<   2005年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
消えるお米自販機
a0003909_2129881.jpg安曇野では、どこの家でも稲刈りを終え、田んぼは稲もなく水もなく、ただ稲の切り株が、波のように規則的に端から端まで列をなしています。
この切り株を靴で踏むと、「ぶここぎ」といった感触でつぶれ、右足、左足と交互に株を踏みしめながら、いつのまきか目的地までの道をショートカットしているのです。
おかげさまでうちの田んぼでも、今年のお米は例年より多く収穫を得、さっそく食べ始めた新米(安曇野こしひかり)はとっても甘味があって、歯ごたえがあって、食事のたびに幸せな気分になるのであります。

この時期はどこのスーパーでも売っているのは新米であります。このぶんでいくと、自動販売機のお米も新米になって、でっかく『新米』って表示がされているのだろうと思って見に行ったのです。ところが・・・

お米の自販機がありません。以前置かれていた場所にないのであります。私が2年前に長野市中心市街地2k㎡の範囲を確認したところでは、4台の米自販機があったのであります。この春1台が撤去され、つい最近まで3台が稼動していたはずなのですが、本日3箇所を確認したところ、いずれも撤去され、空間もしくは飲料自販機へと代わっていたのであります。

米のような、その場で消費されず、一旦持ち帰り調理されることを要求するような商品は、自販機にはそぐわないというわけでしょう。いざとなれば、お米を売るコンビニがいくつも開いています。
都市の少しの空間も埋め尽くすように飲料自販機が次々と置かれていく中で、消え行く自販機の存在を知った次第。。。
[PR]
by epole | 2005-10-31 21:24 | 自販機の空間
中山竹通 安曇野の自販機前を走る
a0003909_2223989.jpg中山竹通選手といえば、オリンピックのマラソンで2度の4位(ソウル,バルセロナオリンピック)を記録するなど、1980年から1990年代にかけて、日本の頂点から世界の頂点を目指した名ランナーなのであります。
その走りの特徴は、レース全体のペース配分というものをまったく考慮していないかのような序盤からの圧倒的な飛び出しでありまして、35キロまでは無敵!それ以降は必ず失速し、披露困憊の姿でふらふらになってゴールするのであります。
圧巻は1987年の福岡マラソンで、やっぱり序盤から突っ走り、35キロでは当時の世界記録を49秒も上回るというものすごい速さで走り、その後急速に失速したものの、最終的に2位以下に大差をつけ、2時間8分18秒のタイムでふらふらになって優勝したのであります。

さて、その中山選手の出身地である安曇野池田町では、今年も『あづみ野池田ハーフマラソン(第17回)』が開催されました。
発着は中山選手の出身校である高瀬中学校。伸びやかな自然の中が会場となりました。
中学近くの交差点にダイドーの自販機が一台。その自販機前を、さまざまなカテゴリーの選手が左から右へと駆け抜けます。
そして、いま、背の高い選手が大きなストライドで自販機前を駆け抜けていきました。

中山選手は、今も故郷の人々に、走る喜びと楽しさを伝えつづけています。
[PR]
by epole | 2005-10-30 22:01 | 自販機の空間
ロボティック製品販売システム Zoom Shop
日本の自動販売機システムは世界一だとよく言われるのであります。

米国で、もし自販機が日本のように道端に置かれていたら、一晩もたたないうちに中身がすべて抜かれるだろうなどと言われるのであります。たしかに自動販売機あらしで逮捕された外国人容疑者からはそれに近いコメントもされましたが。。。

もうひとつ、欧州人は自動販売機が嫌いなんだという話も耳にしました。でも、パリ市街地にある、あの自動型公衆便所はどうなのだ。歩道の真中にあるトイレボックスに入ってお金を入れると壁から便座がせり出してくる、用をたし終わるとまた便座が壁に吸い込まれて洗浄される。
この、便座がびしょびしょであるという欠陥をもつ自動システムの普及をみるとき、実は欧州人は、このてのカラクリが大好きなのではないかと考えたりします。

