「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
新信濃変電所周波数変換所
a0003909_423927.jpg長野県東筑摩郡朝日村の広大な野菜畑のど真ん中に設置された自動販売機。その広大な畑だけが延々と続くその遠く向こうにかすんで見えるのが「新信濃変電所」。

日本国内では東日本が50Hz、西日本が60Hzの交流電力を使用しており、その相互の電力需要を融通しあうために、全国に3つの周波数変換所が設けられています。そのうちのひとつがこの「新信濃変電所」であります。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による発電所被害により東日本に大規模な電力不足が発生。変電所ではフル稼働で周波数を変換し、電力を東日本に送り続けているということです。

人の気づかない、見えないところで、縁の下の力持ちは頑張っているのだな。
頑張れ!変換所。
a0003909_434560.jpg

a0003909_441165.jpg


参照:東京停電と、先送りされてきた「周波数変換問題」
[PR]
by epole | 2011-03-31 04:04 | 震災と自販機
コカ・コーラ社の災害支援
3月29日付け時事通信によりますと、米コカ・コーラ社では、東日本大震災救援・復興支援を、6億円から総額25億円に拡大すると発表したと伝えています。
また、国内のコカ・コーラ系列各社が、震災以来飲料の生産と被災地への供給を行ってきたほか、自動販売機による飲料の無料提供を行っていることも伝えています。


わたくし、これまで長野市内又は松本市内でディスプレイを消したコカ・コーラの自動販売機を見たことがないのですが、各企業とも、見えない形でさまざまな支援を行っていることを今回の報道で知りました。

被災地で継続的に多くの飲料を提供するには自動販売機は向きませんが、孤立した被災地で救助を待つ一定期間の飲料を提供する箱として、自動販売機(特に災害対応自動販売機)は活躍したのではないかと思うところです。

さて、そんな過酷な被災地で、無一文で被災した方などが、万が一緊急避難のため自動販売機をこじ開けたりしても、それは非難されるものではないと思います。たぶんその自動販売機の所有者や管理者もそれを容認するだろうし、むしろそのことにより被災者の役に立ったことを喜んでくださると確信しています。

どうか、生きていてくださいますように。それが私たちの願いです。大丈夫。一緒に生きていきましょう。
[PR]
by epole | 2011-03-29 23:26 | 震災と自販機
節電中自動販売機その2
a0003909_2372420.jpg前回登場したIR柏矢町駅近くのヘアサロン角に設置された、節電中との張り紙のある自動販売機の前を午後9時ころに通りかかったところ、煌々と電気がついて販売をしていました。わたくしなどは、自動販売機が蛍光灯節電中だというと、まず照明を落として販売を継続することが頭に浮かぶのだけれど、これはどこが特別に節電となっているのか理解に苦しむのだなぁ。人間張り紙だけを見て判断してはいけないということだと悟ったのでありました。
[PR]
by epole | 2011-03-29 23:14 | 自販機の空間
自販機の張り紙
a0003909_1642368.jpg昼間照明を止めて節電中の自動販売機はどれぐらいあるのか。昼間見て歩いても見つからない。
これらJR柏矢町駅前の自販機も、外見からは節電中かどうかはまったくわからず、ただ、そこに張られた「災害のため『蛍光灯節電中』です。お買い求めはできますのでご利用ください。」と書かれた張り紙のみでそれを知る。
この自販機はJRのacure自販機だから、都内JR各駅構内のそれと連携をとっているのだろう。

a0003909_164255.jpg近くの店舗に設置されたダイドーの自販機にも一字一句変わらぬの張り紙がされて節電中であった。もしかしたら、どちらかの管理会社がもう片方のブランドそのままに管理を請け負っているのかもしれない。

ダイドーの自販機の多くは節電中との張り紙がされて消灯中だが、一部のダイドーの自販機はそうではない。そのような自販機は、よく見ると、見慣れない名前の管理会社の表示がされているのでありました。

a0003909_1764960.jpg松本市島立のココイチに設置されたキリンの自動販売機にも張り紙あり!
内容を読むと
「お客様へ この度の東北地方太平洋沖地震の影響により飲料が入手しにくい状況にあります。ご希望の商品が品切れの場合代替の商品をお求めくださいますようお願い申し上げます。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。」
とある。
よくわかる。言いたいことはよくわかるが、何をすべきかがわかっていない。
[PR]
by epole | 2011-03-26 17:04 | 自販機の空間
節電中自動販売機
a0003909_645637.jpga0003909_651810.jpg私の住む長野県の電力のほとんどは中部電力が供給しており、周波数変換の容量の関係で、中部電力管内でいくら節電をしたとしても、直接的に東北・東京電力管内の電力不足へは貢献をしないのだそうです。そうであれば、もし石油などのエネルギーを使用していて、他方電力が代替エネルギーとして使用可能なのであれば、できるだけ電力を使用し、石油エネルギーなどを被災地への支援にまわすべきであります。もちろん、もしなんらかの措置によりそれらのエネルギーを使用しないですむのであれば、それにこしたことはありません。

さて、こちらは長野県安曇野市内のスーパーマーケット横に設置された自動販売機4台。中央の2台には、夕刻だというのに明かりが灯っていません。もしやと思い近づいてみると、左側(ダイドー)の自動販売機の上部にこんな張り紙がありました。

