「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
嫌煙権の将来展望(これからどうなる日本・世界・21世紀)の自動販売機
そして、日本専売公社は、テレビ、ラジオによるコマーシャル、自動販売機の増設などにより、なりふりかまわず売らんがなの姿勢を強めており、同時に、国民の公衆衛生を預かる厚生省が大蔵省に気がねして、実効性ある喫煙対策をほとんど全くしていないという問題がある。
そこで、これらを社会的に告発していくことが必要であることは勿論であるが、より重要なことは、新しい喫煙者群の発生を防止することである。そのための方策として、次に三点指摘しておきたい。
まず、義務教育の中に、喫煙の害を教える本格的カリキュラムを入れることである。(中略)
次に、たばこ自動販売機は撤廃すべきである。子どもたちが自動販売機からたばこを入手することが多い現実を放置することは、未成年者喫煙防止法からいっても許されない。
三つ目は、テレビ/ラジオによるたばこコマーシャルの禁止である。(中略)
世界各国に遅れをとっているわが国でも、今世紀末までには、嫌煙権が制度的に確立するであろう。同時に、たばこ産業は滅びゆくべき産業として議論の対象になるであろう。

私が読んでいるこの文章は「嫌煙権の将来展望」(伊佐山芳郎) (岩波書店編集部編「これからどうなる 日本・世界・21世紀」1983年5月20日第一刷発行 1983年7月21日第5刷発行)

前世紀後半の1982年、岩波書店編集部は各分野から専門家578名を選び出し、個別にテーマをたて執筆を依頼。それを集約したのが本書であります。
この文章の筆者である伊佐山さんは弁護士で、嫌煙権推進の立場からたばこ産業を論じている訳で、当然記載されたような将来を描いたのであろう。
さて、21世紀も8年を経過したが、たばこ自動販売機については年齢認証装置が備えられ、未成年者が以前よりたばこを購入する環境が狭まったということだけのようだ。

しかしながら、喫煙者が節制をもってたばこをすっている姿は25年前からは予想がつかないものであった。このころは、狭い電車の車内でも、ふつうにたばこをふかしていたなんて、いまからは予想もつかないのだ。
[PR]
by epole | 2009-01-30 07:02 | 小説にみる自販機
小布施駅前ロケ現場の自動販売機
a0003909_035827.jpg先の週末、小布施町内各所でドラマロケが行なわれていたのはご案内のとおりです。
写真はその小布施駅前のロケ班と自動販売機と自動販売機前のグレーチングで、自動販売機の飲料で暖を取ろうとしたスタッフが誤ってお金を手から滑らして落下させたところ、グレーチングの下に落としてしまい、花堂監督以下スタッフの皆さんの同情をかっている風景。

いくら落としたのかわかりませんが、肩を落としてあきらめる姿が涙を誘います。自動販売機前のグレーチングは、集金機。
お金に困ったら、なんとかしてこのグレーチングをあけて、中をさらってみることとしましょう。でも、上から覗き込んでも、中には白濁した水しか見ることができないのだな。
[PR]
by epole | 2009-01-27 00:04 | 自販機の空間
両殿下のお写真と自動販売機
a0003909_23163296.jpg小布施町役場のHPによりますと、衛星放送WOWOWのドラマの収録が今週末1月24,25と北斎館周辺であるとのことなのであります。これは、どのような場面で収録がされるか把握しなければなりません。もしかしたら、エキストラにまぎれて俳優さんか監督さんと自動販売機のツーショットを撮ることができるやもしれません。

そのような訳で午後北斎館前に行きますと、三角形のステージに照明とかが組まれたセットが出来上がっていて、スタッフの人たちが忙しそうに動き回っています。舞台の周りに北斎の絵の入ったハンカチを貼り付けたり、テントを張ったり。なかには火の見に登って写真を撮っている人もいましたが、あれはスタッフではなさそうなんだなぁ。

それで、しばらく様子を眺めていたのですが、だいぶ寒くなったので、久々に北斎館2階のサイホン式コーヒー自動販売機で温まろうと北斎館に入って2階に上ったところ、もともとあった自動販売機はそこになく、ごく当たり前のカップ式自動販売機がそこに。そして、その横の壁には昨年の2月、小布施にお越しになった皇太子殿下と妃殿下のにこやかなお写真が!