そして、「ロボティック製品販売システム」の登場。
2005/10/24 10:23 IT media newsによると、Zoom Systemsの特殊な自動販売機「ロボティック製品販売システム Zoom Shop」では、i-Podの販売を行っている。この機械は2.13m×2.13mの大きさで、米国の空港やショッピングモールにおかれており、796枚の25セント硬貨のほか、クレジットカードとデビットカードでも購入が可能。
Zoom Systemsは、年内に100台以上のZoom Shopを稼働させたい考えで、来年には約600台の稼働を計画しているそうであります。

世界には思いもよらない自動販売機がこっそり繁栄していて、私たちはそれを知らない、ただの蛙なのかもしれない。
[PR]
by epole | 2005-10-28 21:59 | 世界の自販機
たばこ自動販売機に成人識別機能
10月27日、各社が一斉に報道しているのであります。

1 社団法人日本たばこ協会等は27日、全国約62万台のたばこ自動販売機に、2008年中に成人識別機能を搭載することを決めたと発表した。
2 未成年者のたばこ購入を防止するのが狙い。
3 ICチップを搭載した「たばこカード」を成人にだけ発行しする。
4 カードを自販機の読み取り部分にかざして、たばこを購入するしくみである。

なんて目新しくも無い、以前からの規定路線の決定を、画期的なことがいままさに決定されたかのごとく報道しています。それも、ただの先方からの提供資料を写しただけの。
どうしていままで青少年でも簡単にたばこを購入できる、法律に抵触するような自販機が設置できたのか、あるいは、どうしてすぐに成人識別機能を導入できないのかという点について、何の検証もされていません。
酒自販機はとっくに導入しているというのに。

追加情報として知っておきたいこと。

1 未成年者喫煙禁止法では、たばこを販売する者が未成年者の喫煙防止のため年齢確認等の必要な措置を講ずることを定めている。
2 ほとんどのたばこ自販機では年齢確認などの措置がされていない。
3 違法状態であるにもかかわらず、監督官庁である財務省はほとんど指導をしないままたばこ自販機の設置を容認してきた。
4 成人識別機能のたばこ自販機への導入決定は2001年。しかしこれまで導入実験を理由に業界は実施せず現在に至っている。
5 酒自販機では2000年から成人識別機能が導入されている。
6 成人識別装置敷設は2006年から開始するが、稼動は2008年である。これは業界保護のため以外のなにものでもない。
7 社団法人日本たばこ協会とは、日本たばこ産業株式会社、フィリップ モリス ジャパン株式会社、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン株式会社の3社だけが正会員として構成した業界団体である。

青少年保護のため、2008年まで待つ必要は無い。速やかに成人識別装置をとりつけ稼動するべし。
現状は法律違反であり、青少年が容易にたばこを買える状況の自販機は撤去をすべきである。


たばこ自販機を巡る未成年者への販売規制の経緯(4月10日付けブログを再掲)

