「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
塩尻市が有害自販機規制条例案要綱示す
1月29日付け信濃毎日新聞によりますと、長野県塩尻市は、28日、塩尻市青少年問題協議会と市議会福祉教育委員会協議会に対し、有害図書類の自動販売機を規制する条例案の要綱と、施行規則に当たる細目を示したとのことです。雑誌やDVDなどの自販機設置を届け出制とし、市が「有害」とみなした商品の収納を罰則付きで禁じる内容という。

長野県以外の都道府県では、都道府県レベルで「青少年保護育成条例」といったものが制定され、有害図書類とされるものの自動販売機での販売が規制されているので、市町村レベルでこのような条例の制定の可否についてすったもんだするのは奇異に感じられるかもしれませんが、この論議は過去のものではなく、いまこそ議論されるべき性質のものであります。

いま、私が注目するのは次の2点

1 自動販売機における年齢認証装置・・・年齢認証装置の進歩により、かなりの精度で自動販売機が年齢認証を行い、未成年に小品を販売しない体制が整いつつある。じっさい、地裁レベルでは、年齢認証装置のついた自動販売機について、違法性を問わない方向にあるように感じる。
2 大人のおもちゃ・・・販売店が少ないことにより、成人でも自動販売機以外で入手することが困難である。ということは、大人のおもちゃを収納する自動販売機の設置を規制することは、国民の知る権利を制限することとなるのではないか。

その他、青少年保護育成条例のない長野県では他都道府県より青少年の非行が多いのか。などなど議論の種は尽きませんなぁ。

それにしても、包括規定を行う場合の「規則」は、その条文自体がものすごく卑猥で、健康な中高生などは条文を読むだけで興奮してしまう内容なのだが、そのようなものが自分の住む自治体の公式規則になることを住民はどう考えるのだろうか。
塩尻市のそれは入手できていませんが、神奈川県の青少年保護育成条例施行規則はこちら

インターネットによりさまざまな情報が入手できる今日、自動販売機による有害図書類販売を集中的に取り締まる青少年保護育成条例というものは見直される時期にあると思うのだが、いまその条例を制定しようとする自治体の姿勢は旧態依然としている。

ところで、横浜市の施行規則では、規制すべき図書類の内容について、
(2) 性交又はこれに類する性行為で次のいずれかに該当するもの
ア 性交又はこれを連想させる行為
イ ごうかんその他のりょう辱行為
ウ 同性間の行為
エ 変態性欲に基づく行為
としているのだが、「ごうかん」という、道義上も法律上も許されない行為とその他の行為を並べているのはいかがなものか。
私見としては、ごうかんを助長するような内容のものについては規制対象とするもやむを得ない気がするのだが、その基準の設定が困難で、包括規定になじみにくい。

そういったことをもっと議論すべきなのだが、塩尻市ではこれを省略して3月定例会に議案を提出、7月の条例施行をめざす。
[PR]
by epole | 2008-01-29 21:32 | 成人向け自販機の黄昏
長野市が災害対応型自動販売機を導入したらしい
1月28日のお昼のNHKニュースを見ていたところ、12時15分過ぎの長野県ローカルニュースで、長野市が飲料メーカーと災害時の飲料提供について協定を結んだことを伝え、画面にはコカ・コーラ社の電光掲示板付き災害対応型自動販売機が映っていました。

これは重要な事項であると私は思ったのですが、そう思ったのは私とNHKのお昼のローカルニュース担当者だけだったようで、他のメディアを探すも報道がされていません。それなら長野市のHPでと思い探すも、長野市のHPにもありません。
それで、NHKのHPでニュースを見直そうとしたのですが、副検事が松本駅で特急電車を乗り過ごし、通過駅の田沢駅で電車を停車してもらったという記事に押されたためか、そこにも残っていませんでした。

わたくしの見たものは幻であったのか。そういえば、自動販売機について論文を書くうちに、頭のまわりを自動販売機がぐるぐるぐるぐる回るような感覚が!
(近日中に長野市役所に取材にいってきまぁす。)
[PR]
by epole | 2008-01-29 06:10 | 災害対応自動販売機
211,100 Counterfeit Euro Coins Seized in 2007
CoinNews.net が1月11日付けで、211,100枚の偽造のユーロコインが2007年に没収されたというニュースを伝えています。

