<   2007年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
仙台の県営住宅にAED付き自動販売機
皆様、本年中は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

わたくし、修士論文の提出期限をまぢかにし、最後の追い込みも思うに任せぬ危機的状況にあります。
それで、たぶんこれから数日は更新がままなならぬ状況になるのではないかとの予感を覚え、とりあえず旧年中のごあいさつを申しあげます。

閑話休題

12月25日付けの河北新報によりますと、宮城県仙台市の県営住宅にAED付き自動販売機が設置されたとのことです。

設置されたのは仙台市宮城野区幸町の県営幸町住宅の敷地内で、ペットボトルや缶飲料の取り出し口の上部にAEDが組み込まれているとのこと。
近くの梶乃杜県営住宅では、高齢者が心臓発作で倒れて死亡する事件があり、地元住民が県に対し県営住宅へのAED設置を要望していたそうで、これを受けて仙台ビバレッジ・ネットワーク株式会社と宮城県住宅課が設置を決めたそうです。
AED設置と維持管理にかかる年間約40万円の経費は仙台ビバレッジ・ネットワーク株式会社が負担し、そのかわりに宮城県は本来発生する行政財産使用料を減免するとのことです。

県営住宅というのは気付かなかった。AEDがあれば、安心して入居ができますね。AEDの使用訓練等を通じて住民の連帯感や災害対応意識も強くなるかもしれない。これは使わない手はありません。

といったところで、今年の投稿予定は終了。論文作成に専念します。
皆様、よいお年をお迎えください。
[PR]
by epole | 2007-12-31 09:10 | 地域貢献型自動販売機
自動販売機の景観への影響評価分析2
a0003909_1756190.jpgさぁ、因子分析だ!なのだが、昨年受講した統計学の授業でもやっていない未知との遭遇。

とにもかくにも因子分析ソフトで分析を開始。これがなかなかわからない。
因子数は3としたのだが、因子3までの累積寄与率は69.26%。これは低すぎはしないのか。わからない。しかしながら因子4以降はなだらかなため、それ以降では切るタイミングがつかめないのだ。ちなみに固有値は因子3の段階でわずかに1を割る。
a0003909_18194779.jpgさらに因子負荷量(回転後/バリマックス法)を見て各因子の特徴をあらわすのだが、うまい言い回しがつかめない。そもそも-0.7169(目立つ―目立たない)は因子1に対して負荷量が高いといえるのか。実は分析ソフトが自動的に作った表では一番下にあったのだが、私の感覚では絶対値が大きければ負荷量が高いと判断して勝手に上にあげちゃったのだが。

それと因子得点のグラフ!
因子1(まとまり性)を横軸に、因子2(開放性)を縦軸にとり、80あるサンプルの因子得点をプロットしたのだが、どうか。ちなみに前述の論文では各1しか表示されないのはなぜなのだろう。(気になる人は論文をみてね。)

とりあえず、こんな表とグラフが出来上がった。一見よさそうなのだけれど、自信が全くありません。どなたか助言を頂ければありがたいのです。
[PR]
by epole | 2007-12-29 18:08 | 飛騨高山の自動販売機
自動販売機の景観への影響評価分析1
a0003909_6271980.jpg町並みに調和した色彩や装飾をまとった自動販売機が各地でみられるようになっていますが、それらをどう評価・分析すればよいか手法を模索していたところ、「CG画像による古都景観の評価・分析―自動販売機による景観への影響について―(宮腰隆、中嶋芳雄、高松衛、飯塚昌之)」という研究資料をみつけました。

これは古都景観のサンプルと、その上にCGにより自動販売機を配置したサンプルを用意し、各サンプルに対する印象をSD法によりイメージ評価するというもの。
これは面白いし、私にもできるかもしれない。

そこで、飛騨高山の周辺景観に調和していると思われる自動販売機を含んだ写真をもとに、現写真、自販機なし、赤色自販機、白色自販機の4サンプルを用意して、職場の皆さん20名に協力をいただいて調査をしました。

とりあえず各景観サンプルへのイメージの結果の平均をグラフに表してみました。
次は因子分析なのだが、どんな結果が出てくるだろうか。
[PR]
by epole | 2007-12-28 06:28 | 飛騨高山の自動販売機
盲導犬支援「ゆび募金自動販売機」
Net-IB 九州企業特報に「盲導犬1頭を届けるまであと674台!」という記事がありました。

