<   2004年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧
首が肩から落ちそう
夏休みに入ったというのに、朝から首が肩から落ちそうなのであります。

そもそもは昨日の朝、いつも6時45分には出かけているのに、6時33分になってシャワーを浴びたくなり、頭を洗おうとしたところシャンプーが見当たらず、やむなく石鹸を頭につけてごしごしし始めたときにかすかに『ぐきり』ときたのであります。
午後から首を支える力が減少し、やがて手で頭を持ち上げなければ、肩から首が落ちそうという悲しい状況となりました。

夕方には手を添えなくても歩けるようになりましたが、今でも首は正面を向いたままで、眼球の動く範囲しかものを見ることができません。
一度横になるとそのときは楽なのですが、寝返りをうつのも億劫で、起き上がるときは髪の毛を掴んで頭を上に引き上げます。
今朝は公園にラジオ体操に行ったのですが、まともに手を持ち上げることさえ大変なのでありました。

そんなわけで、街を歩きながら自販機の推移を見る楽しみも奪われ、ひたすら早期の治癒を願っている夏休み初日となりました。
はやく直して、もっとたくさん自販機を見て歩きたいものです。

あなたの夏休みは?
[PR]
by epole | 2004-07-31 12:13 | 番外
ごはんディをネットで注文する
商品の販売方法としてネット販売があることは以前からよく知っていたつもりなのです。実際の話、何回かネットショッピングを経験し、オークションも何度か出品・購入をしたことがあります。
しかし、自動販売機とネットショッピングを並べて考えたことはありませんでした。
もともと自販機というものはその時の衝動で利用するものであるのに対し、ネット販売は自宅でじっくりと商品を見極めるものだと考えていたからです。
そのため、コカ・コーラのWEBショップで飲料を販売しているのを見ても、一体誰がこれを利用するのだろうと思っていました。

さて、今月26日、ポッカから長野県産コシヒカリを原料にJA全農長野との共同開発による独自原料「米糖化液」を採用したゼリー飲料『GOHANDY(ごはんディ)エナジーサポート』が発売となりました。
当初の新聞報道では、「まずは東京、神奈川、千葉、埼玉及び長野の一部コンビニ(am/pm)限定で先行販売され、順次全国販売を計画している」ということでしたが、長野県内ではまだ見たことがありません。もともとam/pmは長野県内にないんです。
全農長野に電話をかけて聞いてみました。
担当の方のお話によりますと、長野県内で発売というのは誤りで、まず関東地区のみ限定発売され、全国では10月の発売が検討されているとのことでした。
地元で売られるのはしばらく先のことなのだなぁ。

