「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧
被害自販機修復される
a0003909_2341166.jpg一昨日の早朝に荒らしにあったたばこの自動販売機は次々と修復されています。
豊科町の薬局前たばこ自販機では買い物をする人の姿が見られ、ここ、国府町バス停前にある化粧品店先のたばこ自販機も以前と同様に販売を開始しています。

角度を変えてみてみますと、たばこ自販機と店舗との関係がみえてきます。
自販機が置かれる前は、ここにはたばこの販売窓口があったようです。ちょこっと突き出したガラスのたばこ陳列ケースが明るい店内と見事に調和をしています。
ところがここに、たばこの販売促進のみを優先して、どんと自販機が2台、美しい店先のディスプレイにかぶさって並んで置かれたのであります。

おかげでたばこの販売はさぞや増えたことでありましょう。たばこの販売だけをとれば。

せっかくの美しい店先を見えないようにふさいで、いままで店にたばこを買いに来てくれたお客を外の自販機で追い返してしまう。店先が無粋なため本来の化粧品を目的とした客も減ってしまう。
それでもなお、タバコの売上があるから自販機が全体の売上を減らしているなどとは夢にも気がつかないのであります。
[PR]
by epole | 2005-09-29 23:40 | 自動販売機と犯罪
被害自販機 その2
a0003909_7382760.jpgそういえば、豊科町にある薬局前のたばこ自動販売機の前でもおばちゃんとお巡りさんが話しをしていたような記憶があるのであります。もしかしたらもしかすると思い確認しに行きますと、案の定もしかしていました。
2台並んだたばこ自販機のうち右がわの自販機の扉がひしゃげていて、内部が露出しています。どうやらたばこ自販機は右開きのものが多いようで、犯人は右側を狙うのでありましょうか。扉が必要以上に開いていないのは、目当てが金銭であることを示しています。自販機はそこいらじゅうに散在しているので、一箇所では一台の自販機を荒らし、次に向かっていくのであります。

さて、そのほかに被害自販機はないかと見回ったところ、豊科から穂高に向かう国道147号線上で、扉をガムテープで固定された哀れなコカ・コーラの自販機を発見しました。
この自販機も右開きで、扉は頑丈な金具で固定をされているのですが、犯人は扉の反対側(蝶番のほう)をこじ開けているのであります。
こちらからだと金銭箱が遠くなるため、結構思いっきり扉を開いたようで、前に見た自販機とは違って扉が大きくひしゃげています。

自販機という販売方法にはいろいろ思うところがあります。でも、このような姿をみると、せつないなぁ。
[PR]
by epole | 2005-09-29 07:39 | 自動販売機と犯罪
被害自販機
a0003909_955028.jpg松本駅の手前、「国府町」の停留所にバスが止まったとき気づいたのであります。
バス停の脇のたばこの自動販売機の扉がゆがんで中が十センチほどのぞいているのであります。正面には「故障中」の張り紙。
これは非常事態であります。私は急いでバスを降りたのであります。

どうやらこれは、9月27日未明に松本市や安曇野で相次いだ自動販売機荒らしの被害自販機のひとつのようです。
今回被害にあった自販機は、いずれも、ドア部分のすき間に金具をねじ込んでこじ開ける手口なのだそうで、警察は同一犯が車で移動しながら犯行を繰り返した疑いもあるとみて調べているようです。

この場所では、2台並んだ自販機のうち、右側だけが被害にあっています。右のほうが扉を開けやすかったからかな。それにしても、このように人通りが多く、見通しのきく場所で粗暴な行為が行われたのには驚きを覚えました。

なお、被害にあったたばこ自販機を置いているのは化粧品やさんなのですが、この際、たばこ自販機なんか撤去して、店先を美しくするというのはどうかなぁ。自販機のため店内が見えにくいから、本来のお客をずいぶん逃していると思うのだけれど。
[PR]
by epole | 2005-09-28 09:54 | 自動販売機と犯罪
酒自販機の現状
a0003909_6394213.jpg株式会社税経という会社のホームページによりますと、年齢認証装置のない酒自動販売機の4月現在の設置数は3.1万台で、昨年に比べ1.2万台ほど減少したそうなのであります。一年でずいぶんと減ったものであります。

