「一億人の昭和史」のたばこ自動販売機
昭和32年5月22日 たばこ自動販売機 大阪で試験的に登場 東京は34年から

私が読んでいるこの本は「一億人の昭和史⑮昭和史写真年表元年~51年 発行所毎日新聞社」

さきに述べたとおり、煙草自動販売機は明治後期には普及し、昭和10年頃には「専売局事業合理化要綱」のなかで「自働発売機ノ設置奨励」が求められているのだが。発行所たる毎日新聞社はどのような資料をもってこの記述を挿入したのか知りたいものである。(ひらがなになったか?『煙草』→『たばこ』)

なお、昭和40年「37年に1万台の自動販売機が29万台に激増」とある。
[PR]
by epole | 2010-10-05 00:20 | 史料


<< 「踊る地平線」の自働レストラン 果実水の自動計量販売器 >>