欧州委員会は偽造のユーロコインの数は2007年に211,000枚と、2006年の163,800枚と比べて29%増えたことを報告した。
最も多い偽造硬貨は2ユーロコインで、全体の85%以上を占める。
ユーロコインの使用が2002年に始まった時からおよそ585,000枚が摘発されている。
それらの数字は警鐘を感じさせるが、欧州委員会はいくつかのプラス要因を指摘する。
1 偽造硬貨の伸びは鈍化している。
2 偽造コインの割合は、流通する750億枚のユーロコインの数に比べてわずかである。
3 発見された偽ユーロコインの総数は、じっさい、参加国がEU以前に経験したものより少ない。
a0003909_20245396.jpg


とまぁ、ここまで苦労して訳したところで、1月21日付けの日経ネットの記事。

「欧州単一通貨ユーロの偽造硬貨が急増し、欧州連合(EU)が加盟国に摘発強化を呼びかけている。欧州委員会のまとめによると、 2007年に確認された偽造硬貨は約21万1000枚。前年比で29%増え、05年に比べると2倍以上に膨らんだ。EUは加盟国に国境を超えた捜査協力や自動販売機の性能向上などを求め、偽造硬貨の流通を防ぐ考えだ。
偽造の種類は最高額の2ユーロ硬貨が全体の86%を占めるが、偽造50セント硬貨が前年比57%増えるなど、対象が拡大。07年はイタリアとスペインで偽造硬貨の鋳造所が摘発された。欧州委によるとユーロ硬貨の流通量は約750億枚という。」

これは苦労して英語を読むことはなかった。でも、日経ネットの記事には欧州委員会のポジティブなコメントが抜けている。結局、伝える記者の判断がものをいうのだな。
それにしても、ユーロコインは1セント、2セント、5セント、10セント、20セント、50セント、1ユーロおよび2ユーロの8つがあるのだが、偽造硬貨は高額のものに限られるのだな。
[PR]
by epole | 2008-01-27 19:51 | 自動販売機と犯罪
「F-secuirty(エフ・セキュリティ)」
大阪市中央区の株式会社フィールドワークスでは、「F-secuirty(エフ・セキュリティ)」という、自動販売機と防犯カメラを組み合わせたサービスを行っています。

㈱フィールドワークスのHPによりますと、これは「自動販売機の設置によって見込まれる収益をWeb式防犯カメラの設置・維持費用に充当する画期的なビジネスモデル」だそうで、「Web式防犯カメラの設置と同時に、オーナー様が所有・管理されている物件に飲料水の自動販売機を設置させて頂きます。もうお分かりかも知れませんが、この自動販売機を活用することにより、Web式防犯カメラ設置に必要な費用をまかなうため、オーナー様の負担をゼロにすることが出来るのです。」「さらに月々のWeb式防犯カメラ維持・保守についても自動販売機を活用することにより、オーナー様のご負担はゼロです(実際にご負担頂くのは自動販売機の電気代のみです)。」としています。

駐車場を経営する友人の話では、駐車場に設置する自動販売機というのは一般に路上に設置される自動販売機と比べると格段に収益が良いのだそうで、駐車料金を支払うにあたって小銭が必要なお客様が特に必要としない飲料を、両替代わりに買うのだそうです。また、自動販売機が夜間にこうこうと照らす明かりも防犯に役立つのだそうです。

「F-secuirty(エフ・セキュリティ)」を導入すると、自動販売機一台の収益が、そのままシステムの使用料に変わってしまい、さらに、いままでかからなかった(収益でまかなわれていた)電気代がかかるわけですが、主体となる駐車場の運営にカメラがどうしても必要なのであれば、導入を検討するのもよいかもしれません。
[PR]
by epole | 2008-01-26 08:48 | これからの自販機
ガンバレ!!ヤクルトスワローズ自動販売機
a0003909_629232.jpg「ガンバレ!!ヤクルトスワローズ」と、つば九郎くんの描かれた自動販売機が都内某所にありました。
ヤクルトなど、普通の自動販売機を置くよりも、このような自動販売機にしたほうが面白いのだけれど、オーナーが巨人ファンだったり阪神ファンだったり日ハムだったりすればやはり置かせてもらえないだろう、ここの所有者は誰だろうとみてみますと、リクルート姿の若者が入っていく。