1 明治33年3月7日 未成年者喫煙禁止法
  満20年ニ至ラサル者ハ煙草ヲ喫スルコトヲ得ス
2 昭和60年4月1日 たばこ事業法(専売公社民営化)
  製造たばこの小売販売の財務大臣許可制度(条件、期間の付与及びその変更、取消しを規定)
3 平成元年5月 たばこ事業等審議会答申
  (1) 設置場所・・・① 管理の行き届かない自販機について新たな申請に対し許可をしない。
             ② 現自販機について改善指導を行う。
  (2) 深夜稼動・・・自粛を小売店に要請する。
  (3) 未成年者喫煙防止に関する表示・・・全ての自販機に十分な大きさの表示を行うよう小売店等に対し指導する。
4 平成元年7月 たばこ事業法施行規則の一部改正
  自販機の設置場所について、店舗に併設等の条件を付すこととされ、十分な管理監督が期し難い場合は設置許可の取消し等の処分・指導となる。
5 平成元年7月 大蔵省通達「たばこ自販機の取扱いについて」
  (1) 管理の行き届かないたばこ自販機について、設置場所を変更する等の改善。
  (2) たばこ自販機の深夜稼動自粛について地域の実情に応じた取り組み。
  (3) たばこ自販機への必要な大きさでの未成年者喫煙防止表示。
6 平成12年12月1日 未成年者喫煙禁止法改正
7 平成12年12月 警察庁、大蔵省、厚生省の3省庁連名通達「未成年者喫煙防止対策の推進について(要請)」
  (1) 対面販売の推進
  (2) 管理監督の困難なたばこ自販機の撤去又は設置場所の変更
  (3) たばこ自販機の適正な管理の徹底
6 平成12年12月1日 未成年者喫煙禁止法改正
  条文追加・・・「第四条 煙草又ハ器具ヲ販売スル者ハ満二十年ニ至ラザル者ノ喫煙ノ防止ニ資スル為年齢ノ確認其ノ他ノ必要ナル措置ヲ講ズルモノトス」
7 平成14年2月 警察庁、厚生省、財務省の3省庁連名通達「未成年者喫煙防止対策の取組みについて(要請)」
  『年齢ノ確認其ノ他ノ必要ナル措置』の例示
8 平成16年3月9日 「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約署名、6月8日締結
9 平成16年8月 警察庁、財務省、厚生労働省の3省庁連名通達「未成年者喫煙防止のための適切なたばこの販売方法の取組みについて(要請)
  (1) 未成年者が自動販売機からたばこを購入しないよう確実な措置をとること。
  (2) 不良行為少年の補導の実態にかんがみ、ゲームセンター、カラオケボックス、コンビニエンスストア、スーパーマーケット等未成年の出入り立ち入りが多い場所では特に上記措置を重点的に行うこと。
10 平成16年10月 「製造たばこ小売販売業許可等取扱要領について」通達の一部改正
  たばこ自動販売機設置場所に関する基準の明確化
[PR]
by epole | 2005-10-27 23:47 | たばこの自販機
明治を売るコカ・コーラ
a0003909_2225029.jpg安曇野市役所にある2台の自販機のうち、右側の方は一般的な、コカ・コーラの自販機でありまして、コカ・コーラやらファンタやら、アクエリアスやらコーヒーのジョージアやらを売っているのであります。

対して左側の自販機は紙パック飲料を売っているのです。その内容は、
「明治 牧場発いちごオ・レ」、「明治 牧場発フルーツオ・レ」、「明治 VI-YOU」、「明治 はたらく野菜100せんいとオリゴ」、「明治 アクアブルガリア」、「明治 まろやか調製豆乳」、「明治 キリマンジャロブレンド(コーヒー)」、「明治 カフェ・オレ(コーヒー飲料)」、「明治 北海道牛乳」、「明治 牧場発バナナオ・レ」、「明治 ミニッツ メイド オレンジ・マンダリン100%」、「明治 ミニッツメイド レッド&グリーンアップル100%」、「明治 ミニッツメイド グレープ100%」、「明治 バンホーテンアイスココア」で、一部売り切れにより販売品目不明の2つを除く14品目すべてが明治乳業の製品だったのであります。

そのようなわけで、この自販機は明治乳業が設置したのだろうと自販機統一ステッカーを確認すると、なんとそこには「北陸コカ・コーラボトリング株式会社中南信フルサービスオペレーションセンター」との記載があったのであります。

そういえば、ミニッツメイドはコカ・コーラブランドでも販売され、コカ・コーラの自販機でも売ってはいるのですが、コカ・コーラブランドでない商品ばかり売る自販機の管理をコカコーラが行うという自販機に出会ったのはこれがはじめてでありました。

