものが売れるのだろうかと目を疑います。

成人向け自動販売機に反対はするが実物を見たことのない皆様、いかがでしょうか。
[PR]
by epole | 2007-10-01 06:12 | 成人向け自販機の黄昏


<< 山梨県内にらーめん缶の自動販売... とげぬき地蔵尊の先の自動販売機 >>