愛荘町と三笠コカ・コーラボトリングが防災協定
7月16日付けで滋賀県と三笠コカ・コーラボトリング㈱が「災害時における飲料の提供協力に関する協定」を締結したことは先日紹介したところですが、市町村でも自動販売機に関する防災協定締結が進みつつあるようです。

a0003909_6203189.jpg滋賀県愛知郡愛荘町のホームページのトップに次の記事が掲示されました。
『7月26日(木)、愛荘町と三笠コカ・コーラボトリング㈱は「災害時における飲料の提供協力に関する協定」に調印。災害時には自動販売機の飲料600本と水が無償で提供される。』

7月26日付け京都新聞によりますと、愛荘町には近畿コカ・コーラプロダクツ滋賀工場があるようで、この協定はその縁によるものと思われます。
同町には愛知川(本庁舎)と秦荘(分庁舎)の二つの庁舎があるようですが、電光掲示板付き災害対応自動販売機は両庁舎に各1台設置されたそうです。また、協定では災害時に滋賀工場が在庫を優先的に提供することも盛り込んでいるそうです。

愛荘町(あいしょうまち)は愛知郡にあるというので、てっきり愛知県にあると思ったところですが、実際は琵琶湖のすぐ右下、滋賀県にありました。

※写真は愛荘町のホームページ掲載のものです。
[PR]
by epole | 2007-07-30 06:21 | 災害対応自動販売機


<< 住宅街に出現する自動販売機 仙台にクレープ自動販売機出現 >>