自販機で圧倒的な強さを見せるコカ・コーラが他社自販機の管理を行う。これは他管理会社にとって相当な脅威なのであります。
[PR]
by epole | 2005-10-26 22:22 | 自販機による販売戦略
安曇野市役所の自販機
a0003909_22555557.jpg10月23日は、旧穂高町、豊科町、三郷村、堀金村、そして明科町が合併して10月1日に誕生した安曇野市の市長選挙の投票日だったのであります。結果、旧穂高町長が、千余票の僅差で旧豊科町長との接戦を制し、初代市長に選出されました。激戦ではありましたが、今後は4候補者の皆さんには、協力して新しい市を支えていっていただきたいと思います。

さて、新しい市長を迎える安曇野市庁舎は、総合庁舎を旧豊科町の旧自治会館に置きながら、その機能を5つの旧町村役場等に分散する方式をとっています。旧自治会館はとても狭いため、とてもすべての機能をここだけに集中し得もしないのであります。

あまりに狭いのでここに自動販売機が置かれるということは想像していなかったのでありますが、10月に入ってコカ・コーラの赤い自販機が入り口脇に一台。そしてまた最近、紙パック飲料を売る自販機がその横に一台設置されたのであります。近く(徒歩1分40秒)には地元の商店や、道の向かい(徒歩2分)にはセブンイレブンもあるのですが、なるべく近くで手軽に飲料を仕入れたいという人の欲望を強く感じ取る出来事ではあります。

どうせ新たに市役所に自販機を入れるなら、せめて災害対応型にと思うのですが、市役所ではそこまで気が回らなかったようで、通常の自販機設置となってしまいました。
まぁ、これからこれから。
[PR]
by epole | 2005-10-25 22:55 | 自販機の空間
葉巻の自販機
a0003909_2111218.jpg8台ある自販機のうちの一台。

葉巻といえば、なかなか近所で吸っている人もなく、あまり一般的ではなさそうなのでありますが、刑事コロンボでは、ピーターフォーク扮するコロンボ警部が、のべつ葉巻をくゆらせていたことが頭に焼き付いているのであります。
ある犯人は葉巻入れをあけたら爆発するように爆弾をしかけて被害者を殺害するのですが、後にそれにそっくりな、コロンボいわく現場に落ちていたという葉巻入れを開けるという能天気そうなコロンボにロープウェイの中で脅されて犯行を白状してしまうなどという、そんな事件もありました。でも、数年前アメリカを旅したときは、カリフォルニア州、ユタ州はもちろん、ネバダ州でもたばこを吸う人にはほとんど会いませんでした。アメリカでは自由の中身も進化していく。

で、葉巻です。8台並んだたばこ自販機のうち、中央の緑色の自販機では葉巻が販売されているのであります。

先週の笑っていいともにはTRFのサムさんが出ていて、習慣性のたばこを止めるには葉巻がよいと話していました。まぁ、本人はよいのです。でも、周囲の人がフィルター通さないで毒素を呼吸させられるという状況は同様なのだけれど、気づいているかな。
[PR]
by epole | 2005-10-24 21:02 | たばこの自販機
8台並んだ。。。
a0003909_2224871.jpgいちど自販機という手間のかからない、お客さんの顔も見ないでただ朝起きるとお金が機械にたまっているという世界になじみますと、自販機の設置者は本来の”商売”を忘れシャッターを閉ざし、道路に面した本の少しの空間も残さぬように自動販売機をできるだけ多く設置するのであります。

これまで見た中で印象に残っているのは松本市内(旧東筑摩郡四賀村)にある商店で、一箇所に10台置かれた商店(なんとか店舗も営業中)と、9台置いた商店(店舗は閉鎖されている。)でありました。
旧四賀村は自動販売機により正常な店舗の営業ができなくなった典型的な地域だと思うのですが、それでもこの並んだ10台やら9台やらの自販機の中心は飲料で、さまざまなメーカーが競っていたのであります。