日本の国内にいらっしゃれば、両陛下とも自動販売機などお使いにならないことと思いますし、商品をかがんで取らせるという機構自体、失礼だとは思いますが、反面、庶民には自動販売機を使う自由があり、両殿下には、そのような自由があるのだろうかなどと考えさせられてしまいました。
どうか雅子様にはゆるやかにでもお元気になられますようお祈りを申し上げるのであります。
[PR]
by epole | 2009-01-22 23:16 | 自販機の空間
(なつかしの)ラーメン缶自動販売機
a0003909_21564054.jpgかつてラーメン缶の自動販売機が秋葉原に出現したときには、大変珍しいものとして迎えられ、一気に各地でこれを販売する自動販売機が出現したところですが、最近では定着を果たしたためか、陳腐化したか、受け入れられなくなったのか、ともかくも最近話題に上がることは無くなったのであります。

本日内科医に寄った帰り、かつてこの商品を販売する自動販売機がシャッターに組み込まれていた現場を通りかかり、ここのその後を確認できたのであります。
その自動販売機では、しっかりとラーメン缶を販売継続していたのであります。

前回ここでは細めの缶に焼き鳥が入った「やきとり缶」が売られていたのですが、今日はそれはなくて、当時なかった「ハバネロ極辛ラーメン缶」「黒豚横丁しょうゆラーメン缶」「屋台の味とんこつラーメン缶」「肉じゃが缶」「きつねうどん缶」なんてのが新たに販売され、前から引き続いているのは「札幌らーめん缶醤油味」と「牛すじ大根入りおでん缶」の二つだけなのでした。

商品開発も進んでいるのだなぁ。私なんかは、この中身は「~もどき」なのであって、ラーメンなどの名称を使うのは詐称みたいで、どうも食べる気にならないのだが。
まぁ、どんなものでもおいしいと思う人は食べればよろしい。
[PR]
by epole | 2009-01-21 21:57 | 自販機の空間
小布施安市会場横の自動販売機
a0003909_2202777.jpg安市では、小布施駅前の商工会館のところから皇大神社前、小学校前までずらりと露天が道路両側に軒を並べていて、広島風お好み焼きや峠の釜飯、商工会青年部の団子屋台、射的、怪しげな金の玉(わたくしは青年部長に強力なオファーを受け、ついつい一つ買ってしまいましたが。。。)など、後の新聞記事によれば、100ほどの屋台がでていたようなのであります。

当然、そこには飲料も販売されていたはずなのですが、そのにぎやかな屋台と5mほども離れないコカ・コーラの自動販売機には子供たちが群がって、飲料を購入している。
祭りの日くらいはその中に入って、人間対人間で商品を購入する訓練をしてほしいのだがなぁ。

それだけ自動販売機の力は強いということだろうか。
大人が思うより、子供たちは自動販売機から強い影響を、いいかえれば、強いストレスを感じているのかもしれない。それに大人は気づかず、便利という大人の視点でしか眺めていないのかもしれない。
[PR]
by epole | 2009-01-20 21:59 | 自販機の空間
安市の宝船と自動販売機と戦力外通告
a0003909_22322865.jpg1月14日、15日と小布施町で開催された「安市」では、お練り、お稚児行列もあり、町内を練り歩いたわけです。それで、その沿道には自動販売機がありました。
こちらは、ちょうどその自動販売機の前で停まった宝船。さすがに宝船ともなりますと、大勢が群がりますなぁ。

さて、この安市のとき、NBS長野放送や須高ケーブルテレビの他にひそかに大きなカメラがやってきていたことは気づいていたのですが、どうやら来月WOWOWで放送されるテレビドラマ(花堂監督作品「戦力外通告」)の撮影が安市を舞台に進められていて、この24日、25日の土日には、更にイベント風景が撮影をされるようで、小布施町のHPを覗いてみると、両日のエキストラ募集がされているのであります。

WOWOWのHPも確認してみますと、中村雅俊さんや高田純次さんはもちろん、風吹ジュンさんや真野響子さんや烏丸せつこさん、芦川よしみさんまでキャストにあがっていて、その多くの方がみえるようですので、これは万難を排してエキストラに応募をしたいものであります。

