「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
自動販売機商品の表示
5月28日付けの中国新聞では、広島県福山市のJR福塩線神辺駅の自動販売機で、賞味期限切れの紙パック飲料が売られていた旨を伝えています。

賞味期限切れに気づいた抗議電話をうけ、ジェイアールサービスネット岡山が確認したところ、同自動販売機内には賞味期限切れの商品が2本残り、19本が賞味期限後に売られた可能性があることが分かったとのこと。

今回は飲料の賞味期限が問題となりましたが、自動販売機での販売では、食品表示が不十分である旨の指摘が従来からされています。
店で手にとって飲料を購入する場合、われわれ消費者は消費・賞味期限はもとより、内容量、原材料、成分を確認することができるのですが、自動販売機では多くの場合商品の名前を書いたラベルの前面のみがこちらを向いており、成分表示などは見えません。(だいたいは、もともと商品名が見える商品前面のダミーが、見本として展示されています。)
これでは、消費者に必要な情報を与えていることにはならないのだな。

それで何が問題かというと、消費・賞味期限切れの確認はもとより、食品アレルギーを持つ場合などは、成分表示の有無は生命問題として大きくかかわってくるのだな。その他糖分摂取制限がある場合などなど。
最近では、食品にカロリー表示をすることがはやっているらしい。消費・賞味期限の表示は困難だと思うが、自動販売機では、そのようなことをきちんと表示をすることが、安全性を高め、消費者の信頼を得るのではないかな。

その点、たばこの自動販売機では、きちんと喫煙が自らもしくは周囲の人の生命を危うくするという表示が小さい字ながらもきちんとされるようになっている。それは大事なことなのだな。

中国新聞 『自販機から賞味期限切れ飲料』 (2008.5.28)
[PR]
by epole | 2008-05-30 05:21 | 自販機の空間
呉越同舟
a0003909_713627.jpg小布施町にある小売店「春潮社」前に並んだ自動販売機3台。

店から道路にせり出した看板には「DyDo Coca・Cola たばこ 自販機←ここ」の文字。
[PR]
by epole | 2008-05-28 07:16 | 自販機の空間
大阪府の自動販売機
これまで収集した自動販売機に関する記事をさかのぼっています。

3月15日付けの産経新聞では、大阪府が庁舎や公共施設に設置した自動販売機329台の設置使用料について、業者が入札する公募方式にしたところ、平成19年度まで計約539万円だった使用料収入が、20年度には約55倍の約3億円となると伝えています。

行政財産の使用料の額については地方自治法第228条で「条例でこれを定めなければならない」と定めています。この条項は、行政財産の使用料の決定を行政ではなく議会に委ねたものと解されます。ゆえに、大阪府のような入札という行政財産使用料の決定方法は地方自治法上考えにくいのであります。

それにもかかわらず大阪府では堂々と入札を実施していますので、これは研究しなければなりません。知事が弁護士だけにこの辺は調整済みなのかもしれませんが、私には納得しかねるところがあります。

念のため大阪府の条例を見てみますと、

行政財産使用料条例(昭和39年3月25日大阪府条例第6号)
第3条 前条の使用料の額は、行政財産の価額、使用する部分の所在する場所その他の事情を勘案して知事が定める基準に基づき、当該行政財産の管理者が定める額とする。

これは知事に行政財産使用料の額の包括的決定権を与えているわけで、地方自治法の規定の範疇を大きく超えていると考えるのだがどうか。

ともあれ、もう少し条文を研究してみたいと思います。

産経新聞 「大阪府施設の自動販売機設置、公募で56倍の収入」(2008.3.15)
[PR]
by epole | 2008-05-27 06:40 | 役所の自動販売機
タスポの風景
a0003909_715165.jpg長野電鉄小布施駅前には観光案内兼喫茶の「六斎舎」というのがあり、ここの讃岐うどんを食べに週に数回立ち寄るのですが、そこの戸をすこしだけスキマを開けて中を覗き込む人がいたのでどうぞお入りくださいと声をかけますと、いや、飲食や案内でなく、たばこを買いたいのだとのこと。それならばここはタバコの販売をしておらずその上禁煙でありますので、どうか道の向こうの自動販売機でお買い求めいただきたいと指をさしますと、いや、わたしはタスポを持ってきていないというので、ここのタスポの稼動は来月であります。ご安心くださいと申しますと、その方安心して買いにとんでゆかれました。
タスポがすでに稼動開始した地域からおこしになったのでありましょう。