本日長野市内で気がついたのは、店舗がどこなのかわからないアパート前の自販機群。たばこの自動販売機が8台並んで置かれています。
たばこ吸いというのは結構銘柄にこだわるようで、やたらに多くの銘柄やら長さやらが販売されていますが、これだけ自販機があれば、すべてが手に入るのかもしれません。
それで、店員のいない休日でも、おとうさんおかあさんは自分の好きな銘柄を安心してここで買うことができ、真っ当なたばこ屋さんでたばこを買えない子供たちも、誰にとがめられることもなく、ここでたばこを買うことができます。

スモーカーやたばこ業界や財務省は、子供の保護よりも、たばこを買う便宜のほうが大事なようです。(スモーカーは気づいていないのだろうけど。)
[PR]
by epole | 2005-10-23 22:22 | たばこの自販機
正念場
自分の周りの、とても狭い範囲で世界を判断してしまう傾向があって、自分の周囲でおこった出来事が世の中の一般的な傾向だと勘違いしてしまうので気をつけなくてはならない。

たとえばこの(2005年10月)20日の8時半ごろ上田市内の信濃鉄道で79歳の男性が鉄道事故で死亡し、同日午前11時過ぎには安曇野市内のJR篠ノ井線で71歳の女性がこれまた鉄道事故で死亡した。いずれも自殺とされており、71歳が年寄りかどうかはおいて、高齢者が鉄道自殺するという傾向があるのではないかと感じたりする。

自販機については、実際に被害自販機数台に遭遇したり、10月20日付け東奥日報で、「青森県内自販機荒らし多発で警戒強化」という記事を見て、昨年に比べて自販機あらしは減少とされていたが、年後半の状況をみると、最終的には増加するのではないかなどと思ったりする。

記事によると、特に被害が多いのは郊外の人通りが少ない場所にある自販機で、バールで扉を破壊し札束が入った部品をそのまま持っていく手口が目立つそうな。しかしながら、修理代に数十万掛かるケースもあり、現金の被害より修繕費の負担の方が大きいというメーカーの話も引用されている。どの被害自販機もそうなのだろうと思う。でも、決して自らは撤去はしないのだろう。
そんな自販機のため、青森県警がパトロールを実施したり、防犯指導隊員が定期的に実施しているりんご盗難パトロールを自販機保護にも活用したいとの話。ただでさえおまわりさんの仕事が多くて、不在交番が多いというのに。
何度もいうようだけれど、自販機業界は防犯についておんぶに抱っこで、この状態で本当によいのか。
自販機が社会的に認知されつづけるかどうか、実は今の業界の対応が正念場ではないか。

そういえば、一時期外国人による自販機荒らしが多く大きく報道されていたが最近はない。外国人による自販機荒らしが減少したのか。そういう差別的報道を自粛したのか。どうなのだ。
[PR]
by epole | 2005-10-22 08:14 | 自動販売機と犯罪
月がきれいな
a0003909_026577.jpg今夜は月がとてもきれいなのです。月に照らされた北アルプスも、その稜線のきわで光っている星たちも。
ぐるりを見渡せば、稲刈りの終わった田んぼも、その先の畦も潅木もはっきり見えます。
まるで子供のころ、小学生のころみたのと同様に。

さて、以前松本市の国府町バス停前で自販機被害にあった商店を紹介しました。この前10月8日の試験の日の朝、お巡りさんが二人、その店に入っていったのを見かけたのです。
それからもう10日を過ぎ、再び国府町バス停前にやってきたのです。

自販機はそのままですが、店舗の入口はガラスでなく木の扉と変わっていました。応急の措置らしく、「営業しています」の張り紙が添えられていました。
どうやら、お店もなんらかの被害を受けたようです。このブログの影響ではなければいいのですが。。。

お月様のそばには火星が赤く光ります。大接近中で、11月初旬にもっとも近づくそうです。
[PR]
by epole | 2005-10-21 00:27 | 番外