<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「白銅貨の効用」の自働販売器
自働販売器操作の効用
(前略)
十銭白銅貨や五銭白銅貨をもって自働販売器の類を操作させることは、夙に逓信省が公衆電話にて行えるところで、近来は鉄道省も之を切符販売用に用い、専売局は煙草の自働販売器を認め、キャラメル、チョコレートの自働販売器あり、一時は地下鉄の改札までを十銭白銅貨に働く重力によって行ったものである。この外、白銅貨の効用は甚だ多種なるも約束の紙数に達したれば擱筆する。要するに十銭白銅貨は単なる貨幣だとばかり考えている方があったら、それは正に大なる認識不足であると申すべきである。十銭白銅貨は十銭貨幣であると同時に、重量秤であり、標的であり。爪磨きであり、交換手呼出器であり、切符押出機であり、煙草キャラメル押出機でもある。(後略)

私が読んでいるこの文章は「白銅貨の効用」(海野十三著。海野十三全集別巻2 日記・書簡・雑纂(第15回配本)1993年1月31日第1版第1刷発行収録)
本文は、昭和8年発行の「科学画報6」に収録されたものである。

筆者は白銅貨の効用として、次の4つの効用を例示している。すなわち ①分銅としての効用 ②射的としての効用 ③爪磨きとしての効用 ④自働販売器操作の効用 であり、今回引用は④自働販売器操作の効用を論じた部分である。

ここに、自動販売機が日本においてここまで普及するまでの黎明期の道筋が記録されている。すなわち自働販売機は「切符」「煙草」「キャラメル」「チョコレート」の、白銅貨を用いての販売用として使用されたのであります。いま21世紀初頭にみかける自動販売機は「切符」「煙草」「飲料」といったところが多いのだが、昭和8年には飲料の自動販売機はメジャーな存在ではない。

逆説的だが、本文は「自働販売器」の側からでなく、「白銅貨の効用」という視点で自働販売器を論じているのが面白い。自働販売器において無人販売を実現させるのは「自働販売器」の側でなく「白銅貨」なのである。
自働販売器の操作において白銅貨が担う役割は情報である。その重さ、大きさという情報を伝えるものとして、その同質、同形、同重量という性質が自働販売器を正確に作動させ、無人販売を可能とする。
それは現代にそのまま引き継がれ、さらに「白銅貨」又は「紙幣」、最近では「磁気情報等」に組み込まれた特有で同質の「情報」を自動販売機は読み取り、無人販売をおこなっている。
その自動販売機の特性を支えるにあたって、数十年変わらぬ硬貨類の鋳造流通はたいへん大きな位置を占めているのだな。
[PR]
by epole | 2010-09-27 22:42 | 小説にみる自販機
「党生活者」の自動販売機
(前略)私は途中小さいお菓子屋によつて、森永のキャラメルを一つ買つた。それを持つてやつてくると、下宿の男の子供は、近所の子供たちと一緒に自働式のお菓子の出る機会の前に立つてゐた。一銭を入れて、ハンドルを押すとベース・ボールの塁に球が飛んでゆく。球の入る塁によつて、下の穴から出てくるお菓子がちがつた。最近こんな機械が流行り出し、街のどの機械の前にも沢山子供が群がつてゐた。どの子供も目を据ゑ、口を懸命に歪めて、ハンドルを押してゐる。一銭で一銭以上のものが手に入るかも知れないのだ。
私はポケツトをヂヤラゝさせて、一銭銅貨を二枚下宿の子供にやつた。子供は始めはちょつと手を引ツこめたが、急に顔一杯の喜びをあらはした。察するところ、下宿の子は今迄他の子供がやるのを後から見てばかりゐたらしかつた。私はさつき買つてきたキャラメルも子供のポケツトにねぢこんで帰つてきた。(中略)
暫くすると、下のおばさんが階段を上がつてきた。「さつきは子供にどうも!」と云つて、何時になくニコヽしながらお礼をのべて下りて行つた。私たちのやうな仕事をしてゐるもには、何んでもないことにも「世の人並みのこと」に気を配らなければならなかつた。下宿の人に、上の人はどうも変な人だとか、何をしてゐる人だらうか、など思はれることは何よりも避けなければならない事だつた。今獄中で闘争してゐる同志Hは料理屋、喫茶店、床屋、お湯屋などに写真を廻はされるやうな、私達とは比らべものにならない追及のさ中を活動するために、或る時は下宿の人を帝劇に連れて行つてやつたりしてゐる。(後略)