小布施駅前の木下商店は、現在不定期でシャッターを開けてタバコを対面販売しています。愛煙家の皆様、どうぞ安心して小布施におこしください。
[PR]
by epole | 2008-05-26 07:15 | たばこの自販機
また、防犯カメラ
a0003909_1063625.jpg長野市吉田にある自動販売機

このへんは町の中心部から数キロはなれた住宅地。自動販売機の上にはカメラらしきものがのぞく。

これまでそれほど多くの防犯カメラのついた自動販売機を見かけなかったのだが、この数日長野市内の、これまでと違った中心部から少し離れた住宅地を自転車で徘徊するうちに、複数の防犯カメラを見つけるというのはどういうわけだろう。
[PR]
by epole | 2008-05-25 10:07 | 自販機いろいろ
オフィスオアシス
富士通のワープロのことではありません。

5月22日付けで神戸新聞が伝えるところによりますと、企業に飲料の入った専用の冷蔵庫を置いてもらうという「オフィスオアシス」というサービスを、神戸市兵庫区の阪神酒販株式会社(EC事業 貿易事業 酒類・飲料・食品の製造、卸・小売販売事業)が始めたとのことです。

どうやらこの「オフィスオアシス」というサービスは、富山の薬売りの飲料版のようなもので、設置者は中の飲み物が欲しいときには代金箱にお金を入れて飲料を取り出すというシンプルなもの。週に一回配達員が代金の回収と商品補充を行うとのことです。

このサービスのメリットは、第一に占有面積の小さいこと。冷蔵庫の面積は140cm×48cm×45cmで、一般的な自動販売機よりずっと小さい。(最近占有面積が小さいということで職場に食い込むジャパンビバレッジのカップ式自動販売機と同じくらいか?)これならプリンタや複写機より面積は少ないくらいで、置いても邪魔にならないかもしれない。

第2は電気代が安いことでこれは月平均1,000円だという。通常の自動販売機では、ヒートポンプや真空断熱などの技術を総動員してもここまではまだできていない。省エネだ。

第3は飲料の価格が安いこと。巷では50円飲料の自動販売機も出現しているが、屋内ではまだ実現できていない。
「オフィスオアシス」では、スーパー店頭120~100円の商品が50円なのだそうである。ちなみに商品は10種100本入るとのこと。

これは昔ながらのシステムの応用で、無人の中でも買った人が必ず代金を入れるという前提で行われる。誰も中の飲料にいたずらなどしないという前提の元にあるのである。

明治期には、学用品を箱に入れ、学童が必要に応じて自主的に学用品をとりお金を箱に入れる(必要に応じておつりを取る)システムが、ある小学校で導入されていて、これを自動販売機と称したそうである。その向きからすると、これはまさしく自動販売機なのだな。

それにしても、今回は富士通のワープロとか富山の薬売りとか、知らないない人も結構多かったのではなかろうか。
[PR]
by epole | 2008-05-24 08:03 | これからの自販機
自動販売機の防犯カメラ
a0003909_6233179.jpg長野市三輪でも、長野電鉄の電車の上をまたぐ道路はここだけ。そこに、ビニールの屋根をかぶった自動販売機がありました。

「毎度有難う御座居ます」という中ぬき文字の赤いビニール屋根は、屋外のたばこの自動販売機にはよくあるのですが、このような飲料自動販売機では珍しい。そう思って近づくと、自動販売機上部に「防犯カメラ設置」の表示があり、さらに近づいて間近から見上げると、自動販売機と屋根の間に防犯カメラらしき機械が設置されていました。

ここはそれほど自動車が通る道ではなさそうだが、通学路にあたっているようで、私が自動販売機を覗き込むうちにも3名の中学生が後ろを通過していく。この程度の通行量が、自動販売機荒らしには狙いやすいのかもしれない。(けっして中学生が犯罪を犯すということではありません。)
[PR]
by epole | 2008-05-23 06:25 | 自動販売機と犯罪
たばこ自販機の深夜規制撤廃へ
いま、これまで収集した自動販売機に関する記事をさかのぼっています。

4月25日付けの産経新聞では、たばこ販売業者で組織する全国たばこ販売協同組合連合会が、たばこ自動販売機の24時間販売を年内にも再開する考えを明らかにしたと伝えてます。
屋外たばこ自動販売機では、現在午後11時から午前5時までの販売を停止しています。これは平成8年4月から始まった販売自主規制措置によるもので、年齢認証装置付き自動販売機普及に伴い、自主規制をやめるというものです。

そもそも販売自主規制措置は未成年者が夜間こっそりとたばこを購入することがないようにするという名目で始まったものなので、すべての自動販売機で年齢認証が要求される体制が整えば、自主規制をする必要はありません。

