<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
須坂病院売店の自動販売機
a0003909_2341147.jpg須坂病院の2階には売店があり、その正面には自動販売機が3台設置されています。

右側に置かれた一台はまさに売店の看板のような自動販売機で、売店での取扱商品の案内や売店の営業時間が正面に書かれ、販売品目は通常売店が開いていればそちらで購入するような商品(おしり拭き、マスク、ガーゼ、生理用ナプキン、白タオル・バスタオルセット、おむつセット、男ネマキ、箱ティッシュ、女ネマキ、スリッパ)が販売されており、まさに売店を補完する内容の自動販売機でした。これは役に立つ、必要な自動販売機なのだな。

a0003909_23413258.jpg左側に並んで置かれているのは飲料の自動販売機。左側は森永の箱入り飲料の自動販売機で、右側はコカ・コーラの自動販売機。森永の商品はおおむね100円。一方コカ・コーラの方は通常の自動販売機で120円で販売されている缶飲料が100円ですが、ペットボトル飲料は150円または130円と安くなっていない。なんらかの販売に関するポリシーがあるのかもしれません。
これもまた、売店が閉店している場合、入院患者さんたちにとっては必要な自動販売機なのかもしれません。

この2台の飲料自動販売機に関して困ったことは、足元が固定されていないことで、コカ・コーラの自動販売機にいたっては、床を傷つけないよう、金具の下に緩衝ゴムのようなものがひいてあります。
a0003909_2342863.jpg大きな地震が起こった場合、屋内でも自動販売機の足元が固定されていない場合自動販売機が滑ったり倒れる恐れがあることはたびたび指摘しており、長野県庁の自動販売機はすべて措置をされているところですが、お年寄りや子供、車椅子など利用の弱者が集まる病院で危機管理がされていない状況があったわけで、一刻もはやく病院事務の方にお知らせして対処をお願いしようと思ったところでありました。

さて、なんとか胃カメラもクリアし、保健指導もしっかり受けて、お金を払って病院の出口を出たところ、病院の事務スタッフの方2名に呼び止められました。私が院内で写真を撮っていたところを不審者であるとの通報がされたようなのであります。
わたくし思わず嬉々として、自分の撮った写真(すべて自動販売機♪)を見せて立場を説明したところ、快く了解をいただきました。ついでに売店前の自動販売機の足元固定の必要性もお話したので、きっとまもなく対応がしていただけることでしょう。よかったよかった♫

それにしても、このような事務スタッフがいていただけるおかげで、安心して病院にかかることができるわけで、本当にありがたいことです。
[PR]
by epole | 2008-12-25 23:42 | 自販機の空間
須坂病院のテレビカード精算機
a0003909_20105932.jpgクリスマスイブだというのにここは須坂市の須坂病院。
長野県の運営する県立病院で、須坂市街地のど真ん中に立地しており、地域を支える拠点病院なのです。そこへ今日出かけたのは自動販売機の調査ではなくて、人間ドックの受診のためだったのですが、各種検査の合間にめぐって歩いた1階から3階までの間にもいくつかの自動機がありました。

正面入り口を入ってすぐ左にあったのが「テレビカードの精算機」。普通テレビカードの自動販売機などというものは、有料テレビが設置されている病室の病棟ごとにあるものなのですが、これは珍しいと思ったのですが、これは「精算機」。どうやらテレビカードの残額を戻してくれる機械なのだな。

テレビカードなどというものは、とりあえず買ってテレビをある程度見るのだが、退院するときにはその退院時間に合わせてある程度カード購入を控えたりテレビ視聴を控えたりして調整するのだが、結局ある程度の度数が残り、病室で知り合った人に差し上げて退院するものなのですが、これならそんな調整は必要ありませんね。

クリスマスイブだというのに、病院にはお医者さんや看護士さんや事務の皆さんなど、大勢のお年寄りから赤ちゃんまでのお世話をしています。
こんな時期に人間ドックとは申し訳ないと思いながら、感謝の気持ちでいっぱいだったのでありました。
[PR]
by epole | 2008-12-24 20:11 | 自販機の空間
岩松院の自動販売機 その5
a0003909_6313312.jpga0003909_6415091.jpga0003909_642792.jpgところで、岩松院の拝観券では団体割引というものがある。通常は大人は300円なのだが、20人から一割引の、一人当たり270円となるらしい。そうすると、19人と20人あたりで分岐点があると思うのだどうだろうか。