節電対策実施のお知らせ
この度、東北関東大震災により、輪番制の「計画節電」が実施されています。弊社設置自販機に於いては、節電の為、蛍光灯を消灯させて頂きます。
尚、商品は通常通りお買い求めいただきますが、一部商品に於いては、品切れが発生する場合もあり、お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒、ご了承の程よろしくお願い致します。

これは評価されるべき企業の姿勢ではなかろうか。
ダイドーには張り紙があったが、同じく消灯しているサントリーには告知がない。もし震災支援のために節電しているのであれば、もっとPRしてもよいのではないかな。それは自企業のためのみならず、世の中一般への啓発にもなる。
[PR]
by epole | 2011-03-25 06:06 | 自販機の空間
踊る!自動販売機
踊る!自動販売機。2011.3.20a0003909_20501181.jpg
右手に持つのは、信州の銘酒「失語誉」


長野市若里市民ホール

長野失語症友の会
失語症フェスティバルin長野

あるがまま、リビング・リビング


a vending machine dancing!
with his friends...

How i love them,
of cource,we are friends.
[PR]
by epole | 2011-03-21 20:48 | 自販機の空間
飲料大手 自販機の照明消灯
飲料大手 自販機の照明消灯 電力15%減 関東・東北 全80万台

わたしが読んでいるこの記事は、2011年3月18日付け日本経済新聞。

日本コカ・コーラ、サントリーホールディングス、アサヒ飲料、キリンビバレッジ、伊藤園など大手飲料メーカーが足並みを揃え、17日から商品補充などの際に順次照明のスイッチを切るとのこと。
照明を落としても自販機自体は動いているので購入には影響ないと結んでいます。

これはもちろんなにをおいても自動販売機業界がしなければならなかった対策であり、本来は足並みなどを揃えるのを待つまでもなく、計画停電措置の当初(3月14日)から実施されてしかるべきだったとは思うのですが、とにもかくにも最低限の対応がされたのは好ましいことです。

(もちろん地域の心あるベンダーはとっくに対応をしていたでしょうが。そういう話は大手新聞社の記事には載りにくいものなのでしょう。そういえば3月15日(火)に会った東京の優良テレビ制作会社の方が、都内の駅ナカ自販機は消灯していたと言っていました。交通系は素早く対応をしたのだな。自販機の電力消費のために電車を止められてはたまらないからなぁ。。。)

それにしても、自動販売機で販売する商品は不要不急の商品といってよい気がするし、商品補充ルートがいくら効率化されているといっても、補充のために相当な距離を自動車で走行する。
そう考えると、このようなとき、自動販売機業界はとっても不利な立場に立つのだな。なにかもっと世の中のためになることを考えなければね。
[PR]
by epole | 2011-03-21 20:17 | 自販機ニューズ
長野失語症フェスティバルでの自働販売器
a0003909_23235875.jpgも長野失語症友の会のテーマ劇は、無事上演をされました。この数週間製作に没頭したわたくし制作の「完全省エネ有人酒類自働販売器」も無事に役目を終えることとなりました。みなさま、本当にありがとうございました。

なお、この自働販売機はどちらへでも出かけてゆきますので、どうぞ必要な皆様はお声をおかけくださいませ。
[PR]
by epole | 2011-03-20 23:29 | 自販機の空間
長野失語症友の会失語症フェスティバル
a0003909_0462777.jpgいよいよ今日、3月20日、長野失語症友の会演劇フェスティバル開催です。

拙担当脚本「赤坂の夜は更けて」・・・脚本を書くわたくしはとりあえず書くだけで多くの役割を終了するのですが、それを演じる役者さんはもう大変!台詞はふえるは、着替えは増えるは、脳幹血栓の後遺症でただでさえつらいのに、この新しい場では立ちっぱなしだったりと、体力的にも厳しいものとなっています。でも、でも、一生懸命台詞を覚え、懸命に演技をしてくれます。とてもありがたく、とてもたのもしく感じるのであります。

今回の大地震がおおくの犠牲者をだしていること、長野県では特に長野市と同じ北信地方の栄村で大きな災害があったこと、連日余震が続いていることなど、このフェスティバルの開催をどうかという声もあり、それはそれで正しい意見であると思います。しかし、わたくし達は、このフェスティバルを開催し、演ずることを選択いたしました。
どうか皆様、無理のない範囲で、お出かけくださるようお願いします。

昨日の土曜日、開場となる長野市若里市民文化ホールには、「赤坂の夜は更けて」に登場する自動販売機も搬入されました。あす、しっかりとした演技ができますよう、頑張ってまいります。

よろしくお願いします。
[PR]
by epole | 2011-03-20 00:32 | 自販機の空間
節電
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。
ネットからの呼びかけなど届くこともないのかもしれませんが、多くの支援が世界中から救出に向かっています。どうぞ希望をお持ちになってください。

いま、わたくし達が速やかに実行できる支援のひとつが節電であります。電気使用の必要性を精査し、不要な電気は速やかに消すように心がけることであります。

ちまたにあふれる自動販売機も、せめてこれから数ヶ月、照明だけでも節約することができるでしょう。それはすぐに実行されることとわたくしは信じています。
[PR]
by epole | 2011-03-13 22:22 | 震災と自販機