しかしながら、そもそも自動販売機の夜間停止という自主規制自体、その時間にたばこを購入されることは少なく、全体の売り上げへの影響はさほどないことから規制に踏み切ったはずですから、自主規制措置がなくなったからといって、自動販売機でのたばこの売り上げが劇的に増えるといったことはなさそうです。

むしろ、タスポを所持すれば深夜でも自動販売機でたばこを買うことができるというメリットを訴えることによるタスポの発行増効果を狙っているのかもしれません。

たばこと同様に夜間の販売自主規制を行っているものに酒類自動販売機がある。こちらはアルコール依存症の問題など未成年者対策以外の理由もあるから、たとい年齢認証措置が徹底されたとしても、自主規制の撤廃は困難そうだ。

時間帯が逆転し、昼間販売自主規制を行っているものに有害図書類の自動販売機があるが、こちらはどうだろうか。

産経新聞 「たばこ自販機の深夜規制撤廃へ」(2008.4.25)
[PR]
by epole | 2008-05-22 07:04 | たばこの自販機
遊漁料の自動販売機
5月14日付けで苫小牧民報社が伝えるところによりますと、支笏湖の幌美内に遊漁料の自動販売機が設置され、ヒメマス釣り解禁となる6月1日から稼動するとのことです。また、モラップ、美笛、奥潭の取扱所にも設置されるとのことです。

遊漁料は、支笏湖漁業協同組合が支笏湖のヒメマスの漁業権に基づき徴収するもので、遊漁料の自動販売機は早朝などの利用に対応するため設置。一日券(1,600円)のみが販売されるそうです。

確かに。私のような素人は、魚を釣りにいこうにも、さおをたれているときどこからともなくおじさんが「こらこら漁業権はもっているかね」などと話しかけてこられたら、それだけでお魚どころかわたくしまでその場から逃げ出してしまいたくなる。その点この自動販売機で先に購入しておけば、こと人間に関しては安心なのであります。それはリーズナブルな自動販売機なのだなぁ。

ところで苫小牧民報社のHP『WEBとまみん』には「おみくじ」バナーがついている。私は『中吉』だったのだが、これって、新聞社のコンテンツとしてはいいかげんでおもしろいなぁ。
[PR]
by epole | 2008-05-21 06:57 | 自販機いろいろ
募金機能付きAED搭載型自動販売機
5月16日付け河北新報が伝えるところによりますと、宮城県色麻町の積水ハウス東北工場に、赤い羽根共同募金への募金機能が付いた自動体外式除細動器(AED)搭載型自動販売機が設置されたとのことです。

これは全国で赤い羽根共同募金への募金機能つき自動販売機の設置を進めているNPO法人「ハートフル福祉募金」が設置したもので、赤い羽根共同募金ができる自販機で、AED付きは全国初の設置なのだそうです。
これは、いろいろくっついていくのだな。

さて、自動販売機は生き残りをかけてますます高機能ロボット化していくのがみえるのだが、まだ多くの販売店では自動販売機に関する意識が薄い。これは自動販売機の付加機能はそうだし、全体での利益についてもあまり正確につかんでいない場合がある。夏場は儲かるが冬場は赤字なんてケースは多いようだし、全体としてとんとんという場合、店先に置いて入り口をふさいだり、窓をふさいだり、物が置けなくて邪魔な分損をしたとか、あまり考えないのだな。

まちなかでは、今日も耐用年数を経過した自動販売機が従来機と取り替えられていく。そこでは自動販売機の社会貢献などはほとんど議論されていないようだ。従来機の入れ替えでは、ベンダーも自動販売機の社会貢献など設置者に説明する必要もないし、下手にその存在を知られると余計な支出となる。自販機業界としては、現存する自動販売機はそっと入れ替え今後5~7年の利益を確保し、新設する自動販売機については多くの機能をうたって台数を増やす競争をすることだろう。

そのようなとき、社会に貢献する自動販売機の設置を助長するには、公共団体での導入が大きな効果があると考える。自治体の担当者がもっと真正面から自動販売機をとらえ、導入し、それをその地域に広報し、社会貢献型自動販売機を普及させていく。それは自治体にとって費用がかかるものではないし、地域の人々への恩恵はとても大きい。

自治体の皆さんには、その地域で必要とされている自動販売機の付加機能は何かを見極め、計画的な設置をお願いしたいところです。
全国の事例はこのブログを見ればわかりますといいたいところなのですが。もし必要ならメールででもえぽるに聞いてやってくださいな。きっと喜びますから。
[PR]
by epole | 2008-05-20 06:54 | 地域貢献型自動販売機