そこでその辺のところを券売機の画面で確かめてみる。まず、20人の場合だが、当然20×270円で5,400円なのである。では19人の場合はどうだろうか。ここで重要なのは、19人と20人の画面が異なることである。19人分の券は、1~19人の画面で買う必要があるのだ。そこで画面を変えてみると。。。
当然19人は、19×300円で5,700円となる。20人より300円高いのだな。当然といえば当然なのだが、すこし納得がいかない人も多いのではなかろうか。私だったら、20人分の券を買って、誰かにあげるか、最悪持ち帰るのだが。。。

そんなわけで、19人で岩松院を訪れる予定の団体さんがいらっしゃいましたら、ぜひ20枚分買っていただいて、後から来た人に差し上げてくださいな。それくらいは、仏様もゆるしてくださることでしょう。

(ちなみに21人の団体でも5,670円で、19人より30円安いのだがどうだろうか。2枚多く21枚分買って、後から来た若いカップルにあげる?それは美しい光景だとわたくしは思うのだなぁ。)
[PR]
by epole | 2008-12-22 06:56
岩松院の自動販売機 その4
a0003909_852784.jpg久々に小布施町雁田の岩松院を訪れました。
本堂に向かい、拝観券の自動販売機はどうかとみると、2台あるうち左側の自動販売機のシャッターが下りていましたが、右側の「2号機」は稼動していました。

さっそく「団体60名~」のボタンを押してみると、
表示されたのは団体60人16,200円から、団体79人21,330円まででした。残念ながら、80人で来る場合は、もう一度自動販売機で買いなおす必要がありそうです。
それにしても、この自動販売機に2万何がしかのお金を入れて、79枚の拝観券が、どさ!っと出てくることを想像したら、愉快な気持ちになりました。
[PR]
by epole | 2008-12-20 08:52 | 自販機の空間
ONE PIECEの自動販売機
a0003909_8592447.jpg冬の自販機の
「あったか〜い」のノリで
「しめきりやば〜い」って言うと
なごむ
第一話でルフィが
「海賊王になりた〜い」って言ってたら
なんか違ったろう。なんか違う。
52巻!!「始めた〜い」

私が読んでいるこの本は「ONE PIECE第52巻“ロジャーとレイリー”」(尾田栄一郎著2008年12月)

ONE PIECEといえば、もちろん週刊少年ジャンプに連載中の人気漫画で、絵の書き込みがとてもたくさんで、最近の、中味が薄い割に書店に大量に平積みにされる書籍類に比べ、ずっと「読んだ」という満足感がある。
その第52巻のカバーに上記の文章を発見したところだが、以後注意して自動販売機を眺める。ココアなんか、特に「あったか~」そうだなぁ。

されはそれとして、登場人物中ではサンジさんが顔も体型も人格も私に酷似していてうれしいのだが、「金色のガッシュベル」や「水滸伝」のように、親しんだ登場人物が次々といなくなることのないことを祈るのであります。
[PR]
by epole | 2008-12-18 20:55 | 小説にみる自販機
カップヌードルの自動販売機
a0003909_772753.jpg久しぶりの信州大学のキャンパス。3月に卒業して以来ということですが、ここは松本キャンパスではなくて長野の教育学部キャンパスの学生食堂。ここに立ち入るのは初めてのことなのであります。

食堂の入り口には5台の自動販売機が並んでいるのですが、その右から2番目が「カップヌードルの自動販売機」。これはひさびさに見ました。

商品は左から「CHIRI TOMATO」「どん兵衛天ぷらそば」「Cheese CURRY」「SEAFOOD NOODLE」「SIO」「CUP NOODLE」の6品で、いずれも170円。カレーが売り切れているのは冬らしいのだな。

まんなかに商品が出てきたら、自分で半分ふたをはがしてから左側の給湯口でカップへお湯を注ぐ。箸は下の引き出しから取り出して、あとは消費者にお任せの機械。これは昔のものと変化がないのだな。
[PR]
by epole | 2008-12-18 07:11 | 自販機いろいろ
地方自治法施行60周年記念5百円貨幣と自動販売機
地方自治法施行60周年記念5百円貨幣を新5百円玉対応の自動販売機に入れてみたところ、自動販売機はこれを認識しませんでした。

簡単に言えば上記のとおり。地方自治法施行60周年記念5百円貨幣と通常の五百円玉は大きさも重さも同じように感じたので、とりあえず自動販売機の途中で詰まることはないと思い、周りに人のいないときを選んで、コカ・コーラのカップ式自動販売機に入れてみました。すると、記念硬貨は見事になにごともなく機械をスルーし、返却口に落ちました。