そんなわけで、どうしても『ごはんディ』を飲みたい私は、これまで考えもしなかったことですが、飲料をネットで注文することとなりました。
全農長野のHPからリンクをたどって『ぽっかぽっかくらぶ』へ。
『ごはんディ』は24袋で税込み5,040円。送料無料でまもなく手元に届くことでしょう。
[PR]
by epole | 2004-07-30 06:22 | 自販機にないもの
電車の自販機
a0003909_6372783.jpg電車の車内販売は、失礼ながらうっとうしく感じている一人なのであります。込み合った車内で通路の向こう側から立ち客を押しのけながら向かってくる姿はラッセル車のようです。
また、そのようにして進んでも、あまり売上があるようには見えないのであります。
それでも鉄道会社が車内販売を続けているのは、これをサービスと考えているからなのでしょう。確かに、お土産を買い残したりのどが渇いたとき、ちょうど車内販売がやってくるといったことがあれば、それはありがたいものでしょう。
だけれども、買い物をできるのは、たいていの場合座っているお客だけなのであります。
立っているお客は身体を支えるのに精一杯で、とてもお弁当やホットコーヒーなど食べたり飲んだりしている場合ではないのです。
本当は食堂車が連結していればよいのですが、そのような贅沢施設を入れる余裕は鉄道会社にはなさそうです。
やはり結論は自販機なのでしょうか。でもお土産物は売っていないのです。
私は本当は『車内キオスク』というのがあれば一番だと思うのですがね。
[PR]
by epole | 2004-07-29 06:39 | 自販機いろいろ
悲しみの500ml
a0003909_8531938.jpg+150mlの缶飲料は、通常の350mlより割安で、飲料をがぶ飲みしたいときに出会うとうれしくてついつい買ってしますのですが、ときに悲しい思いをします。
500ml缶というのは寸胴で、思いのほか重いのであります。しかも外側に水滴がすぐについてとても滑りやすいのです。
また、まだふたを開けるまではよいのです。
ふたを開けたとたん、缶が全体として保っていた強度が激減し、簡単にふやふやとへこんでしまいます。
それで、失敗するのです。
先の土曜日、私は長野市からMTBに乗って坂井村⇒麻績村⇒坂北村⇒本城村⇒四賀村そして松本市へと向かっておりました。
四賀村役場を過ぎたところで誘惑に勝てなかったのです。「やなぎや」の前にある自販機で500ml缶飲料を買いました。自転車にまたがったまま飲んでいるとお店の人がでてきて「ありがとうございます」と挨拶されたので少し緊張するも、気持ちがよかったのですが、お店の人が中に入り緊張が解けたその瞬間。
缶は一瞬ふやっと形を変え、次の瞬間地面の上で泡を吹いておりました。
せっかく大きいのを買ったのに。。。
すぐに拾い上げて残りをすすりましたが、地面に大量に流れた飲料の跡も、私の心の悲しみも、しばらく消えることはありませんでした。
[PR]
by epole | 2004-07-28 09:02 | 自販機による販売戦略
完結
a0003909_634435.jpg心地よい自動販売機の空間に迷い込んだ女性。
コカコーラの自販機に投入したお金を返却レバーで回収し、そのまま50センチ平行移動して、キリンの自販機で商品を購入しました。
購入したのは『午後の紅茶』。残念ながら、ストレートか、レモンティーかミルクティーかは確認できませんでした。
コカコーラとキリンの紅茶飲料を比べたときに、『紅茶花伝』と『午後の紅茶』では、『午後の紅茶』にやや分があるようです。
あややのCMも好調なキリンの『午後の紅茶』が3種をそろえているのに対し、コカコーラは1種のみで、CMを見ることは殆どありません。コカコーラのCMでこれでもかというくらいたびたび流れるのは『C2』のコマーシャルですが、『C2』のCMに時間を費やすことで、実は同社の他の商品の競争力が奪われてしまっているのかもしれません。
腰をかがめて商品をとりだした彼女はそそくさとこの空間を離れていきました。
どうせなら、この空間で飲んでいけばいいのに。
残念ながら、ここには日差しを遮るものがありません。やはり、冷房の効いた車の中に入って飲むのが得策でしょう。
[PR]
by epole | 2004-07-27 06:33 | 自販機の空間
自販機の足もと21
a0003909_1985352.jpg『自販機の足もと20』で危険性を指摘した長野市居町の「消防局前」交差点南東かどにあるダイドーの自販機は、現在もまだ対策がとられていません。

自販機の足もと3箇所はアンカー固定されているものの、前足の片方の下にある、前足を支えるはずの側溝ふたはゆがんで、自販機全体が歩道に向かって斜めになっています。
この自販機の危険性については6月中旬、長野市役所の防災担当係あてメールで危険性を指摘したところですが、それ以降何の連絡も対応もされていません。

もしかしたら、現在のままでも歩行者の安全は確保されているのかもしれないと思い、自販機を押してみました。すると・・・
ゆれるのです。写真の足もとは丸いコンクリートに乗っているだけで、数ミリ浮き上がります。地震の揺れがきて足もとがずれた場合、丸いコンクリートが外れたり、側溝ふたがめくれるなどして歩道がわに自販機が倒れることが十分想定されます。

長野市役所には再度指摘するつもりですが、対策がとられるまでの間、近所を歩かれる際は自販機にお気をつけください。
(現在までのところ、押したらゆれる飲料自販機はこの自販機だけです。)
[PR]
by epole | 2004-07-26 06:19 | 自販機の足もと
諏訪湖の花火はどこから見よう
今年も8月15日19時、諏訪湖の花火大会が開催されます。