財団法人九州盲導犬協会が盲導犬の育成・貸与事業を促進することを目的として実施している「ゆび募金自動販売機」設置による募金活動についての記事なのですが、、福岡県下の各企業・団体などから設置についての問い合わせや同協会への支援の申し出が増加しているものの、現在までの設置台数は26台にとどまっており、盲導犬1頭を誕生させるには、あと674台必要だというもの。これは本当に長い道のりなのだな。

九州盲導犬協会を支援する会のHPを見てみますと、”募金ができる自動販売機”として詳しく説明されています。「設置された自動販売機でジュースやコーヒーを買っていただけば、1本につき2円が九州盲導犬育成基金に寄付される仕組み」なのだそうです。それで、「1本僅か2円の寄付ですので多くの設置台数が必要です。1頭育成するのに、700台の設置台数が必要です。善意ある多くの方のご協力をお願いします。」としています。

盲導犬1頭育成するのに、約500万円かかるようだから700台の自動販売機で除すると一台当たり7,143円。1本2円だから一台当たり3,572本の売り上げを見込むのだな。一日当たりでは約10本なのだな。

このような運動は悪くないのだけれど、この運動に釣られて、余計な自動販売機が増えやしないかが心配。いま、自動販売機の台数は飽和状態とも言われており、置いたはよいけれども電気代分で赤字になる危険が多分にある。
盲導犬育成に支援をされるのであれば、既存の売上の一部を直接寄付していただいたほうが安全確実だと私は思います。
[PR]
by epole | 2007-12-27 05:44 | 地域貢献型自動販売機
顔で年齢識別のたばこ自販機in宮崎
12月25日付けで読売新聞が伝えるところによりますと、フジタカの開発した「カメラによる顔認証の機能で成人かどうかを判別できるたばこの自動販売機」が、宮崎市広島2の宮崎オリエンタルホテルと、高鍋町上江の山下精米所に設置されているとのことです。

喫煙者の皆様はご存じのとおり、現在のところたばこの自動販売機は町中のいたるところで誰の監視もなく設置されており、夜11時から朝5時までを除いて子供から大人まで誰でも購入できるようになっているのですが、来年に入ると鹿児島県と宮崎県の2月を皮切りに、全国で年齢認証装置付き自動販売機以外の自動販売機ではタバコが購入不可能となります。

現在のところ、自動販売機の対応としては、JT等たばこ会社によるたばこカード「タスポ」による対応が主導で、それ以外ではこのフジタカの方式だけとなっています。
自動販売機改修費用負担や客の負担を考えると、フジタカの方式が優っているのは一目瞭然です。ただし問題は実際の運用によるでしょう。
ちなみにフジタカ方式の自動販売機は、この11月に発売開始し、これまで関東を中心に約500台を販売したそうです。

さて、宮崎の2台のフジタカのたばこ自動販売機は、現在のところ通常の自販機としてたばこを販売していて、来年3月から顔認証機能を稼働させるそうです。
なぜ今から稼働させないのかな?
[PR]
by epole | 2007-12-25 20:33 | たばこの自販機
ちりとてちん
あんまりNHKの朝ドラ「ちりとてちん」が面白いので(小草若さん風にいうと「底抜けーっ」におもろいので)、自動販売機にも全く関係がないのに勝手にリンクを張ってしまいました。

そういえばこのドラマ、自動販売機がなかなか出てきません。先週草々さんが働いていた工事現場は期待したのですが、やはり出てきません。工事現場に自動販売機はつきものなのだが。。。
(草々さん、帰って来てよかったですね)

落語家といえば、あたしもなりたかったんですよ。落語家。故桂枝雀師匠の芸はすごかった。入門するならこの人と決めていました。高座名は・・・自分で勝手につけたんが「桂よん雀」。「落語界のよん様」って呼ばれたい~!(小遊三師匠か?・・・どうぞ突っ込んどくんなはれ。)

ところで、「はれ」で思い出しましたが、前作「どんど晴れ」のスペシャルと総集編が年末年始にあるようです。これも見逃せないなぁ。(あたしには、おしまいのほうの、セイン・カミュさんの悪人ぶりと、石原良純氏の善人ぶりだけが印象に残っています。そういえばセインさんは以前「さくら」のなかでも地上げ業者の手先を演じていました。あれはこんなあくどい業者だったのだな。さくら先生、小澤征悦さんを選んで正解です。。。それはともかく修論はどうした?あぁ!妄想が拡がる拡がる)