ともかくも、無事に戻ってきてよかったのでした。
[PR]
by epole | 2008-12-17 07:00 | 自販機による販売戦略
フローラルガーデンおぶせのイルミネーションと自動販売機
a0003909_21164172.jpg本日の小布施町ブログには、美しいフローラルガーデンおぶせのイルミネーションが掲載されていて、先を越されたと思いつつも、あちらはまるでくらげの水中写真のようでかなわないなぁと思っているわけです。
それでも、私のブログは自動販売機ですので、同じイルミネーションでも自動販売機のはいったイルミネーションを取りたいという気持ちがありました。

その小布施町のフローラルガーデンおぶせのイルミネーションですが、ガーデンに入りすぐ左手の建物の軒下に一台の飲料自動販売機があります。そこで、ガーデンのイルミネーションの向こう側から撮ったのがこれ。
イルミネーションのなかに、自動販売機が写りこんでいますが、よく見て目立つかといえばそれほどでもない。拡大をしても、案外どうということもないのでありました。

a0003909_2117372.jpgそもそもこのイルミネーション自体自動販売機の側から見ることを前提として飾られているのでありまして、その点でも自動販売機のイルミネーションへの影響はさほどでもありません。
そう思って撮影を終えて帰りがけに自動販売機をみると、なんと自動販売機の照明が消えている!どうやらタイマー操作で点灯する仕掛けらしい。これは芸が細かいなぁと脱帽をしたところであります。
[PR]
by epole | 2008-12-15 21:17 | 自販機の空間
無地のたばこ自動販売機は昭和レトロ
a0003909_114999.jpg風邪を引いて身体がだるく、一日の体力は時間内で限界。とても(サービス)残業しても仕事がはかどる状況ではなく、早く帰って身体を直すのがもっとも効率的であると早い時間の電車に乗るのですが、問題は車内で寝てしまうことで、数駅先の駅で気がつき、駅員さんにご迷惑をおかけしながら戻ることもたびたびなのであります。
そんな今日も起きると見たようなホーム。あわてて降りると、そこは二つ手前の駅なのでした。次の電車はしばらく来ないし、このへんは割と区間が近い。それで、2区間を歩いて帰ることとしたのであります。

途中にあったのが、シンプルなたばこの自動販売機。ふつうたばこの自動販売機はごたごたと広告が思いっきりはられているのですが、ここのは真っ白な筐体に余計な広告がない。
そして、タスポ導入後あけた窓口には「たばこ」の文字が赤くくっきり。店内の奥には牛乳がクーラーに冷やされているのが見えます。右には明治アイスクリームのベンチ。手前にはアビーロードを思わせる横断歩道。すべてが昭和レトロでなつかしく、人の存在、あたたかみを感じさせるのであります。

今日は駅を間違えてよかった。そう思いながら歩いていくと、次の電車が脇を追い越していく。そういえば長野電鉄は、停車した駅で駅名を流さない。せめて一言注意を促せば、乗り越し客も減るだろうと思ったのでありました。
[PR]
by epole | 2008-12-14 01:02 | 自販機の空間
地方自治法施行60周年記念5百円貨幣
a0003909_6561564.jpg82銀行のひとがなにやらビニール袋に大事そうにいれて持ち歩いているのを見て尋ねると、それは500円玉なのでした。12月10日に「地方自治法施行60周年記念5百円貨幣」というもののうち、北海道、京都府、島根県の3道府県分が発行されたようなのであります。
そういえば、先日長野県の硬貨の図柄が決定したという報道がありました。その発行は来年夏のようなのですが、他道府県のはもう発行なのだな。

それで表面をながめると、京都府は国宝「源氏物語絵巻」やどりぎ宿木二(左下)、島根県は銅鐸とその文様(左上)、洞爺湖と北海道庁旧本庁舎(右上)、それぞれの裏面は古銭のイメージ(右下)ということなのだが、京都府のひとには申し訳ないが、源氏物語絵巻はぱっとしない。人物が傾いていたりしてわかりにくいのだな。(写真をみてもわからないっしょ?)
長野県は善光寺さんと牛になるのだが、私は同時に発行される新潟県の番のトキと棚田の絵柄が好き。

真っ先に思ったのが、この500円玉は自動販売機で利用できるかということで、そのために1枚余分に交換したのだがどうだろうか。
銀行のひとによれば使えないとのことですが、試してみたい。でも、なかに詰まって自動販売機のひとによけいな手間をかけさせても申し訳ないとおもう今日この頃なのであります。
[PR]
by epole | 2008-12-12 06:53 | 番外