「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
アフロ系美女自販機
a0003909_20563248.jpg上海にも「美女自販機」出現、アフロ系で勝負
中国情勢24 発信:2005/01/24(月) 17:26:21

福建(ふっけん)省・福州(ふくしゅう)市に突如登場して話題を呼んだ「美女自販機」が、今度はビジネスの街、上海市にも姿を現した。23日付で中国新聞社が伝えた。
写真が「美女自販機」。チャンと貨幣の投入口もある。しかし商品は手渡し。赤がベースとなった奇抜なファッションは遠くからでも目立つ。「今度はアフロ系で、売り上げ倍増に勝負!」といったところ。
出張などで上海を訪れる日本人ビジネスマンは非常に多い。現時点では、好奇心の強い若者の間で人気が出始めているとのことだが、近いうちにビジネスマン御用達の自販機になる可能性も!?(編集担当:田村まどか)

昨日の『美女自販機』のリンクで『アフロ系美女自販機』。いずれも『スプライト オン ファイアー』という商品を扱うものです。
ちなみに『スプライト オン ファイアー』はしょうが味のスプライトで、2003年12月にCoca-Cola中国社から香港で売り出されたもののようです。
これまでの私の常識では、自販機は「人件費を省く目的のため、無人販売を行うもの」だったのですが、これは全く異なるものです。タバコ屋の看板娘を赤い箱に入れたようなものですね。
でも、私はアフロ系でスプライトを購入するには若干の躊躇があります。

そういえば、商店が数店あれば、感じのよい店員さんのところに買いに行きますね。
松本駅前のマクドナルドでマックシェイクを買うと、カップの上から1センチほど下くらいまでしか入れてくれない(量が少ない)ので、いくら店員さんが可愛らしくて親切でも買いません。
権堂店で、ふちまで一杯のマックシェイク(カップは同じだが断然量が多い。)を購入するのであります。こちらの店員さんもやはり可愛らしくて親切なのです。
[PR]
by epole | 2005-01-31 21:38 | 世界の自販機
美女自販機
a0003909_18303461.jpg「美女自販機」登場、破壊行為に究極の解決策
中国情勢24 発信:2005/01/03(月) 15:44:01

福建(ふっけん)省・福州(ふくしゅう)市で一昔前に大流行した「無人自動販売機」が、「有人自動販売機」になって街に戻ってきた。中国新聞社が伝えた。
「無人自動販売機」は、ほとんどが人為的に破壊された。しかし、このたび登場した「有人自動販売機」は、硬貨を入れると中の女性が、必要な商品を手渡ししてくれるというシステム。
新自販機は、商品だけでなく、中にいる女性の容姿もはっきりと見ることが特徴。美女からジュースを受け取れるとあって、写真の男性も思わず顔がほころぶ。破壊行為防止と売上げ増の一石二鳥、「まさに究極の解決策だ」との声も。(編集担当:田村まどか)

自販機といいますが、ちゃんとした対面販売。あたしなら一日に何回も通ってしまいそうです。
日本にも登場しないでしょうか。
[PR]
by epole | 2005-01-30 18:34 | 世界の自販機
災害対策用自動販売機
今日、日本テレビ系列の『世界一受けたい授業!!』という番組に「自動販売機の文化史」を執筆した鷲巣力さんが出ていました。鷲巣さんは自販機に関するうんちくを語り、一部には興味深い内容もありました。そのひとつが『災害対策用自販機』の存在でした。

東京都千代田区役所には、災害対策用自動販売機が設置されているそうです。
千代田区HPを拝見しますと、この飲料用自販機では、災害時に無料で内部の飲料を供給することができる他、電光掲示板で情報を表示することができるとのことです。
災害時に無料で商品を供給する『フリーベント』という機能は、災害初期の支援に有効であるということで、一部には導入を進める動きもあるようです。