私が読んでいるこの文章は「党生活者」(小林多喜二著。宮本百合子・小林多喜二集(現代日本文學大系55 昭和44年10月25日初版第1刷発行 昭和55年10月30日初版第12刷発行)収録)

宮本百合子・小林多喜二集に収録されている付録中「小林多喜二―死とその前後」(手塚英孝)によれば、この作品の最後の原稿が中央公論に送られたのは昭和7年(1932年)8月24日。中央公論に題を「転換時代」と仮題され、発表されたのが翌昭和8年(1933年)の4、5月号である。多喜二自身はこの発表の直前、昭和8年2月20日、築地警察署特高係に逮捕され、同日絶命した。
多喜二は明治36年(1903年)秋田県に生まれ、明治40年(1907年)から北海道小樽市に移住。昭和5年(1930年)に東京都中野区に移り、以後杉並区、港区内を転々。「党生活者」は港区新網町の下宿で執筆されたもよう。

さて、主人公の「私」は工場をでて、下宿に戻る途中でこの光景に遭遇したようです。ここにでてくる野球盤をもじったゲームつき菓子自動販売機は1回1銭で、子供が群がる盛況なのでした。
日本銀行のHPで現在と貨幣価値を比べてみますと、企業物価戦前基準指数で昭和7年は0.830で平成21年は664.6。これで計算すると当時の1銭は現在の8円程度となります。これだけを考えれば、子供の遊ぶ自動販売機の一回の値段が1銭はさほど高くなさそう。
しかし、本作品中には「女工などは朝の8時から夜の9時まで打ツ通し夜業をして1円08銭にしかならなかった。」との記載があり、これは計算上今の870円程度にしかならないことを考えますと、労働者にとって、自動販売機というものはさほど身近であるとはいえなさそうです。(2010年9月現在の東京都の最低賃金額は時給791円)

そういえば、いまでも私のようなものは、自動販売機でものを購入することを「お金がもったいない」と感じるのですが、自分でお金を稼いでいない子供たちは、それまでさほど欲しいとも思っていなかったのに違いないのに、飲み物の自動販売機で商品を見つけると、とたんにそれが何よりも欲しかったと思い込んでしまうのです。

自動販売機のあふれる日本の風景はそのような、労働者の犠牲のもと、子供たちの歓心を得ることを土台にして出来上がったものなのかもしれません。
ちなみに「私」が子供にやったと思われる森永ポケット用ミルクキャラメルは、大正3年(1914年)の発売時点で20粒入り10銭。でも昭和初期の価格はよくわからない。
[PR]
by epole | 2010-09-23 23:08 | 小説にみる自販機
新潟市内の自動販売機
a0003909_21463920.jpg当初車を停めたのが朱鷺メッセから少し離れたB駐車場でしたので、とりあえず新潟駅方面に歩いてみたのです。
新潟市内はけっこうな高さの建築物があるのですが、その割に道は広く家と家との間は空きずきして余裕がある。少しの間隔だけで奥にぬける小道がどこかに抜けています。
そんななか自動販売機は多くなく、たとえば大通りに面しては殆どみあたらず、脇の道でも点在するのでなく、ある場所に密集して置かれているのが印象的でした。また、それほど目新しい自動販売機も置かれていません。

a0003909_21465866.jpgそれらまっすぐな大通りでなく、すこし曲がった感じの歩きやすい道沿いのお酒屋さんに置かれていたのがお酒の自動販売機です。
10年以上前にはたまに見かけたのですが最近ではめずらしいワインやら瓶ビールやら焼酎やら日本酒やらを販売する自動販売機なのでした。
これらはあまり高額となると自販機荒らしの格好の標的となりますが、それらは瓶ビール350円、デリカメゾンワイン420円、むぎ焼酎二階堂960円、鬼ごろし970円。おつりはそれほど多く用意しなくて済みそうなのだな。

ところではなしは変わりますが、いま朝日村からの真打ち競演をNHKラジオでやっています。来週27日も放送がありますので、お聞き逃しなく!
[PR]
by epole | 2010-09-20 20:11 | 自販機の空間
朱鷺メッセの自動販売機
a0003909_1726429.jpg昨日、新潟市の朱鷺メッセでは、(Be'zの)稲葉さんのコンサート"Koshi Inaba LIVE 2010 〜enⅡ〜"が開かれていたようなのであります。このコンサートは開演が18:00とのことで、わたくしが通りかかった19:00頃にはもちろん観客の姿は外の通路にはなく、会場入り口を黒い服を着た男女が固めていました。入り口の奥からはずいぶんこもってはいましたが、稲葉さんの歌声が、地響きと一緒に流れています。

