「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
「煙との遭遇」の自動販売機
S本君はやけに落ち着きはらった態度で教室を後にし、食堂脇の藤棚の辺りへと足を運んだ。「おいおい、まさか食堂で吸うんじゃないよなあ。な、な」ぼくは不安を覚えてS本くんに尋ねた。そんなことをしたら一網打尽というか一巻の終わりというか李下に冠を正すというかバラサバラサというか、ともかくもう先生にバレて捕まってしまう。
「あほ、違うがな。食堂の自動販売機でチェリオ買うんじゃが」「あ、なんだチェリオか」「飲みながら吸う。これが通じゃがな。しかも飲み終えた後の空壜は灰皿代わりにもなるという寸法じゃい!」「なるほどおー」
さすが医学部志望だけのことはあって、S本君の作戦は理にかなっている上、奥が深い。ぼくはすっかり感心して、自分もチェリオを一壜買おうと思った。ちなみにチェリオというのはいわゆる清涼飲料水のブランド名で、当時の岡山の高校の食堂には必ずこの自動販売機が置いてあった。味はファンタに似ていたが、量が多い上に値段も安かったので、大変ありがたかった記憶がある。

わたくしが読んでいるこの本は、
原田宗典著  『煙との遭遇』(「十七歳だった!」収録。1993年6月24日第一刷発行1994年7月19日第10刷発行)

十七歳で、煙との遭遇とあれば、それはどうしてもたばこへと発想がつながるわけで、そこで自動販売機とくれば当然「たばこの自動販売機」の出現を予想するわけですが、原田さんのこの段では「たばこの自動販売機」は出現しない。この文章の前段で、彼が高校生にして初めて(教育上よろしからぬことであるが)吸うたばこは、彼の家の奥の六畳の片隅に、彼の父親が灰皿とともに置いたたばこ(銘柄はチェリー)だったのだ。(この際責められるべきは彼の父親であり、彼ではない。ところであえて批判を覚悟しながら言わせてもらうと、このくらいのスキは残さないと、子供のはけ口が奪われ、悪い方向に進むような気がしている。程度問題だが。)
彼が十七歳だったのは1970年代。そのころはまだ、今ほどばかみたいにタバコの自動販売機は巷に溢れていなかったのかもしれない。

高校の食堂には壜のチェリオの自動販売機が置かれていたのだな。いま、チェリオは各地で安めの価格設定をした自動販売機の主力商品として復活しつつあります。それらはペットボトルや缶入りなのですが、壜のチェリオについては、高校サッカー部員や自衛隊で根強い人気だったという泉麻人さんの著作を以前紹介したところです。でも、瓶の口は王冠規格でファンタやコーラの口と同じだから、灰皿にするにはちと小さすぎる。
そういえば私が文京区に住んでいた頃、文京区図書館の脇に、チェリオの壜の自動販売機が置かれていて感動したのを、チェリオを見るたび、つい先ほどのことのように思い出すのであります。
[PR]
by epole | 2010-02-28 22:04 | 小説にみる自販機
松本駅西口の看板下の自動販売機
最近松本駅は大改装され、かつてあった西口の、6番線への改札はなくなり、西口から入ってもお城口から入っても、改札は中央の改札ひとつとなってしまったのは残念ですが、その分西口は昔を思い出せないほど広々として、北アルプスの多くを見渡せるようになりました。ただし、一建だけビルが山脈の一部視界を塞いでいるのは大変残念なことなのだな。

a0003909_23382389.jpgさて、その西口にある大きなレンタカーの看板。それはただ大きな看板だけだと思ったのだが、看板に一体化して、2台の自動販売機が看板下に並列していることに気づきました。
左側は、松本市から安曇野市までの大糸線沿線地域に多く見られる格安50円の飲料自動販売機。そして右側は、これまで松本地域には無かった、格安切符の自動販売機なのでした。

そういえば、多くの地域を歩いても、なかなかこの地域以外で50円の自動販売機に出会うことはありません。他の地域で格安といっても、せいぜい100円か90円というところなのであります。しかしながら、この地域ではごく当たり前なことなので、まぁ、それほど話題にすることもありません。

a0003909_23404843.jpg右側の格安切符の自動販売機はここでは珍しい。長野駅東口の歩道橋を渡った2階に一台設置されていますが、松本地域では初めての設置だと思うのであります。
格安切符の自動販売機なんて、名古屋や岐阜や犬山にも当然のようにあって、そこでは回数券をバラして一枚ごとに機械売りしていて、地元の人も当たり前のように利用していたのだが、松本にもその文化がやってくるのだな。