これまで災害時には路上で転倒するなどただの障害物にすぎなかった自販機が役立つとすれば、これは素晴らしいことではあります。そこで、とりあえず机上で考えた課題を申し上げます。
1 自販機はしっかり固定され、決して倒壊により人に危害を加えたり、道路を塞ぎ災害救援活動を妨害することがないこと。
2 『フリーベント機能』は停電時にも機能すること。千代田区の自販機は外部パソコンから操作されることから、停電時の対応に不安があります。
3 災害時には、多くの人々が殺到することから、秩序ある飲料の配分が可能となる工夫があること。

生活圏に商店があれば、自販機を開けなくても、自販機がなくても無料で飲料や食料は供給可能でしょう。それゆえ、災害対策用自販機の存在は、積極的に自販機の存在を肯定するものとはなりえないと考えます。
しかし、自販機そのものだけを見て判断する一部の御用学者やメーカーにとっては、大変によい宣伝とはなると思います。
それに踊らされるマスコミと市民の反応が心配です。
[PR]
by epole | 2005-01-29 22:15 | 自販機いろいろ
大学生逮捕
たばこ自販機で偽1000円札使用、大学生ら2人逮捕

千葉県警松戸東署は27日、同県松戸市八ヶ崎、私立大学2年和田哲典容疑者(21)を偽造通貨行使の現行犯で逮捕、同県船橋市駿河台、無職新谷泰三容疑者(20)を同容疑で逮捕した。
和田容疑者は同日午前2時50分ごろ、松戸市小金原の雑貨店のたばこ自動販売機で偽の旧1000円札2枚を使い、警戒中の同署員に取り押さえられた。逮捕時、偽1000円札を約70枚持っていたという。一緒にいた新谷容疑者は逃走し、同日夜に逮捕されたが、容疑を否認しているという。
調べでは、和田容疑者は「自宅アパートで、パソコンとスキャナーを使って作った」と供述。偽札は印刷が不鮮明なうえに色が薄く、透かしもないという。
この自販機では、今月21日に20枚、23日にも13枚、同様の偽1000円札が使われており、同署が警戒していた。
(読売新聞) - 1月28日13時4分更新

このような稚拙な犯罪をやるのはどんな人物かと思いきや、大学生でありました。
そういえば、電車内で集団痴漢行為をはたらいたのも大学生でした。
(そういえば大学の後輩に、警察寮に下着泥棒に入ってつかまった輩も居りましたが・・・)
まことに情けないことであります。
面白半分の犯罪は、大した利益も得ることがなく、社会的制裁を受けるのであります。
[PR]
by epole | 2005-01-28 22:13 | 自動販売機と犯罪
善意は報いられるか
飛島村:住民らが防犯パトロール隊結成--蟹江署の要請受け /愛知

◇「自分の村は自分たちで守る」
飛島村役場で26日、住民による防犯パトロール隊「ふくろうクラブ」(鈴木正徳代表)の設立式が行われ、40人が参加した。蟹江署の要請に応じて村が村民に参加を呼びかけたもので、村は巡回用自動車3台を準備するほか、同署員が講師を務める講習会を開いて隊員増加を図る。
県内の昨年の自動販売機荒らしは全国最多で、390件の飛島村は人口1人当たりの発生率が全国市町村のワースト1位だった。同署管内では昨年、蟹江町や弥富町で住民の自主防犯パトロール隊が結成されている。
式では、久野時男村長が「無理のない体制の中で、住民の安全が守られるような組織を作って下さい」と話し、蛍光塗料で光るベストや、「防犯パトロール」と書かれた車に付ける蛍光板などを隊員に渡した。
同村竹郷の農業、早川盛行さん(56)は「今の派出所の署員では村の隅々まで回り切れないと思う。自分の村は自分たちで守るのが普通じゃないだろうか」と決意を話した。【甲斐喜雄】
1月27日朝刊(毎日新聞) - 1月27日16時50分更新

愛知県飛島村ホームページによりますと、村の人口は平成13年10月1日現在4499人(1214世帯)で、この人口で390件の自販機あらしとは、やはり常軌を逸した数字であります。
そこで、村民の100人に一人が参加して防犯パトロール隊の結成となりました。皆で大切な自販機を守るわけですね。