対面販売が義務付けられているはずのたばこ自販機が野放しになっているのに対し、酒自販機については業界団体の自覚と、主管する厚生省が国民の健康や青少年の保護を司る組織であることから早くから酒の自動販売機による未成年者に対する購入防止対策がとられ、平成8年3月末で18.6万台あった酒自販機が、この4月で前述の台数となったのであります。

ちなみに成人識別機能つき酒自動販売機の台数は1.9万台。酒自販機の総数は9年前と比べて4分の1強の5万台という計算になるのであります。

この状況を見ると、たばこ税を司る財務省が、たばこ自販機規制に消極的な理由もよくわかるのであります。
[PR]
by epole | 2005-09-27 06:40 | 自販機の空間
そもそも
そもそも人間とは、常に水分を補給したい存在なのかもしれません。

それは、太古の昔、この地球上に生命が誕生して以来の習性。お魚のような存在が、陸上に上がってどれだけの有給の年月が経った今でさえ、われわれは常に液体の中に漂うことを欲するのであります。ゆえに、街角でなにかの飲料を指し示す存在があれば、自身の状況により差異はあるものの、DNAからのどの渇きが導き出されるのであります。

飲料の味付けなどはあとから学習されたものでありますので、この際体内に取り込むについては清水でも水道水でも飲料でも大差ないはずですが、清水はここ信州でもなかなかめぐり合わず、水道水は「殺菌」という大義のため「まずい」ものという刷り込みもされています。もはやわれわれは自販機にさそわれるまま行動するしかないのであります。

飲料自販機と同様に世の中に林立する自販機にたばこ自販機がありますが、それも、常に煙の中で息をしていたいという喫煙者の本能に基づくものなのかも知れませんね。
[PR]
by epole | 2005-09-25 10:00 | 自販機の空間
一物二価の例
a0003909_23535243.jpg大好きな豊科サティの食料品売り場では、コカ・コーラ社の『爽健美茶』500ミリリットル入りペットボトルを90円で販売しているのは前に述べたとおりですが、その売り場に一番近い北出口(警察署側出口)をでたところにある自販機コーナーでは、同じ商品が150円で売られているのであります。
距離でいえば、ほんの数十メートルのところに存在する一物二価。その価格差は1.67倍にも達します。

わたくしなどはこの価格差の前に愕然とし、この自販機では決して商品を購入しようとしないのでありますけれども、見ていると、この自販機で飲料を購入する人が結構多いのであります。

どうやら消費者は、商店でものを購入するときと、自販機の前に立ったときでは全く別人のような消費行動をとるようなのであります。それはつまり、商店に入って商品を購入しようという場合には、一円でも安いものを見極めているのに対し、一歩外に出て自販機前に立ったとたん、商品やその価格に無頓着となり、夢見るお殿様のように買い物をしているのであります。

それは、そもそもわれわれ消費者に、「自動販売機では定価販売が当たり前」との刷り込みがされていることに起因するものと考えられます。そして、飲料くらいの価格内であれば、「まぁ、いいか」というようなあいまいな動機付けにより安易に購入が決定されるというわけであります。
[PR]
by epole | 2005-09-21 23:53 | 小売店の今
流通
唐突ですが。。。

コンビニには3,000もの売れ筋商品がならんでいるそうなのであります。そしてそれらは次々に淘汰され、一年では3分の2の商品が入れ替わるともいわれます。消費者の嗜好がこれだけ多様化し、それに呼応するかのように、かつての家電製品のように次から次へと新たな加工食品が開発、宣伝され、それを消費者が求めるようになりますと、もはやよほどの専門性を持たないと、単体での小売店の維持は困難なものと思われるのであります。

