「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
読書見本帖『パノラマ島奇談』の自動販売機と機械遺産
それよりもやはり一人二役を問題にしよう。江戸川乱歩はパノラマ狂いの夢想家から、おなじみの怪人二十面相まで、たえず一人二役あるいは一人何十役を書いてきた。その第一作の連載が始まった大正十五年という年が、すこぶる象徴的ではあるまいか。大正十五年にして昭和元年、すなわち〈一年二役〉の年だった。
その年のある一日の銀座交通量が、歩行者九万七千人余、車四万四千台あまりとの記録がある。ラジオ放送が始まった矢先のことだ。東京駅と上野駅に入場券の自動販売機がお目見えした。建物の屋上にまばゆいネオンが登場した。男のような断髪が流行、モガ・モボがとりざたされた。翌年、ニセ札が出回って世間を騒がせた。
時代に明敏な推理作家は、いまや始まった複製時代を正確に見てとっていた。心理学でいう「ドッペルゲンガー(二重人間〉現象」が現実のものになった。スイッチをひねるだけで、遠くの他人がしゃべりだす。自動車というイダテン走りの足を得て、人はここ、かしこと自由自在にとびまわれる。

わたくしが読んでいるこの本は、池内紀著「読書見本帖『パノラマ島奇談』江戸川乱歩ー気がつくと日常」(丸善ライブラリー2 平成3年4月20日発行 平成3年7月5日第2刷発行)

年表によれば、入場券の自動販売機(券売機)が初めて設置されたのは大正15年とある。大正15年はその年の12月25日まで。同12月25日から昭和元年が始まっている。そして昭和64年は1月7日におわり、翌日1月8日から平成元年が始まっている。そうすると、昭和は64年まであったといっても、その期間は62年と2週間なのだな。

さて、入場券の自動販売機と特定するだけあって、発券されたのは同じ内容の入場券のみ。料金の異なる行き先別など複数の券種を発売する券売機「多能式自動券売機」が登場するのは昭和37年のことであります。
その世界初の多能式自動券売機は、髙見澤電機製作所自販機事業部(現高見沢サイバネティックス)が開発したものですが、昭和44年に製造され、翌年北大阪休講電鉄万国博中央口駅に設置された同機種が、このほど日本機械学会により「機械遺産」に認定されました。

ちなみに「モガ・モボ」とは「モダンボーイ・モダンガール」の略であります。
羅列されている中で、「建物の屋上にまばゆいネオンが登場した。」の一文は余分な気がするのだがどうだろうか。私の読みが浅いのか。。。
[PR]
by epole | 2011-08-07 15:55 | 小説にみる自販機