そんなコンサート会場の入り口脇にあったのが壁の後ろにトンネルのように作られた自動販売機コーナーと飲料自動販売機が5台並んでいます。
いちばん左が紙パック、右の4台はペットボトルと缶飲料。残念なことに左から2台目の自販機は故障中との紙が貼られていましたが、稲葉さんのコンサートには相当数の観客が訪れたはずなのに、売り切れの表示は殆どありません。ベンダーさんがしっかりとしているのだな。

a0003909_17263198.jpg自販機を正面に立つと、前後には殆ど余裕がなく、傍らを駆け抜けようとする人は、欽ちゃん走りをするしかありません。そんな場所で、いま、大きな地震がおこったとしたら・・・考えただけでもぞっとしませんか。いいや、きっとするはずです。したとします!

ご安心ください。ここの自動販売機は、5台すべてに「前面転倒防止装置」がついています。これは、地震の起こった時に自動販売機の全面足元を持ち上げ自動販売機自体を後ろに反らす構造のようです。後ろが壁のときは重宝しそうな装置ですね。

黒い服を着た人は、トイレの扉脇にも立って、固めています。これにはどんな意味があるのだろうか。
朱鷺メッセのガイドブック「Tottoki Guide 2010 9.10」の16ページには、「自動販売機オペレーター 株式会社ジャパンビバレッジ新潟営業所」の広告が掲載されていました。
[PR]
by epole | 2010-09-19 16:39 | 自販機の足もと
「噂の!東京マガジン」と自動販売機
TBSテレビの日曜午後1時からの「噂の!東京マガジン」は、自分のことは棚に上げて若い娘さんが料理をできないことを笑いものにする「やってTRY!」というコーナーや、これまた紛争のある場所で、いかにも正義のありそうな一方に肩入れして他方をやり込める「噂の現場」など、いかにもマスコミらしい番組で、私もときどき見ているのでありますが、9月12日の放送では、八王子市高尾の新興住宅地のスーパーマーケット予定地に大規模霊園ができそうだということについて取り上げていました。

わたくしなんぞは、人は必ず死ぬものですから、家の隣に墓地があっても全く違和感はないし、霊園公園のように緑豊かな場所とすることも考えられる。なによりもお墓がない住民にとっては近くにお墓ができるのはありがたいことだと思うのですが、そこの住民にとってはお墓は迷惑施設としかとらえられていない。そんな報道のしかたなのでした。でも、いつもと違って、若干業者やお寺の言い分にも配慮をしていたのが新鮮でした。

そんな番組の中、一番近くの食品店舗まで遠いという話題の中で「区画内には自動販売機もこことここの2か所しかない。」などと、地図の上に場所を示していたのがお笑いでした。
飲料を販売する自動販売機が食料品店のかわりになるでなし。
まったくこの番組の制作者は思いつきで番組を作っているのだなぁ。でも、それが「噂の!東京マガジン」という番組らしさなのだったと、改めて納得したところでした。
[PR]
by epole | 2010-09-17 21:19 | 番外
塩尻駅前の金券自販機「切符屋」
a0003909_2219192.jpg伊那食品工業にいる間に台風が日本を横切ったようで、伊那市内はとても大雨でしたので、信大地域フォーラムの仲間に駅まで車に乗せていってほしいとお願いしたところ、「沢渡駅」どころか「塩尻駅」まで送ってくださいました。ありがたいなぁ。

さて、塩尻駅前で車を降りますと、駅ビルの左手に堂々と置かれていたのがこの金券自動販売機「切符屋」でした。これは色合いも形も置かれ方も松本駅ビルアルプス口に置かれたものと同種のものです。

a0003909_22195534.jpg販売されているのはJRの特急券、特急券+乗車券、乗車券、高速バス乗車券、マックカードなど。乗車券の多くは塩尻駅を発着点としたものですが、特急券+乗車券には「長野~大宮」など、塩尻と離れた路線のものも販売されていました。

特急券はどうやら信州特急券(4枚で2000円。信州内の特急自由席に乗車できる。)で、ここでは一枚550円で販売されています。塩尻~長野の特急しなのの特急券は通常1,040円だから、これはお買い得なのだなぁ。
マックコーヒー券は通常1枚120円のところ2枚で160円。これも安い。
自動販売機本体に記された注意書きを読みますと、有効期限は基本的に10日以上あるとのこと。
わたくしが乗る松本駅までの切符も、正規230円のところ、この自動販売機では220円で売られていました。