何度も何度も見に行った中で、最も心に残っているのがJR飯田線辰野駅から上諏訪駅に向かう路線バスからみた花火です。
辰野側からバスが峠を上っていくと、「ドーンドーン」という地響きが聞こえ始め、有賀峠を越えた瞬間に、花火が突然諏訪湖と諏訪の町をバックに出現し、最初は10円玉ほどだったそれが、上諏訪駅に近づくにつれて空を覆うほどまで大きく大きくなっていきます。
交通規制にとらわれない、路線バスならではの芸当でした。

現在ではどうやらこの路線バスは走っていないようです。また、諏訪市内を走る「かりんちゃんバス」も当日の運転は休止されるようです。

なにかこの時間諏訪市内をバスが走らないかあたってみました。
高速バスに、新宿西口バスターミナル16時15分発上諏訪駅19時16分着というのがあります。
当日は高速道路もかなりの渋滞が予想されますが、試してみてはどうでしょうか。
今調べた限りでは、まだ座席に余裕はあるようです。
[PR]
by epole | 2004-07-25 09:27 | 番外
坂井村の大切な自動販売機
a0003909_8554263.jpg東筑摩郡坂井村には小売店が2つしか残っていません。農協とスパーです。
24日(土曜日)の午後4時、坂井村の農協店舗を訪れました。店は開いていませんでした。
スパーに行きました。やっていました。すこし生ぬるいヨーグルト飲料を店内で買いました。

坂井村にはもうひとつ、重要な店舗があります。
『野菜の無人販売所』
坂井村の人々の暮らしを支える大切な『自動販売機』です。バスの待合所ほどのほこらの中で、20品目以上の野菜が並べて売られています。
でも、こんな張り紙がありました。
「お客様へ 最近お金が入っていないのです 店を休むより他有りません 一人か二人のふらち者だと思います」

坂井村では近年自販機あらしにあった商店が店を閉ざしました。冠着駅前の商店跡も、お店の形を残したまま廃屋と化しています。
坂井村にある電気的自動販売機は17台。でも本当に守るべきものは他にあります。
[PR]
by epole | 2004-07-25 08:59 | 自販機いろいろ
+150ml
a0003909_894572.jpgこのところ、500ml缶飲料を販売するコカ・コーラの自販機を見かける機会が増えてきました。
500ml缶で売られる銘柄で確認ができたのは、『コカ・コーラ』、『アクエリアス』、『爽健美茶』それに『ファンタグレープ』の4種です。
一番多くの自販機で売られているのはやはり『コカ・コーラ』で、『アクエリアス』が次に多く、『爽健美茶』と『ファンタグレープ』はそれぞれ一台でしか確認できませんでした。
ペットボトルと同じ容量でありながら、金額は100円(一部で110円)と、なぜか通常缶(350ml)の120円よりも安めに設定されています。
この500ml缶を販売している自販機は、いつもの範囲(コカコーラの自販機44台)でざっと確認したところ7台。6台に1台弱の割合で販売しています。
のどがものすごく渇いていて、しかも懐に余裕がないときは、少し我慢して自販機を見て歩いてはどうでしょうか。
なお、ローソンでも確か120円で売られていたように記憶しています。自販機嫌いの人は、近くのコンビニを覗いてみてください。
[PR]
by epole | 2004-07-24 08:15 | 自販機による販売戦略
C2のふんばり
a0003909_5492944.jpgいよいよ始まったかもしれません。
コカコーラC2が一部の自販機から消えました。(※1)
地方では大手のスーパーマーケットでは、500mlペットボトル入りが90円台で安売りされ、C2を3本もまとめ買いする人を見かけたばかりで、C2がんばっているなぁと思っていた矢先なので、商品撤去には強い衝撃を受けました。
この自販機の状況が他にも広がっていくのでしょうか。

かつてコカコーラがそれまでの『コーク』に代え『ニューコーク』を発売し、その誤りに気づいて『クラシックコーク』を復活させた期間が3ヶ月弱でした。(※2)
C2が発売されてから1か月半を経過し、経営者は、ひとつの販売戦略を選択する時期にきているのかもしれません。

※1 コンビニでは、現在までのところ、確認する限りでは、すべての店舗でC2を扱っています。また、多くのコカコーラの自販機では、今でもC2をしっかり扱っています。
※2 1985年に起こったこの出来事は、結果として、ペプシコーラに席捲されはじめていたコカコーラを復活させました。
[PR]
by epole | 2004-07-23 06:20 | 自販機による販売戦略