自販機の管理は誰がやっているのでしょうか。自販機の商品は誰が供給しているのでしょうか。
ボランティアによる防犯パトロール隊は尊いものです。
ただし、その行為が守る最大のものは飲料メーカーやベンダーの利益であり、それらの会社の存在する自治体の税収であります。
地域の善意が地域の富を流出させてしまいます。この善意にメーカーやベンダーは報いないでいられるのでしょうか。
[PR]
by epole | 2005-01-27 22:03 | 自販機ニューズ
同一犯!
110番・119番:熊本で偽旧1000円札 /熊本

熊本市下通の喫茶店で20日、偽の旧1000円札1枚が使われたことが分かった。同店員が2人連れの男性客が支払った1000円札2枚のうち、1枚の透かしがないことなどに気付き通報した。偽造通貨行使容疑で捜査している。偽札は一昨年1月、県内の自動販売機で大量に使われた偽1000円札と記番号が同じだった。(県警捜査2課など調べ)
1月25日朝刊(毎日新聞) - 1月25日17時11分更新

以前から述べておりますように、対人販売で使われる偽札と、自販機で使われる偽札は、全く製造過程が違うのであります。
にもかかわらず、今回のそれぞれの偽札が同じ番号であるというのは、すなわち同一犯がそれぞれを作り分けて使用したということであります。
偽札を作り使用しようとするひとは、それほど多くない。安心するとともに、犯人の欲深さと執念に恐ろしいものを感じます。
でも、そのうちちょっとしたことから捕まることでしょう。
しょせん、その程度のものです。
[PR]
by epole | 2005-01-26 22:07 | 自動販売機と犯罪
地域密着と本物志向
「地域密着と本物志向」-奈良市で新春講演会【県中小企業家同友会北和支部】

県中小企業家同友会北和支部(小川敏幸支部長)はこのほど、奈良市法華寺町の奈良ロイヤルホテルで新春講演会を開催し、県内の中小企業経営者ら約180 人が集まった。中小企業の経営革新で定評のある吉田敬一駒沢大学教授が講演し、地域の中小企業の存立する条件など踏み込んだ分析と指摘をした。特に地域の中小企業を全国ネットのファストフード店と対比し「イタリアで生まれたスローフード、スローライフに本物指向の生活、ビジネスがあり地域密着の中小企業が進む道」と語り、地域のこだわり、本物指向といった個性的な独自性をめざす重要性を指摘した。
講演会を前に、主催者を代表して小川敏幸北和支部長が「中小企業家同友会の運動で求められているのは、基本的には中小企業自社にとっての経営理念や指針作り、その一方で中小企業憲章の制定や中小企業振興の基本条例作りがあり、地域の発展のために努力したい」とあいさつした。
続いて、吉田教授は「日本経済の行方と地域になくてはならない企業づくり」と題して講演。同教授は日本、ドイツ、イタリア3カ国の自営業者数を1980 年、90年、2000年の時系列で紹介。ドイツは微増、イタリア横ばいに対して日本が急激に減少している点を明らかにし、中小企業政策の欠陥を厳しく指摘した。
その上で「今、日本国内の地域に起きている特徴は、どの都市でもサラ金の看板、自動販売機、24時間型のコンビニが目立ち、これらが目立てば目立つほど、その地域の個性や地域社会の計画性が失われている。地域経済が疲弊し、まさに国造りが危うくなっている」と述べた。
(奈良新聞) - 1月24日11時15分更新

わたくしが強く感じている農村部での生活の礎となる商店の衰退。それは都市部においても同様で、これを吉田教授は中小企業政策の欠陥としてとらえられたようです。
企業の『自由な競争』が地域の個性を失わせ、地域経済が疲弊していく。そして、農村部では日常生活を営むに必要な生活基盤である商店が失われ、手段をもたない人々は、福祉的に人に頼らなければそこで生活することができなくなります。
どこかで計画的政策を行わなければ。あるいは企業のCSRに期待できないものでしょうか。
[PR]
by epole | 2005-01-25 22:23 | 自販機ニューズ
自販機関連企業の社会的責任
a0003909_4545111.jpg長野市役所前交差点に2台並んでいたダイドーの自販機。
向かって左側の自販機の電気が数日間切れている状態が続くなどしていましたが、ついに一台が撤去されました。もともとここに自販機を2台置くだけの需要がなかったのでしょう。