この自動販売機、お札は1,000円、2,000円、5,000円、10,000円の4種類が使用できます。
[PR]
by epole | 2010-09-16 22:20 | 自販機の空間
伊那食品工業の自動販売機5
a0003909_091744.jpg伊那食品工業(株)の塚越会長には当初50分の予定のところ、質疑を含めて一時間半お話をいただきましたのち、さつき亭で昼食をいただき、その後社員の方に水汲み場、清掃具倉庫、そして健康パビリオンをご案内いただきました。

伊那食品工業の社員は皆、正規の出社時間の30分前に出勤し、皆で清掃活動を行っているそうで、倉庫には必要な芝刈り機、清掃機、草刈り機その他の大物小物の清掃用具が納められています。以前掃除に学ぶため、小布施町のみんなとイエローハット本社にお伺いし、鍵山相談役じきじきに早朝の清掃活動に学ばせていただいたことがあるのですが、ここ、伊那食品工業でも実践されています。
(塚越会長は鍵山相談役と対談をしていらっしゃるようですね。)

a0003909_095616.jpg健康パビリオンは2階以上が研究所となっている建物で、1階に健康に関する測定施設、展示、売店があります。展示では、さまざまな飲食物のカロリー表示と、やっぱり、寒天のカロリーが低い状況が分かりやすく表示されています。
売店には、北丘工場のかんてんぱぱショップと同じ商品がコンパクトに展示販売されています。
脇には2組の丸テーブルと椅子が数脚置かれ、そばにはカップ飲料の自動販売機が立っていました。
このカップ式自販機にはかんてんぱぱ商品は販売されていません。カップ式に寒天を組み込むのは難しいのだろうか。

ここで、すてきな店員さんの笑顔に誘われて、「かんてんぱぱあんみつ」等を購入しました。これは今月末までの期限で販売。インターネットショップでも売っているので、ぜひお早めにお買い求めください。

塚越会長には、経営哲学ほか多くをお話しいただきましたが、わたくしには「日本では牛乳について乳脂肪分3.0%以上と定めているのだが、自然の放牧牛の自然の乳はこの基準に合致せず、牛乳として認められていない」ことを、日本に酪農が定着しない行政の問題点として挙げられたことが強く印象に残っています。
といいますのも、数年前に青木村の山羊農家にお伺いしたところ、そこでも「山羊乳は乳脂肪分3.6%以上なくては山羊乳として認められない。しかし、山羊乳の乳脂肪分は季節によって変動し、自然環境では3.6%を下回る季節がある。そのためそのままで殺菌処理をした自然の山羊の乳は法律上『山羊乳』として認められない。」という話を聞いていたのであります。
なんの加工もしない牛の乳、羊の乳が、法令で「牛乳」「山羊乳」と認められないなんて、おかしな国なんだな。このへんな決まりは「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」です。

それと同じような行政による規制がさまざまな場面に残り、その規制に順応した人たちだけを保護している。それを、地方からでも、たとえば特区として対応をできないだろうか。
[PR]
by epole | 2010-09-15 00:28 | 伊那食品工業と自動販売機
伊那食品工業の自動販売機4
a0003909_11171642.jpgかんてんぱぱガーデンは、さつき亭、ひまわり亭など、飲食店が多い東側の区画と、本社、研究所、ホールなどが集まる西側の区画に分かれ、両区画の境を広域農道が抜け、両者は歩道橋でつながれています。

広域農道といえば農林水産省の補助金がついて整備された道路で、いかにも農業用車両のみ走りそうですが、伊那にしても安曇野にしても、農業のみならず地域の産業を支える幹線道路として重要な役割を果たしています。
農道の受益地で農地転用などといえば、規模によっては補助金返還などの問題が生ずることがありますが、かんてんぱぱガーデンはもともと林地で、農地転用の問題は生じなかったようです。
歩道橋は伊那食品工業が広域農道を管理する伊那市の許可を得て自前で設置したものだそうで、歩道橋の側面に広告を張ると宣伝効果が大きいと、塚越会長が話していました。
a0003909_11173842.jpg朝の通勤時間帯には特にこの道は混み合うのだそうで、渋滞を避けるため、伊那食品工業の職員は、決して右折をしないとのことです。それはどうやら「左折→左折→左折→横切る」のではなくて、左側にある駐車場を利用して、歩道橋を歩いて渡るということなのでした。大事なことなのだな。