それで、私が強い印象をもったのは、これら2台の自動販売機の販売品目ではなくて、レンタカーの巨大看板と一体化している姿なのでありました。この場所には、この自動販売機がふさわしい。そう感じたところであります。
[PR]
by epole | 2010-02-27 23:39 | 自販機いろいろ
「恐怖!!ばちあたり自販機」の心霊写真自動販売機
最近、バカバカしくも不気味な噂を聞いた。なんと、“心霊写真の自動販売機”があるというのだ。この世にこれ以上無意味な自販機があろうか。また、それが本当に事実かどうかさえ定かではない。噂の糸をたぐりにたどってみると、この自販機を見たと言い張る人物が漫画家の「さくらももこ」であることが分かった。(中略)それでも、我々は「さくらももこ」に聞くことにした。それ以外に自販機のありかを知る者が無いのだからやむをえない。
(中略)
それにしてもいったいどういう意図でこの自販機を造ったのか。(中略)ナゾがナゾを呼ぶ中、蓬莱が自販機に100円玉を入れてみた。100円玉はとりあえず投入口の溝にハマったが、下へ落ちてゆかない。「あれ?落ちないぞ、おかしいな」と、あわてる蓬莱。100円玉は見えている。が、取り出す事もできない。空しい風が吹く。蓬莱の100円玉は、まんまと自販機に奪われてしまった。つまり、この自販機は故障中だったのである。我々は、この自販機の販売元である㈱コスモス社を真剣に調査しようと心に決めた。
(中略)
そもそも、どういう考えで、心霊写真を自販機で売ろうと思ったのか、という質問に対して「今、心霊写真がブームなのでけっこう売れると思ってやってみたんですが……」と、ビートたけし(似)は言った。「この自販機は、まだ試しの段階だったんですよ。このテストで良い結果が出れば全国的に大量に売り出せたのですが、どうもコレは成績が悪かったので2週間ほどで見切りをつけました」と寂しそうに語るのは、そのまんま東(似)。
(中略)
こんな㈱コスモスにも、悩みは尽きない。本来、ここの会社は子供のオモチャのカプセルを造っており、それは道端に置いてある、ガチャガチャッとまわすとポンと出てくるアレである。(中略)また、盗難にも頭を痛めている。「ガチャガチャ」の機械なら、丸ごと盗んでしまえるので店先から「ガチャガチャ」が消えることがしょちゅうあり、月500件くらいの被害が出ているとか。今までで最もすごかった事件は親子3人で「ガチャガチャ」を盗みまくり、盗みながらも旅から旅へ渡り歩き、3か月間で150万円も稼いだというから大したもんである。念のために言っておくが、「ガチャガチャ」を盗む者たちは、機械の中のお金が目当てなのであり、何もオモチャが欲しくて危ない橋を渡っているわけではないぞ。それにしても、高円寺の心霊写真販売機現場には、「ガチャガチャ」と共にコンドームの自販機が置いてある。まさか、それも㈱コスモスの仕業としたら、もはや㈱コスモスは子供のオモチャではなく、大人のオモチャの販売にも手を伸ばし始めた証なのだが、当然コンドームはゴムの会社の仕業だった。


わたくしが読んでいるこの本は、
うみのさかな&宝船蓬莱著  『恐怖!!ばちあたり自販機』(「うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当」収録。1992年3月30日初版発行1992年6月15日4版発行)

表題のとおり、全体が基本的に自販機に関して述べられているので、引用が長くなってしまいました。このあと著者の興味は販売品目である心霊写真の真偽へ移っていくのだが、わたしはそれ自体にはあまり興味がない。
ともかくも当時、高円寺には、心霊写真の自動販売機が試験的に稼働していたようである。

フリー百科事典ウィキペディアには、㈱コスモスは1988年に倒産したこと、同社の販売子会社だった「ヤマトコスモス」が現在も栃木県宇都宮市で営業を続けており、栃木県には購入可能な自動販売機がいくつか残っている旨が記載されている(平成22年2月27日午前10時30分現在の記述)。

「うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当」は、『月刊カドカワ』の’88年8月号から’89年10月号までに連載された「さかな・蓬莱の幕の内弁当」をまとめたもので、㈱コスモスへの取材は、まさに倒産寸前の取材であったようだ。
なお、倒産の原因が、心霊写真にあったのかどうかは定かではない。