自動販売機好きなエキストラキャラってのはどうだろうか。使ってくれないかな。
[PR]
by epole | 2009-01-19 22:32 | 自販機の空間
小布施駅前 雪の中の自動販売機
a0003909_784933.jpg雪のない年末年始でしたが、1月10日から13日まで風邪をひいて寝ているうちに大雪が降り、自動販売機の前も上も、雪の中となりました。

真夏でも真冬でも確実に作動する自動販売機という機械はまことにすばらしいものだと感じるのであります。
[PR]
by epole | 2009-01-16 07:08 | 自販機の空間
小布施の安市の平成占い
a0003909_20505858.jpg今日1月14日と15日は、小布施の安市が開催され、メイン会場である皇大神社境内では、縦にずらりとだるま市がひらかれ、神社の横では行者様がむしろの上で行を行っています。そして、脇には366枚並んだ御札。

縦に一月から十二月、横に1日から29、30、31日まで。その作りだす表の部分にそれぞれなにやら入っています。
通常神社といえばお金を入れるとチン!といってでてくるおみくじがおなじみでありますが、ここの神社には常設されていない。この占いは今回の市にあわせて設置された無人占いでありまして、決済方法は各自がお金を入れて物をとりだすという単純なもの。こういう単純なものが大好きなのであります。

無人販売所は、野菜などではよくありますが、おみくじのような、たくさん不正に手に入れても利益がないばかりか罰に当たりそうなものこそ、このような単純さが適しているようなのであります。

「あなたの運勢 生れ月日でピタリと当る」とありますが、どうなのでしょうか。とりあえず明日まではこのまま設置されていそうなので、興味があれば試してみてください。
[PR]
by epole | 2009-01-14 20:51 | 自販機いろいろ
成田空港の空水自動販売機
a0003909_6472897.jpga0003909_6474837.jpg飲料を分類する場合さまざまな基準が考えられますが、「航空機に持込みが可能な飲料とそうでない飲料」というのも、ひとつの基準となるようです。

成田空港に設置されたこの自動販売機では、成田国際空港限定「Natural Mineral water 空水」という飲料が販売されています。

「一億年の眠りから目覚めた名水」なのだそうで、「空水」の原水である「高賀の森水500ml」は2008年モンド・セレクション大金賞及びiTQi(国際味覚審査機構)2つ星をダブル受賞なのだそうです。よく知らないけど、なにか権威がありそうなのだな。

a0003909_6512627.jpg「原水が『高賀の森水500ml』」といういいかたはいかにも変で、「原水を同じくする」といった言い回しが適当なのだろうといった枝葉はよいとして、わたくしこの自動販売機に出会って初めて、航空機内に持込みができる飲料、できない飲料があるということを知りました。
[PR]
by epole | 2009-01-09 06:47 | 自販機いろいろ
ソウルの自動販売機4
a0003909_2356318.jpga0003909_23563131.jpgNHKのラジオ講座をしばらく聞いていた時期があり、ある程度はハングル文字を読むことはできるので、日本語や英語に似た発音のものがあればそれと推測することがすこしはできるのであります。
それで、自動販売機で販売される飲料などはある程度決まっているので、わかりそうなものなのですが。経験的に考えると、この自動販売機では4つの商品が販売されていて、それぞれに3通りの付加的味付けが可能だと考えられます。コーヒーの場合、味付けは砂糖とミルクの有無ではないかと思うわけです。

そう思いながらハングル文字をよく観察しますと、左の3商品はいずれも下の2文字が「커피」で、これは「こひ」だから「コーヒー」であろうと思うわけです。それと、一番右は「차」で、これは「ちゃ」だから「茶」だろうと当たりをつけます。左から2番目はミルクコーヒーっぽいのだが、少し違う。それで、それ以上のことはわからなくて、実際に使ってみる以外なさそうなのだな。

日本の自動販売機を使用する外国人の方も同様なのだろうか。

この自動販売機、見た目がとても美しい。背景も美しくて、とても気持ちがよくなるのでありました。そこで、今回は大きな写真も掲載をしてみました。
[PR]
by epole | 2009-01-07 23:55 | 世界の自販機