ここはヤクルト本社だったのでありました。
[PR]
by epole | 2008-01-25 06:29 | 自販機いろいろ
物件検索モニター「モニタン」
1月7日付け週刊全国賃貸住宅新聞によりますと、自動販売機のフジタカは、賃貸管理・仲介会社向けの物件検索モニター「モニタン」を発表したとのことです。

モニタンというのはフジタカの自動販売機で前面にタッチパネル式で情報提供ができるモニターでありますが、このモニタンに不動産物件検索機能を持たせたということなのだな。

既存のネット回線を利用できる場合は、通常の自動販売機のリース料+1万円で導入ができるそうです。

あまり詳しい情報提供はかえって賃貸仲介業者を脅かしかねないし、情報の程度・範囲の選択が大事になりそうだ。ひとつの選択ですが、どの程度広まるかは、その情報の内容の是非にかかっている。
[PR]
by epole | 2008-01-23 21:29 | これからの自販機
自動販売機への有害図書類収納行為に不起訴処分
1月8日付け中国新聞が伝えるところによりますと、広島地検尾道支部は7日までに、広島県青少年健全育成条例違反容疑で書類送検されていた岡山市大福の図書類販売会社と同市の取締役男性、同社設置の自動販売機を管理する世羅郡の自営業男性を不起訴処分としたとのことです。

広島県世羅町宇津戸の小屋にある自販機4台に2006年2月、青少年に有害な図書類を収納したことに対し、広島県知事が広島県青少年健全育成条例による除去措置命令や撤去命令を行ったものの、これに従わなかったことから広島県警少年対策課と世羅署などが昨年10月に書類送検したもの。

これに対し会社側は「監視システムで免許証の提示を求めるなど対面販売だ」と反論していたようです。

年齢識別装置付き自動販売機による有害図書販売については、平成15年に東京高裁の判例がある(埼玉県青少年健全育成条例合憲判決)のですが、そこでは年齢識別装置が不完全なものだとして当該年齢識別装置付き自動販売機による販売は対面販売ではなく条例違反と判断されました。
今回の「監視システム」というものはどのようなものかよくわかりませんが、同様の事例で判例があるにもかかわらず、広島地検尾道支部が不起訴としたのは何か大きな変化があったことを感じさせます。不起訴の理由が気になるところです。

もしかしたら、監視システムについて画期的な革新があり、対面販売以上の青少年に対する販売抑止効果が認められたのかもしれない。そうだとすると、全国の都道府県の定める「自動販売機への有害図書類収納禁止規定は全くの有名無実となることだろう。
[PR]
by epole | 2008-01-23 06:19 | 成人向け自販機の黄昏
<たばこ自販機>成人認証義務化へ 財務省
自動販売機を見つめる日本人のまなざしをテーマに修士論文を執筆。1月17日に大学院に提出し、間もなく論文審査という段階にたどりつきました。

このブログを2004年に始めて以来初めての長期間の不投稿で、どのように復活するか途方に暮れておりましたが、本日のニュースは掲載しないわけにはいきません。

エキサイトニュースが伝えるところによりますと、「財務省は21日、未成年の喫煙防止のため、7月から全国のたばこ自動販売機に成人識別機能を付けることを義務化すると発表した」とのことです。

たばこの自動販売機を識別機能付き自販機とすることの義務化については神奈川県が条例で定めていますが、全国的にたばこ業界が対応することにより、国も同調することとしたのだな。

エキサイトでは、識別機能付き自販機を「タスポ」対応機のみとしていますが、実際はフジタカのカメラによる認識システムもあります。私としてはこちらのほうが優れたシステムとの印象があります。単にたばこ販売のみでなく、さまざまな応用がききそうですし。

ところで、有害図書等自動販売機をめぐる裁判では、認識してから商品を買うまでの有効とされる時間も争点となったのだが、タスポはどうなのだろうか。

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by epole | 2008-01-21 21:08 | たばこの自販機
引っぱるだけのあったかフード自動販売機
a0003909_85149.jpgあけましておめでとうございます。

大学院の先輩が、小谷駅でみつけたからと、自動販売機の写真を送ってくれました。
あったかい食べ物の自動販売機で、自動販売機には保温機能はついていないが、個々の商品自体に温め機能がついています。

これは電力削減へのひとつの形かもしれない。

先輩、ありがとうございます。さぁ、勉強、勉強。
[PR]
by epole | 2008-01-03 08:56 | 自販機いろいろ