かつての小売店でも、お店の看板に「フジパン」とか「コカ・コーラ」とか、メーカー主導の系列チェーンが存在していましたが、いまでは「フランチャイズチェーン」とか「ボランタリーチェーン」など、小売り主導による小売チェーンが主体となってきました。

そんななかで、昔ながらの単一メーカーの系列の流通販売を貫いているのが自動販売機であります。自動販売機を多数設置することにより、宣伝効果と市場占有率を高め、定価販売により高収益を確保します。

自販機がかつての系列小売店のように淘汰されていくのか、それとも専門性の高い店舗として認知され続けるのか。これも確認したいのだな。
[PR]
by epole | 2005-09-20 23:30 | 小売店の今
サティの二週間目
a0003909_21413523.jpgサティ豊科店の「お客様の声にお答えいたします」のコーナーに、「今後は点検の回数を多くし、つり銭切れもない様にいたします。」の回答を発見したことを受けて、引き続き状況を探っていたのであります。

9月12日から16日までの4台の自販機の商品売切れ状況
○エスカレーター下A・・・9/12 マイルドセブンワン100'sBOX、9/13 マイルドセブンワン100'sBOX、9/14 キャスターワン ロングサイズBOX、9/16 マイルドセブンワン100'sBOX
○エスカレーター下B・・・売り切れなし。
○東入り口・・・9/16 マイルドセブンワン100'sBOX、ケントウルトラ1 100'sBOX
○北入り口・・・9/16 ケントウルトラメンソール 100'sBOX

今週はエスカレーター下A自販機でのマイルドセブンワン100'sBOX売り切れが目立ちました。売り切れのある自販機とそうでないものの落差が激しいのであります。

前週と比べると、若干の改善がされたのかな。
それにしても、飲料の自販機にはほとんど売り切れがないのにタバコの自販機にこれほど売り切れが放置されているのはなぜなのだろう。
[PR]
by epole | 2005-09-19 21:40 | たばこの自販機
松本市春日町
a0003909_10164211.jpg春日町は大名町にあった遠兵からぱんじゅう屋さんにぬける一方通行道路で、かつては家具屋さんが両側に立ち並んでいたのですが、いまは再開発により遠兵はすでになく(伊勢町に移転)、家具屋あとは不思議店舗となっています。
そんな松本市春日町を歩行中に発見した自販機の足元なのであります。

自販機の足自体は地面に固定されているのですが、それとは別に自販機の下部から20センチほど手前までアームが出ていて、その先で自販機をさらに支えているのであります。
これなら万一店舗がこわれても自販機が道路がわに倒れることはないし、もしかしたら家屋の崩壊を防ぐ効果があるかもなんて期待をもたせるのであります。

そんな春日町には、昔からのカレーのデリーや洋食の翁堂もしっかりと残っていて、見て歩きにも食べ歩きにもあきない道なのだぁ。
でもあたしが一番好きなのは、カタクラモール(ジャスコ)の敷地のど真ん中に今も残る「カフラス」の古る~い建物なのだなぁ。。。
[PR]
by epole | 2005-09-18 10:16 | 自販機の足もと
一物一価 四
9月10日付けasahi.comで掲載されたセブンイレブンにおけるペットボトル飲料値下げに関するニュース(見出しは「小売り「仕入れ値」で攻勢」)ですが、9月16日付け毎日新聞では、「<飲料値下げ>セブン―イレブンとメーカー、激しい綱引き」という見出しで解説されています。

asahi.comの方が一週間弱早く記事にしており、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長のコメントも掲載するなどアドバンテージがあるはずなのですが、一週間の機関はあるとしても、毎日新聞のわかりやすい記事を読んでみると、asahi.comの記事はだいぶ不親切な、説明不足のものだったと感じるのであります。

しかし、asahi.comの記事がわかりにくく理解不能であったゆえに、チェーンストアの仕入れなどについて勉強を始めてしまったのでありまして、何が幸いするかわからないのであります。
[PR]
by epole | 2005-09-17 07:40 | 小売店の今