富山市にハートフルベンダー登場
7月3日付けで北日本放送が伝えるところによりますと、自動販売機型募金箱「ハートフルベンダー」が3日、北陸3県で初めて富山県富山市に登場したとのことです。

設置されたのは、富山市の『ボルファートとやま』で、10円と100円の募金ボタンを押すことで希望する金額を募金することができ、一方、飲料メーカーも1本売れるごとに2円の募金をし、自販機の設置者も寄附を行うとのこと。
NPO法人「ハートフル福祉募金」の開発した「ハートフルベンダー」は先月末現在、全国に143台あり、北陸3県で設置されるのは今回が初めてとのことです。

さて、『ボルファートとやま』とはJR富山駅北口から徒歩(約9分)にある結婚式場を中心とした10階建ての複合施設で、社団法人富山県労働者福祉事業協会(略称:富山県労福協)が運営しています。
1階はフロント・ロビー、Biスクエア、名店街などとなっており、2階には多目的ホール「真珠」、チャベル・オブ・ザ・ローズ、3階には小宴会場「ダイヤモンド」、「エメラルド」、「サファイヤ」、「オパール」、ブライダルサロン、4階には宴会場「こはく」、「こすい」、「はくすい」、「さんご」、「めのう」「ひすい」など、名前を聞いただけで豪華絢爛なのだな。

さて、自動販売機はここのどこに置かれたのだろうか。
[PR]
by epole | 2007-07-04 06:27 | 地域貢献型自動販売機


<< 広告付きカップ自動販売機設置始まる 北海道コカ・コーラボトリングと... >>