人気ブログランキング |
この際、撤去したら、どう?
野放しで設置され、未成年者に対して無制限に違法に販売を続けるたばこ自動販売機ですが、たばこ業界で組織する日本たばこ協会は3月30日、未成年者がたばこを購入できないようにする成人識別機能付き自動販売機を、4地域に分けて2008年3月から、順次導入し、同7月には導入を完了すると発表したそうなのであります。

昨年10月27日の発表では、2008年中に導入するのみ発表されていたわけですが、今回は、まず宮崎、鹿児島両県からスタートし、5月には北海道や広島県など21道県で、同6月には京都府や大阪府など15府県で、同7月には東京都や沖縄県など9都県で、それぞれ導入するといった計画も発表されています。

日本自動販売機工業会の統計によりますと、日本のたばこ自動販売機は2005年末現在616,200台。一台の改造に1万円かかったとして経費は6,162,000,000円・・・61億?
それはまぁ、大変な負担なんだな。実際は1万円ではすまないだろうし。一台10万円だと616億ですか。

この際そんなことをやめて、撤去してしまったら、どう?
たばこの販売促進になると勘違いし、違法販売であることを感づいていながら次々と大量のたばこ自動販売機を置いた結果、たばこ屋さんは店を閉じ、こどもの喫煙は助長され、今回大金を投資して自販機を改造することにより、結果的にたばこの販売量は減ることだろう。

それにしても、雑誌自動販売機への規制に比べて、たばこやら酒類の自販機に対する行政的規制措置はゆるすぎないか。
by epole | 2006-03-31 05:33 | たばこの自販機


<< 3台並んだ最新鋭自販機 香川県各地に災害対応自販機 >>