「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
たばこ自動販売機規制についてのパブリックコメント募集
財務省理財局総務課たばこ塩事業室では、2月8日から3月8日まで、たばこ自動販売機規制に関するパブリックコメントを募集しています。

意見募集の内容は、簡単に言うと
「2008年7月1日以降、たばこ自動販売機については、稼働中又は新設にかかわらず『成人識別装置』をつけ、稼働させたもののみ販売を認める。」
という措置の是非についての意見を問うもの。

減少したといっても、成人男性の喫煙率は平成17年度で45.8%、成人女性でも13.8%。喫煙者のほとんどが自動販売機を利用していると私は思うのですが、そうだとすれば国民の半数弱にかかわる問題についてパブリックコメントが募集されています。
この際、喫煙者もそうでない人も、ぜひこの機会をとらえて意見をいたしましょう。
そうでなければ一部の役人とJTの思ったとおりの制度が成立してしまいます。

本件に関しての私の意見は次のとおり。

JT主導によるタバコカード「タスポ」は強制的に電子マネー「ビデル」に加入することになる。今回の財務省の措置は、国民の半数近くに「ビデル」への加入を強制することにつながる。これは特定企業(JT及びJCB)への利益を誘導することになり、公正でない。

パブリックコメント募集の詳細はこちら
1 案件番号:395110708
2 意見募集中案件名:『「製造たばこ小売販売業許可等取扱要領」の一部改正(案)』及び『「成人識別自動販売機の導入を製造たばこの小売販売業等の許可の条件とすることについて」通達(案)』に対する意見募集について
3 定めようとする命令等の題名:「製造たばこ小売販売業許可等取扱要領」の一部改正
  「成人識別自動販売機の導入を製造たばこの小売販売業等の許可の条件とすることについて」通達の発遣
4 意見・情報受付締切日:2008年3月8日
5 資料の入手方法:財務省東門受付室にて配布

それにしても、今回のパブリックコメントも財務省の新着情報等に載っていない。まるで意見をなるべく受けたくないような気もしかねないのだが、そんなわけはないですよね。
わたくしも微力ながら、意見募集の広報にご協力いたしましょう。
[PR]
by epole | 2008-02-11 20:38
ダイドードリンコとコカ・コーラが秦野市と協定締結
タウンニュース2008年2月2日号秦野版によりますと、ダイドードリンコ(株)と、コカ・コーラ セントラル ジャパン(株)の2社が1月25日、神奈川県秦野市と災害時飲料の提供に関する協定を締結したとのことです。

記事によると、秦野市では大規模震災の際多くの被災住民にいち早く飲料を提供するため、飲料メーカーとの協定を模索してきており、既に中央運動公園や総合体育館などで災害対応型自動販売機を設置しているダイドーと、流通在庫量が豊富なコカ・コーラに協定の締結を打診、調整を続け、協定締結に至ったとのこと。

大地震などの災害発生時には、ダイドー秦野営業所とコカ・コーラ秦野ディストリビューションセンターの2カ所で、それぞれ市民が飲料の提供を受けられる。また、市が管理する公共施設に設置した「災害対応型自動販売機」内の在庫飲料の提供を受けることができるとのことで、こうした協定の締結は神奈川県内の自治体では初めてだそうです。また、市では今後災害時に避難場所となる公民館に各1台ずつ災害対応型自動販売機を設置していくそうです。
[PR]
by epole | 2008-02-09 11:00 | 災害対応自動販売機
米国加州で医療用マリフアナの「自動販売機」登場
1月29日付けCNNによりますと、1月28日、ロサンゼルスの薬草店に医療用マリフアナの「自動販売機」が設置されたとのことです。

事前に処方せんを提出し、写真撮影と指紋登録をした上で発行されたカードを使用するとのことで、自動機が置かれている場所は、24時間体制で警備が敷かれるとともに監視カメラが設置され、さらにどのような人物が販売機を使ったが分かるようになっているとのこと。

米国ではカリフォルニア州など11州で医療用マリフアナを認可されているが、自動販売機の導入は初めてとのこと。
なお、今後は、処方せんが必要なほかの薬、男性の勃起(ぼっき)不全治療薬「バイアグラ」や鎮痛剤「ヴィコディン」、男性型脱毛症用薬「プロペシア」などの販売も視野に入れていると伝えています。
[PR]
by epole | 2008-02-07 06:19 | これからの自販機
鳥取市で「ポイ捨て禁止条例」
「ポイ捨て禁止条例案まとまる 鳥取市、4月施行へ」