PS.12月26日放送のNHK朝ドラ「ちりとてちん」では、草原にいさんが年季明けの落語家さんの貧困生活について、自動販売機の下をのぞいて歩く姿をじっくりと語ってくださいました。
[PR]
by epole | 2007-12-24 13:28 | 番外
オランダのクロケットの自動販売機
以前「ヤレデキ 世界大挑戦」というテレビ番組でルー大柴さんがオランダのクロケット(コロッケのような食べ物。こおろぎではない。)の自動販売機を紹介していました。

広辞苑で「自動販売機」をひくと automat ということばが最初に出てくるのだが、このautomatとはファーストフードに限定した自動販売機のことで、現在ではオランダ以外の国ではほとんどが廃れているようです。(日本は特殊事情がありますが)

それで、ルーさんの番組はたまたま電車で移動中にワンセグで見かけたので急いでケータイに録画したものの、もっと大きく鮮明に見てみたいものだと願っておりました。

そんななかで見つけたのが「海外の情景」というブログ。見事にレポートされていますので覚えにリンクを張ります。

それにしてもおいしそうなんだな。
余談ですが、中国なら今後拳闘用のこおろぎ(クリケット)の自動販売機が開発されてもおかしくはないな。
[PR]
by epole | 2007-12-24 08:35 | 世界の自販機
全国初のミニ場外馬券売り場
12月19日付けでサカエ経済新聞が伝えるところによりますと、名古屋競馬を運営する愛知県競馬組合は12月18日、全国で初めて小規模の場外馬券売り場の設置を緩和する政府の構造改革特区を利用し、大須に自動発売機2台と払戻機1台を設置したミニ場外馬券売り場「サンアール大須」(名古屋市中区大須3)を開設したとのことです。

小規模の場外馬券売り場の設置を緩和する政府の構造改革特区は、第7次提案募集関係(平成17年 6月 1日~ 6月30日)で愛知県から提案されたものでした。

従来場外馬券売り場の設置に当たっては、農林水産省通達により、規模の大小にかかわらず「地域社会との調整が十分に行われて」いるとの要件の充足の証明が要件とされており、見込まれる収益に比して、時間と労力が多大であることがネックだったところですが、今回の特区による緩和措置により、地方公共団体が施設基準への適合性等について書面により認められた場合、「競馬法施行規則第59条に基づく場外設備の位置、構造及び設備の基準を満たしたものとみなす。」とされたもの。

この特区による緩和措置がどの程度の効果があったかは不明ですが、ギャンブル施設の設置は、よっぽどよく調整をしていただきたいものです。

地図を見てみると、馬券売り場は万松寺ビルという建物の2階の一角にあり、同フロアーにはデニーズとゲーセンと自動販売機コーナー、そして男女トイレがあります。
場外馬券場はいいとして、わたくしとしてはこちらに設置された自動販売機がどのようなものかのほうが気になるところです。馬形だったり、馬が「ひひ~ん」とお礼を言ったり、蹄鉄や馬油を売ったりはしないだろうか。
ちなみに消費者金融による貸金機は、業界の自主規制で設置はできないようだ。(便利だが破滅への一本道なんだな。)
[PR]
by epole | 2007-12-23 09:22 | 自販機の空間
オーストリアの自動販売機
オーストリアの地方都市には「手間のかかる」牛乳やソフトクリームの自動販売機があるという記事を「オーストリアこぼれ話」というブログで見つけたので、覚えにリンクを張ります。

あわせて、天使と悪魔の自動販売機がウィーンの教会にあるという記事を「ヨーロッパ 珍道中 とハーフの子育て」というブログで見つけたので、覚えにリンクを張ります。
[PR]
by epole | 2007-12-22 14:06 | 世界の自販機
パスタ缶の自動販売機
12月20日付けアキバ総研によりますと、秋葉原のチチブ電機の自動販売機で「パスタ缶」が発売になったそうです。

商品:
「まろやかホワイトクリーム コーン&マッシュルーム入り」
「さっぱり完熟トマト ベーコン&マッシュルーム入り」
「あっさりボンゴレ・ビアンコ アサリ&マッシュルーム入り」
価格:各300円

そういわれて思い出したのだが、長野市権堂のひよこパソコン教室の前にあった「カレーうどん缶」「やきとり缶」の自動販売機はいつのまにかなくなっている。
[PR]
by epole | 2007-12-22 11:03 | 自販機による販売戦略