PS.日刊サイゾーには、ヤマトコスモス会長へのインタビューが掲載されています。コスモスの自動販売機の写真も数枚ありますが、残念ながら心霊写真はありません。
[PR]
by epole | 2010-02-27 10:31 | 小説にみる自販機
「遅すぎたプロポーズ」の自動販売機
ぼくが何気なくジュースを買ってきてって言ったのさ。そしたら、「お金がないの?」って訊くんだよ。「あるよ、ほら」ってぼくが手に握った百円玉を渡そうとすると、新庄さんは、「あそこに自動販売機があるわ、見えない?」ってまた訊くの。「見えるよ」ってぼくが答えると、「じゃあ、さっさとワッパまわして行ってくればいいわ」と言うんだよ。

わたくしが読んでいるこの本は、
落合恵子著  『遅すぎたプロポーズ』(「男と女」収録。1990年10月20日印刷1990年11月5日発行)

落合恵子さんの書く文章は、なんというか、とっても女性的で、とても私の理解を飛び越えた表現や脈略が続いてひとつの文章を構成している。わたくし、女性作家の文章は嫌いではなく、明治期以降から現代までの女性作家の文章を好んで探して読んだものだが、落合恵子さんのような文章は他にはない。

明後日(平成22年2月28日)、小布施町図書館「まちとしょテラソ」に落合恵子さんがやってくるということで、長野駅前のブックオフに行って、105円のコーナーで見つけたのがこの、落合恵子さんの本「男と女」。
栞紐のあるところを開くと、ちょうどそこにその文章はありました。

なお、引用原文では、「ワッパ」に傍点が打たれていました。「ワッパ」とは文脈上、小判状の木曽漆器ではなくて、”ぼく”が乗っている車椅子を指すようです。
[PR]
by epole | 2010-02-26 23:38 | 小説にみる自販機
「かたちだけの愛」の自動販売機
彼女はそうして、他の女が、大いに人間的な魅力を発揮し、信頼を得る努力をして、ようやく人からもたらされる「やさしさ」を、自動販売機のボタンでも押すように、まったく手っ取り早く調達することができるのだろう。

私が読んでいるこの文章は「かたちだけの愛(174)」(平野啓一郎著。読売新聞連載中)

朝早く出勤すると、アジ化ナトリウムによる犯罪のことを思い出しながら職場の2本のポットのお湯を入れ替え、あとは朝刊を読み比べているのであります。
数紙の新聞の記事のうちで、唯一たまに読む連載小説がこの平野さんによる「かたちだけの愛」で、本日(平成22年2月26日朝刊)に掲載された一節に自動販売機が登場しました。
とはいっても、それは実体としてではなく、「自動販売機を押す」という行為が、「手っ取り早く調達することができる」比喩として採用されているのであります。

「自動販売機を押す」という行為は確かに「手っ取り早い」のだが、この文章の文字間に表されるとおり、そこからもたらされるものは、ありがたみが少なく、尊くないのだなぁ。
それは自動販売機の宿命なのか。そうではない自動販売機はないのだろうか。

いま考えつく限りでは、若かったころ、人の目をぬすみこっそり利用した雑誌自動販売機は手っ取り早くなかった。でも、でてきた商品には、表紙の割に中身に大したモノが無くて、いつも失望させられたものだなぁ。。。
[PR]
by epole | 2010-02-26 19:54 | 小説にみる自販機
自販機のないカプセルホテル
つまりはデザインがそこそこいいのは当たり前ということだが、裏返して考えると、デザインはもはや「特別な価値」ではなくなったということにもなる。
そんな時世にデザインこそが持ち味のホテルが登場した。昨年暮れ、京都にオープンした「9h」(ナインアワーズ)である。
「9時間」を意味する名前は「睡眠に7時間、シャワーに1時間、身支度に1時間」の合計時間に由来する。一歩間違うと露骨な気ぜわしさに陥るところだが、これを京都の寺町という観光都市の中心に置くことで「寝るとき以外は街に出る」という提案型のコンセプトに結びつけた。
さらにカプセルホテルにつきもののサウナや自販機、カプセル内の小型テレビ、目覚まし時計まですべて取り去った代わりに、シャンプーなどの備品はシリコン無配合とし、特注の寝具や目覚まし用の「生体リズム」機能付きLED照明などを「ポッド(まゆ)」と名づけたカプセルに盛り込んだ。