1月25日付けで日本海新聞が伝えています。

鳥取市環境保全審議会は、たばこの吸い殻や空き缶などのポイ捨てを禁止する条例「市快適な生活環境を守る条例」の案をまとめた。31日市長に答申、3月議会に提案、4月1日施行をめざす。

対象は全市域で、飼い犬のふんの放置、車の不必要なアイドリング、路上喫煙などを禁止するとともに、自動販売機の設置者に対し、回収容器の設置と管理を義務付けている。
罰則規定は10月から適用され、違反者にはは2万円以下の過料を科すという。

飲料自動販売機業界は「自販機自主ガイドライン」により、自販機脇に空容器回収ボックスを設置していて、ほとんどの自動販売機でこれが守られている。そのようななかで飲料自動販売機の設置者に回収容器の設置と管理を義務付けるのは余分な行為とも思うのだが。

飲料業界のすぐれた取り組みと違って、たばこの自動販売機は売りっぱなしである。たばこのポイ捨てに対し、たばこの自動販売機設置者に何らかの貢献措置を負わせるべきではないか。

なお、ごみのポイ捨て禁止条例は山陰では米子、松江、出雲市がすでに施行しているとのことです。
[PR]
by epole | 2008-02-06 06:30 | 総論
長野市の飲料ベンダーとの災害協定
a0003909_20535153.jpg1月28日付けで長野市と飲料ベンダーが災害時の飲料水供給について協定を締結した件について、長野市役所に行ってお話を聞いてきました。

長野市が協定を締結した相手先は2者。
北陸コカ・コーラボトリング㈱東北信支社と信越ペプシコーラ㈱。

両者の自動販売機は、コカ・コーラの自動販売機は第一庁舎ロビー(屋内)に、ペプシコーラの自動販売機は第二庁舎二回渡り廊下入口(屋内)と給食センター(屋外)にいずれも新設されたとのことです。また、ペプシコーラとは、設置する自動販売機量に応じて長野市の指定する場所に一定量の飲料を保存管理する協定を結んだとのことです。長野市ではこの協定により、特に中山間地への飲料備蓄を進めたいと考えているとのことで、これはいままで聞いたことのない、社会貢献活動なのだなぁ。

ところで、地方自治体が自動販売機を設置するにあたって気をつけなければならないのは地方自治法第238条の4(行政財産の管理及び処分)。災害対応機の場合もけっこう気を使う部分で、誰に対して許可されているかが問題となることがあります。いずれにせよ適正な設置をお願いしたいものです。

写真は第二庁舎二階入口に置かれたペプシコーラの災害対応型自動販売機。右上のボタンを押しこむことによりフリーベンド状態となります。

突然の取材依頼でしたが、長野市役所の担当職員様には親切に対応をいただきました。大変感謝しています。
[PR]
by epole | 2008-02-04 21:03 | 災害対応自動販売機
タスポ受付開始
a0003909_8342627.jpg2月1日から全国からのタスポ発行申込み受付が始まったようです。

「taspo(タスポ)」とは、たばこ自動販売機専用の成人識別カードで、定められた期日以降は、対応するたばこ自動販売機では、これを使用しないとたばこを購入することができなくなります。

2月1日付の信濃毎日新聞では、たばこ販売店がカード申込書を店に設置したり、店先紙を張り出すといった光景を伝え、長野市内の百貨店のたばこ売り場で、2月に限り顔写真をインスタントカメラで無料撮影するサービスも始めた旨を伝えています。

さて、長野市内で百貨店といえば長野東急百貨店しか思いつかないので、さっそくいってみたのですが、東急シェルシェ4階の奥まったところにあるタバコ売場は、隣の商品券売り場にお客が列を作っていそがしいためか無人で、ただ机の上にタスポ申込書が置かれていました。

町のタバコ屋さんなど、ほとんどは日中からシャッターを閉めて、小さな窓口があいていても人がいない。そのような窓口にタスポ申込書が置かれたとしても、どの程度の喫煙者が手続きをするだろうか。多くの喫煙者が手続きをしないまま、運命の日を迎えることになりそうな気がする。
そのときの喫煙者の怒りが心配だな。

