塩尻駅前の金券自販機「切符屋」
a0003909_2219192.jpg伊那食品工業にいる間に台風が日本を横切ったようで、伊那市内はとても大雨でしたので、信大地域フォーラムの仲間に駅まで車に乗せていってほしいとお願いしたところ、「沢渡駅」どころか「塩尻駅」まで送ってくださいました。ありがたいなぁ。

さて、塩尻駅前で車を降りますと、駅ビルの左手に堂々と置かれていたのがこの金券自動販売機「切符屋」でした。これは色合いも形も置かれ方も松本駅ビルアルプス口に置かれたものと同種のものです。

a0003909_22195534.jpg販売されているのはJRの特急券、特急券+乗車券、乗車券、高速バス乗車券、マックカードなど。乗車券の多くは塩尻駅を発着点としたものですが、特急券+乗車券には「長野~大宮」など、塩尻と離れた路線のものも販売されていました。

特急券はどうやら信州特急券(4枚で2000円。信州内の特急自由席に乗車できる。)で、ここでは一枚550円で販売されています。塩尻~長野の特急しなのの特急券は通常1,040円だから、これはお買い得なのだなぁ。
マックコーヒー券は通常1枚120円のところ2枚で160円。これも安い。
自動販売機本体に記された注意書きを読みますと、有効期限は基本的に10日以上あるとのこと。
わたくしが乗る松本駅までの切符も、正規230円のところ、この自動販売機では220円で売られていました。

この自動販売機、お札は1,000円、2,000円、5,000円、10,000円の4種類が使用できます。
[PR]
by epole | 2010-09-16 22:20 | 自販機の空間


<< 「噂の!東京マガジン」と自動販売機 伊那食品工業の自動販売機5 >>