私が読んでいるこの記事は、
生井英考(共立女子大教授・映像史、アメリカ研究)著 『先鋭化した都市の装置(平成22年2月25日付け読売新聞 デザイン季評)』

私も最近岐阜市でカプセルホテルを初めて利用したところですが、カプセル内には小型テレビ、目覚まし時計がついていました。ホテルの別の階にはサウナのついた大きめの風呂、食堂、脱衣場と休憩室には自販機がそれぞれあって、それはそれで 2,400円(楽天価格)という宿泊料を考えれば快適だったのでした。ただ、下の段に人が入ったとたん全体が揺れて、すこしいやだったな。なにをおいてもカプセルだけは頑丈に作ってほしいものだな。

それで、この記事で紹介された京都のカプセルホテルには自販機が置いてないらしい。なにか飲みたきゃ外へ行けということだが、結局ホテル近くの路上の自販機を使うことになるのではないか。
それだったら、ホテル内に、ホテルのコンセプトに合った自販機を置くのも一つの選択肢で、ベンダーさんは、ぜひここに合う自販機を提案し売り込むべきなのだな。
[PR]
by epole | 2010-02-25 23:12 | 自販機ニューズ
メールの題名は☆☆☆☆自動販売機
わたしがよく使うYahoo.Japanのメールでは、ときどき必要なメールが迷惑メールに振り分けられていることがあり、ときどきチェックしているのですが、Thu, 25 Feb 2010 17:37:01 +0900付けで入ったメールの差出人が「☆☆☆☆自動販売機」(☆☆☆☆は伏字です)で、題名が「2月今週末までにお助けください!切羽詰まった「ママ達」だから出来たこの価格!!」
これはこのブログを書く私をターゲットに入ったのか。それだったら迷惑に振り向けられないはずだから、これは不特定多数に向けられたメールなのだなぁ。しかし、いつもならウイルス怖さに一切この手のメールを開かない私が、自販機という題名に誘われて開いてしまったのでした。
皆さんは、こんなメールをうかつに開いたり、ましてやリンクをたどらないよう気を付けましょう。

以下は本文。☆☆☆はもちろん伏字。変な単語を入れてリンクたどらないでね。

2月今週末までにお助けください!切羽詰まった「ママ達」だから出来たこの価格!!
============================================================
  【本番】平均3,000円 子持ちママの☆☆☆自動販売掲示板
  http://wife1919bbs.com/☆☆☆y_hanbai/
============================================================
この不景気で生活費、養育費欲しさに売春する主婦が急増!!
ニュースや雑誌などで大きく取り上げられています。
http://wife1919bbs.com/☆☆☆y_hanbai/
当掲示板にはそんな哀れなママ達の助けを求める書き込みが、
日に3,000件以上。
今すぐお金が必要な切羽詰まった女性達だから、即呼び出して
即☆☆☆が可能です!!
しかも、平均3,000円という激安価格で☆☆☆が出来ちゃうんです。
人助けだと思った哀れなママ達を助けてあげて下さい!
http://wife1919bbs.com/☆☆☆y_hanbai/
(c)☆☆☆自動販売
[PR]
by epole | 2010-02-25 22:41 | 自販機いろいろ
おみくじ付き飲料自動販売機 2
a0003909_222728.jpg出てきたおみくじは、写真左のような状態で、飲料に挟み込まれています。おみくじは「恋みくじ」とされていますが、これはしばらく前に長野市の善光寺さんの境内でひいたおみくじとうり二つなのでした。しかしながら善光寺さんはお寺さんだし穂高神社は神社。おみくじだけが神仏分離されていないのか。まるで明治時代以前に逆戻りしたような感覚ですが、善光寺さんはほら、あらゆる宗派を受け入れるお寺さんだからね。

a0003909_2225725.jpgおみくじを広げると、「第34番 小吉」

神妙に中を読みますと、いまのような生活を続けていては願いはかなわないとの指摘あり。自分自身のこの頃を振り返ると思い当たることばかりで、これは、夢の実現のために、生活を改めねばならないと誓ったところです。
穂高神社の神様、ありがとうございます。
[PR]
by epole | 2010-02-22 22:22 | 自販機いろいろ
おみくじ付き飲料自動販売機 1
a0003909_2340153.jpg早朝の穂高神社を訪れますと、見慣れない自動販売機が社務所前に置かれていました。ここには以前から木目模様の自動販売機があり、穂高神社、やるなぁと、ここで禰宜さんを務める同級生のことを思い出したりするのですが、その社務所入口の左側のいっそう目立つ側に、赤い飲料自動販売機がど~~~んと置かれているのです。
なぜまたこのような場所に自動販売機が置かれたのか!と思いながら近くによりますと、なんとそこには「恋みくじ」の文字。そしてさらに、「今だけ御買い上げ商品全品におみくじ付き」との張り紙が!!なんとこれは、恋のおみくじ付き飲料の自動販売機だったのでありました。

a0003909_23385966.jpg品全品といっても、販売されているのは18のボタンすべてが「綾鷹130円(あったか~い)」に充てられています。それらすべてにありがたい穂高神社のおみくじが添えられているのであります。おみくじを普通にひいても100円は必要でありますから、この自動販売機でおみくじを引いた実質的な飲料代金は30円とも考えることができます。これはかなりなコストパフォーマンスなのだなぁ。