自販機は電気さえあればたいがいのところに手軽に設置でき、販売が不振であればこれまた簡単に撤去され、他に回されます。

自販機業界だけならよいのです。コカコーラやサントリーやダイドーや、それぞれの自販機同士がシェアを奪い合い、儲からない自販機が撤退してゆくだけなら。
問題は地域の小売店が巻き込まれるということなのであります。

地域に自動販売機が一台設置されるということは、その付近にある小売店の販売分が食われるということです。ただでさえ苦しい田舎の小売店ではその売上減少が死活問題となります。
自販機設置は、地域にとっては、決してお手軽な問題ではないのです。
(ところが殆どの地域の商店でも店先に自販機を設置しているため、近所に自販機が設置されてもなにもいえないという矛盾。)

いま、企業の社会的責任(CSR)が問われています。地域社会に受け入れられる企業。
セイコーエプソンのような製造業では、その重点を『品質と環境』に置いています。
自販機関連企業の社会的責任とは何なのだろうか。
[PR]
by epole | 2005-01-25 04:54 | 自販機の空間
自販機爆発その3
テロでないと断定 キャンプ瑞慶覧自販機爆発事故

米軍キャンプ瑞慶覧内の機材保管庫内で、自動販売機が爆発し、従業員1人がけがを負った事故で、米海兵隊は22日、事故はテロではないと断定した。現場周辺で火薬などの爆発物や爆破装置は見つかっておらず、自販機の故障か、人為的ないたずらの可能性も含めて、原因を調査している。
また、事故発生後に講じられていた在沖基地内の自販機の使用を禁じる措置は22日、解除された。外務省沖縄事務所が確認した。
現場は国道58号の伊佐交差点付近から約200メートルの地点。福利厚生機材の保管庫内で、冷蔵機能が付いた菓子の販売機に、米国籍の従業員男性が1ドル紙幣を入れたところ、大きな音をたてて爆発した。従業員は額などに軽いけがを負った。
22日夕、現場の倉庫では、窓ガラスが割れて外側に飛び散り、周辺に警戒線が張られ、憲兵が立ち入りを規制しているのが確認された。
(琉球新報) - 1月23日10時55分更新

いたずらはテロではない。それでも、かなり大きな爆発でした。
[PR]
by epole | 2005-01-23 21:18 | 自販機ニューズ
自販機爆発続報
自販機が爆発、1人軽傷 キャンプ瑞慶覧

外務省沖縄事務所によると、21日午前9時ごろ、米海兵隊キャンプ瑞慶覧内に設置された自動販売機が突然爆発し、米国人従業員1人が軽いけがを負った。米憲兵隊が現場を封鎖し、調査しているが、爆発物によるものか、機械の故障かなど、爆発の原因は分かっていないという。
同事務所が米海兵隊から受けた説明によると、従業員が販売機に1ドル紙幣を入れたところ、突然爆発が起こった。従業員は病院に搬送されたが、切り傷などの軽傷だという。
一方、那覇防衛施設局は、事故は同日午前10時半ごろ、キャンプ瑞慶覧内の福利厚生関係の機材を置く保管庫内の自販機で発生したとしている。
外務省沖縄事務所は同日午後5時ごろ、報道機関からの問い合わせを受け、海兵隊に確認したところ、説明を受けた。那覇防衛施設局でも、確認するまで海兵隊からの連絡はなかった。
関係者によると、自販機自体が吹き飛ぶようなかなり大きな爆発で、事件を受けて米軍が在沖基地内のすべての自動販売機の使用を禁じているとの情報もある。
(琉球新報) - 1月22日10時48分更新

よくぞ軽傷でなにより。早期の原因解明を。機械の故障で爆発はしないと思いますが。
[PR]
by epole | 2005-01-23 00:21 | 自販機ニューズ