窓口配布の申込書には、新規申し込み書、説明書のほか申込書送付用封筒が入っている。説明書がどうもこちゃこちゃ細かくて読みにくいと思ったら電子マネー「ビデル」の説明が結構な面積を占める。こんなもの、喫煙者は欲しくもないだろうになぁ。
申込書をみると、ビデルは必ず付いていて、切り離して申し込むことができない。このあたり、喫煙者はかなりJTに馬鹿にされているようだ。
[PR]
by epole | 2008-02-03 08:35 | たばこの自販機
携帯電子クーポン
電子マネーの使えるケータイを購入して間もなく1年。私のケータイには「Edy」「Cmode」「nanaco」「Suica」と4つの生活アプリが並び、最近ではサイフを忘れても、それほど不自由することもなくなりました。逆に、財布を持っていても、ケータイがないと相当な不自由を感じることでしょう。

ケータイによる自動販売機利用という点では、先にコカ・コーラのシーモで日本テレビと協賛したバーコードクーポンで無料の缶コーヒーを頂いたのみです。Cmodeは何度か試みるのですが成功したことがありません。私のような機械オンチには、脇で親切に教えてくれる人(できるならば女性)が必要なのであります。Suicaは以前からカードで利用したことがあり、使えることが分かっているのですが、モバイルスイカとしてから日が浅く、まだ使用に至っておりません。Edyはこれまで使用可能な自動販売機に出会っておりませんが、タングラムスキー場では使用可能なうえ商品が割引されるとのことで、いつかはタングラムと思っているところです。nanacoはセブンイレブンで使いますが、セブンイレブンには自動販売機が併設されないため自動販売機での使用はできません。これはたいしたものであります。

a0003909_215532.jpgさて、そんな私にネスレジャパンから[期間限定「携帯電子クーポン」]のおしらせメールが届きました。なんとネスカフェ ゴールドブレンド100gが100円引きで購入できるとのこと。私はその場でこのkaruwazaというアプリをケータイに入れることを決意し、それは10分ほどで完了しました。で、入れてからわかったことなのだけれど、このクーポンはサークルK・サンクス店舗でしか使えない。そういえば最初からそう書いてありました。もとの値段が安いスーパーなどで使えないことはすこし残念ですが、明日にでも近所のサークルK・サンクスにいって値段などみておトク感を確かめてみようと思います。

閑話休題
現在私の学ぶ信州大学大学院経済社会政策科学研究科地域社会イニシアティブコース(なんて長い名前だ。。。)では、来年度の社会人大学院生を募集しています。
出願期間:平成20年2月12日(火)~15日(金)17時必着
試験日:平成20年3月1日(土)~2日(日)
試験会場:信州大学経済学部(松本市旭町)
とりあえずHPでも見てみてください。こんな私が言うのもなんですが、決してムダにはなりません。
[PR]
by epole | 2008-02-02 07:07 | 社会人の大学院
バルーンフェスタ支援自動販売機
1月23日付け佐賀新聞によりますと、コカ・コーラウエストジャパンは23日、佐賀インターナショナルバルーンフェスタを支援する清涼飲料水自動販売機の第1号を、佐賀市役所東側駐車場など市内6カ所に同フェスタ組織委員会と協力して設置したとのことです。

設置された自動販売機は白地にバルーンのイラストを描き、空き缶入れには河川敷を飛び立つバルーンの写真を全面に印刷したもので、売上金の20%がバルーンフェスタの運営資金として寄付され、寄付金は1台あたり年間20~30万円を見込み、今後1年でさらに20台以上の設置を目指すとのこと。

目論見どおりいけば、年間500万円程度がバルーンフェスタの運営資金となる。これは同フェスタの運営資金7000万円の7%に当たるのだな。

各地で自動販売機の売り上げ益の一部を寄付する取り組みが進む。これらは新たな設置場所を開拓するためと、他の自動販売機との差別化のため行われているものであるが、限られた需要の中でのシェアを奪い合うだけだから、既存の自動販売機を圧迫することだろう。

今回の佐賀の例では自動販売機は公的施設に新設されるようだ。公的施設では土地利用料がものすごく安いから、寄付が容易にできる。これらの自動販売機がシェアを奪うことにより、既存の、民間の自動販売機の収益は落ちる。それはよいことなのかどうか。
自動販売機は知らないうちに全国に広がった。同様に、知らないうちに官公地に寄付金付きの自動販売機が並び、民間地の自動販売機が消えていくことがあるかもしれない。
[PR]
by epole | 2008-02-01 06:17 | 地域貢献型自動販売機