高鳴る胸の鼓動をおさえながらおみくじを引きます。このさい、18個あるボタンが運命の分かれ道でありまして、すべてが同じ商品でありますから、嗜好によりおみくじの選択が偏らない。しっかりと考えたうえで単独商品を取り扱うのだなぁ。
おみくじ(商品)は、他の飲料自動販売機と同様に、ごろんと下の取り出し口に落ちてきます。通常であれば、自販機ごときがお客様に対して商品を屈んで拾わせるとは失礼な!とするところだが、これは神様がなさることなので、気にならない。おみくじは、飲料(綾鷹)のペットボトルの周りをつつむビニールに切り込みが入っていて、そこに差し込まれていました。(つづく)
[PR]
by epole | 2010-02-21 23:41 | 自販機いろいろ
ホームレス中学生の自動販売機
お金が無いことにはどうにもならないので、お金を探し歩いた。幸運にも公園からすぐ近くの自動販売機の下で500円玉を見つけた。とても感動的な出会いだ。物凄い衝撃が頭からつま先まで走り抜けた。煌々と光り輝いて見えた。その眩しさに目をくらませつつ手を伸ばした。 すぐにスーパーに走り感動的な出会いとは裏腹に、ともにした時間の短さに儚さを感じつつも500円玉に別れを告げた。これで腹の虫の機嫌をとることができた。その一食で500円を使いきってしまったので、その日はそのままお金を探し続けた。さっきの500円玉がすぐに見つかったので、結構簡単に小銭を拾い続けて生活できるのではないかと思ったが、その甘い考えはすぐに払拭された。
かなりの自動販売機の下を見て回った。最初は恥ずかしかったけれど、どんなに奥の小銭も見逃してはならない。見つけなければまた胃がキリキリと痛むと思うとだんだん必死になり、次第に恥ずかしさは無くなった。その探す姿はもはや見るでも覗き込むでもなく、潜るという表現が一番近かった。細かった僕の上半身は丸々、自動販売機の下に入っていた。そこまでして1円と10円を数枚拾ったものの、ご飯にあり付けるほどの額には至らなかった。夜になると辺りは暗くなり、自動販売機の表面は明るいけれど、潜ってみても奥は真っ暗でこれ以上のダイビングは困難となった。
(中略)
それからの数日は基本的に、お金を探す毎日だった。かなりの高確率でお金が落ちている自動販売機の並んだ酒屋があって、そこを「宝島」と呼んだ。しかし、さすがの宝島にも毎日落ちているわけではなく、もちろん収穫の無い日もあって死と隣り合わせだった。
(中略)
次の日が休みの日は、バイトが終わって近くの自動販売機の前にたむろして朝まで喋った。他愛もないことばかりで何を喋っていたかなんて覚えていないけど、とても楽しくて良い思い出である。自動販売機の所に着くと、僕が必ずつり銭口と下を覗く。みんなみ次第に真似をするようになり、一番最初に着いた奴が覗くという風習ができた。そうはいっても、みんなにはお小遣いだが、僕には生活費だったので真似をしてほしくなかったが、それをとめる権利は無かった。先に誰かに見つけられたときは、悔しくて悔しくて仕方無かった。それ以来、バイトが終わって誰よりも先に店を出て、自動販売機に行くのが、一日のバイトの最後の作業となった。

わたくしが読んでいるこの本は、
田村裕 著  『ホームレス中学生』(2007年9月20日初版発行11月25日9版発行)

私も自動販売機の下を見て歩いたことがあるのですが、なかなか三遊亭小遊三師匠がおっしゃるようには小銭は見つからず、特に500円玉にはお目にかかったことがありません。しかしながら、著者はその自動販売機の下で500円玉を発見し、それで命を繋いだのであります。
このような、小銭が下に落ちているかもしれない自動販売機というのは、社会的にも必要な存在なのかもしれません。わたくし不覚にも、この小説を読んで、さいごに目がうるうるとしてしまいました。
[PR]
by epole | 2010-02-20 19:32 | 小説にみる自販機