ヤンバルクイナ支援自動販売機
9月22日付けで沖縄タイムスが伝えるところによりますと、絶滅の危機にひんしているヤンバルクイナの保護活動に役立ててもらおうと、沖縄コカ・コーラボトリングは自動販売機の売り上げの一部を、NPO法人どうぶつたちの病院に寄付する取り組みを始めたとのことです。

寄付の方法は、同社の自動販売機を設置している店舗が、缶一本または一ケース当たりで額を決めて寄付するもので寄付は店側の負担になるとのこと。沖縄コカ・コーラボトリングは寄付の仲介の立場か。この点は多くの寄付金付き自動販売機と異なるところです。

ちなみに『NPO法人どうぶつたちの病院』とは、人と飼育動物(ペット)と野生生物がよりよい形で共生していくための事業を行うNPO法人だそうです。
この自動販売機ですが、9月21日に国頭村安田区の安田共同売店に1号機が設置され、今後沖縄全県に広めてゆきたいとのことです。
[PR]
by epole | 2007-09-23 07:56 | 地域貢献型自動販売機


<< お祭りと自動販売機 c-mode自動販売機でバーコ... >>