さて、歩道橋を渡ると右側に本社。左側にはかんてんぱぱホールがあり、その正面入り口右側にあるのが、木目のポッカの飲料自動販売機なのでした。
木目自動販売機といえば本物の木で囲われたものと、木目の塗装(シールを含む。)がされるものに分かれますが、ここの自動販売機は後者と思われ、単なる茶色の色塗りでなく、木目をあしらった作りは見事周辺の景観に溶け込んでいました。欲を言えば、空き缶入れもそうありたいものですね。
北丘工場の前のポッカの自動販売機と同様に、ここでも2種類の寒天飲料が販売されていました。
[PR]
by epole | 2010-09-12 11:18 | 伊那食品工業と自動販売機
伊那食品工業の自動販売機3
a0003909_030366.jpg伊那食品工業のかんてんぱぱガーデン内には要所要所に構内で利用可能な傘が置かれています。これは、構内であればどこで借りてもどこにでも返せるもので、当日のような台風の大雨にはたいへんありがたいものでした。

a0003909_0302969.jpgさて、かんてんぱぱショップから西に向かいますと、左にひまわり亭を見る正面にある自動販売機はコカ・コーラ社の自動販売機。これも赤い色でなく抑えた白色の自動販売機で、24時間消灯運転をしているのでした。

a0003909_0305039.jpgさらに森の中を先に進むと、駐車場脇にあったのが「水汲み場」。地下130mから汲み上げられる水が絶えることなく蛇口から流れ続けています。料金は無料!
愛知県からこの水を求めて来る人もいるようなのですが、中には数百のペットボトルを抱えて水を汲みに来る輩も過去には居たそうで、お待ちの客様にすこしお譲りいただくよう、そのときはそっと注意した旨を、ご案内いただいた社員の方がおっしゃっていました。

それにしても、こんな素敵な水飲み場やベンチがあったのでは、これを知ってしまうと、自動販売機の飲料なんざ飲む気にはならないのだなぁ。

水汲み場は、かんてんぱぱガーデン内に2カ所あります。
[PR]
by epole | 2010-09-12 00:31 | 伊那食品工業と自動販売機
伊那食品工業と自動販売機2
a0003909_0153132.jpg沢渡工場の前から狭くて細い農道を上りますと、牛畜舎の向こうに広域農道と伊那食品工業の森が見えてきました。

北丘工場の東側を歩くと、工場上部にある大型のファンが大きな音を立てています。やはり工場だけにある程度の騒音は出るものなのだと思いました、でもここの付近には民家がなく、理想的な立地なのかもしれません。

a0003909_0162735.jpg工場を時計と反対周りに巻いて林の中の敷地内に入りますと、かんてんぱぱショップがありました。ちなみにかんてんぱぱショップはここが本店で、その他は伊那市駅前の「いなっせ店」、長野市の「ぱてぃお大門店」「Toigo店」、「札幌店」「仙台店」「初台店」「名古屋店」「大阪店」「岡山店」「福岡店」の計11店舗があります。また、まもなく小布施町にも「小布施店」が開店する予定ですが、こちらは明治期のかやぶき屋根の民家を利用して出店するもので、小布施の修景活動に貢献するものです。桜井甘精堂本店の向かいになりますので、みなさまぜひお寄りください。

a0003909_0165048.jpgかんてんぱぱショップ本店前の工場わきに設置されていたのが飲料自動販売機2台。左がポッカで右が大塚製薬の自動販売機。いずれも24時間消灯運転と表示されていました。
そういえば、工場の上部の壁にも「緑とともに美しい街づくり」という標語が書かれています。それは緑に囲まれた立地のみならず、自動販売機にも表れているのだな。

a0003909_0173542.jpg左側のポッカの自動販売機にはさらに「紙でできた容器です カートカン」との表示。そう。ポッカは飲料の容器に紙容器を使用しているのでした。紙容器は森林により再生可能な資源ですので、再利用するのに石油などの再生不能エネルギーを使うペットボトルや金属缶よりも格段に資源保護を達成するのであります。そのポッカを置くとは、さすが伊那食品工業。

そう思いながらよくよくこの自動販売機を眺めますと、ディスプレイ中央で売られているのは伊那食品工業製の「飲む寒天グレープフルーツ」と「飲む寒天りんご味」ではありませんか!!
そういえば飲む寒天もカートカンなんだな。
[PR]
by epole | 2010-09-10 00:17 | 伊那食品工業と自動販売機