郵便局前の廃郵便切手・はがき発売機
a0003909_12255249.jpg気が付くと午後7時前。往復はがきが欲しくなって豊科中央郵便局へ急ぎますと、入り口の脇、ポストの前にあったのが大きな青いかたまり。そこに貼られた1枚の張り紙。

お知らせ
当局設置の郵便切手・はがき発売機は7月22日(日)をもって販売を停止させていただくことになりました。
切手・はがきをお求めのお客さまには、大変ご不便をおかけいたしますが、当局の窓口(午前9時から午後7時まで)、ゆうゆう窓口(午前8時から午前9時まで、及び午後7時から午後8時まで)又は最寄りの郵便切手類販売所(ローソン安曇野警察署前店等)をご利用くださいますようお願い申し上げます。
豊科郵便局長

まだ午後7時前なので、窓口で往復はがき2枚を買いながら局員さんに尋ねてみたところ、「民営化に伴い郵便事業と貯金事業が分離されることから・・・」といったお話をいただきました。切手・はがきは郵便事業が完全に引き継げばいいじゃんとは思ったところですが、お盆の13日に局員さんをいじめていけないと思い、あとで調べようと、今回は素直に聞くだけにしました。
この郵便局の建物の中では、いつからか置かれた飲料自動販売機が稼動中です。この飲料自動販売機は郵政事業が引き継ぐのか、貯金事業が引き継ぐのかなどと思ったところです。

長野の家の近くにはサークルKがあるのですが、なかなか往復はがきまで置いていない。こういった郵便切手類販売所がきちんと切手・はがきを置くようになって、それが周知徹底されれば、『郵便切手・はがき発売機』は要らないな。郵便窓口も要らないな。
[PR]
by epole | 2007-08-14 12:26 | 廃自販機


<< 『羊ケ丘温泉ほっと足湯』(とタ... Suicaで自動販売機 >>