「ほっ」と。キャンペーン
<   2004年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
測ってみました7-2
a0003909_54349.jpg飲み物を飲むとき、手のひらから伝わる感覚はかなり味覚に影響を及ぼしていると思います。それは、本場の人がカレーを右手で食べるように。日本人がおわんを手に持って食べるように。
缶ジュースの触感は冷たさがストレートに手のひらに伝わって、飲む前から体の渇きを潤してくれるようです。ビンジュースのそれも、重さと冷たさが身体全体に心地よいものでした。
それに対してペットボトルっていうのは、持ってもあまり手のひらに冷たさが伝わってこない、容器がしっくりこないのです。それは、プラスチックというチープな素材の持つ宿命だと私は思っています。
一気に暑さをふっとばすなら缶飲料。
一気には飲まないですこしずつのどの渇きをいやすのならペットボトルも選択の一つとなるのでしょうか。
[PR]
by epole | 2004-06-30 05:45 | 冷たいものが飲みたい
測ってみました7
a0003909_225917.jpg飲み物の温度を測ってみました。
まろ茶 茶葉の功 ペットボトル
今回は「ペットボトル140円」という文字に誘われて、コインランドリー横に置かれた自動販売機でペットボトル入りの「まろ茶」を購入し、すぐに無人のコインランドリーに入ってふたを開け、温度計を突っ込んで温度を測ってみました。
結果は3.1℃
ペットボトル飲料って、触ったところでは冷たさをあまり感じないのですが、測ってみると意外と冷たいのですね。以前ツルヤのお花屋さんの前の自販機で買った「ジャワティストレート」と、ほぼ同じ温度です。
自販機同士であれば、同じ時間の保冷温度はほぼ同様なのかもしれません。
しかし、熱伝導の違いというのでしょうか。ペットボトルの場合、せっかく冷たいのに、冷たさが身体全体に伝わってきません。
これは、自販機で買っても、店頭で買っても同じことではありますが。
[PR]
by epole | 2004-06-29 23:00 | 冷たいものが飲みたい
測ってみました6
a0003909_75516.jpg飲み物の温度を測ってみました。
「コカコーラ カップ入り」
飲料の自販機は大きく二つに分けられると思います。ひとつは缶やビン、ペットボトルがゴトンと出てくるもの。もうひとつは最初にカタン!とカップがおりて、そこに氷と飲み物、水が注ぎ込まれるものです。
どうせなら冷たいものが飲みたいので、氷の入った「コカコーラ」の標準のカップ70円を買って、温度計を突っ込んで温度を測ってみました。
温度計でカップの中身をぐるぐるかきまわすと、ぐんぐん水銀柱は下がってゆきます。
[結果]
1 表面の氷の中・・・0℃
2 3センチほど水面下・・・0.5℃
3 底(かき混ぜない状態)・・・3.0℃
[結論]
カップ式自販機で買った飲料はそのまま口をつけて飲めば、冷たいままを飲むことができます。
ストローを使う場合、ストローの先を少し浮かすか、かき混ぜて飲むととても冷たいやつを飲むことができます。
ただし、そのまま飲んでも普通買った自販機よりも冷たいものを飲むことはできます。
[PR]
by epole | 2004-06-29 07:56 | 冷たいものが飲みたい
測ってみました5
a0003909_6854.jpg飲み物の温度を測ってみました。
「ペプシツイスト」
いつもは売店で飲料を購入しているのですが、今回は温度を測るため、売店の入り口の自販機で買いました。
この売店ではどういうわけか炭酸飲料はコカコーラとコカコーラC2だけしか売っていません。値段はいずれも110円で、入り口の自販機の飲料と同じ価格です。
お昼の12時43分、自販機で「ペプシツイスト」を購入し、下の受け口に落ちた商品をすばやく取り出しふたを開け、泡が出るのを吸いながら速やかに温度計を突っ込んで計測しました・
結果は、約2.8度。
気温は29度のなかで、ひやっとした感触に目がさめる思いです。やはり冷たさを求める場合、自販機の方が冷たい傾向がありそうです。(自販機独自の省エネ策の影響があるのかもしれません。)
ところで、この飲料は、計測後2分ほど手に持っていたところ、温度が5度まで上昇しました。
買った時点では冷たいのですが、すぐに飲むのでなければお店で買うのと変わらぬ温度になるのですね。
自販機の飲料の冷たさを享受できるのは、買った本人だけということでしょうか。
[PR]
by epole | 2004-06-28 06:10 | 冷たいものが飲みたい
測ってみました4-2
a0003909_192542.jpgいま考えてみますと、ツルヤでジャワティストレートを買った自分の行動について、いくつかの疑問が湧いてきました。
[疑問]
1 店内の飲料が安かったのだが、ポッポ牛乳が格安だったため買うことを躊躇した。ところが自販機ではいとも簡単に飲料を買った。何故?
2 店内と自販機では売値に20円以上の差があるにもかかわらず、自販機で飲料を購入した。何故?
[回答]
今回は自販機で飲料を買って温度を測定することが第一の目的だったのです。また、自販機のすぐ前には机と椅子が置かれ、計測にも好都合でした。
ジャスミンを買ったことにより、私の頭の中には「〇〇ティー」を買わなければならないという観念が強くなっていたようです。
[しかし]
実際自販機でジャワティストレートを買う瞬間、私にはポッポ牛乳のことや価格差についての感覚が麻痺していたことは事実です。
どうして麻痺してしまったのか。これは自販機を考える上での原点かもしれません。
[PR]
by epole | 2004-06-27 09:15 | 冷たいものが飲みたい
測ってみました4
a0003909_164444.jpg飲み物の温度を測ってみました。
「ジャワティ ストレート」
松本市渚にショッピングセンターが誕生し、そこの中核店舗としてスーパーマーケットの「ツルヤ」が開店しました。
店内には清涼飲料売り場も広くとられ、各飲料もペットボトル飲料が標準で95円と割安です。しかし、「八ヶ岳ポッポ牛乳」が1リットル100円で売られていることを考えると、なんか清涼飲料など買ってよいのかなどと考えてしまいます。
店内を徘徊していると、お花屋さんがあって、そこの店員さんに勧められるままジャスミンの鉢植えを298円で買いました。で、杏里の「ジャスミンティーはぁ…」なんて曲が頭の中を回っていたときに、お花屋さんの正面の自販機で買ったのが「シンビーノ ジャワティ ストレート アルミ缶300ml 120円」です。
お花屋さんの前にはちょうど休憩コーナーがあったので、ここでゆっくり温度計を突っ込んで計測することができました。
結果は、3.0℃。
今は日本茶がはやりですが、私はこの「ジャワティー」や「ティオ」等の甘くない紅茶系がわりと好きなんです。
これなら常温でもおいしく飲めますしね。
[PR]
by epole | 2004-06-26 16:45 | 冷たいものが飲みたい
測ってみました3
a0003909_62132.jpg飲み物の温度を測ってみました。
「ペプシブルー」
ヤマザキデイリーストアでは店の一面には大きなガラスドアの並んだ保冷庫に、様々な飲料が並べられていました。
コンビニエンスストアでは、飲料はスーパーマーケットで買うより少し割高なので、よほど飲みたいか、珍しいものがない限り飲料は買うに至らないことが多いのですが、今回は温度を測るため、ひとつ何か買おうと決めていました。
最初に目に付いたのはおなじみの「コカ・コーラC2」で、500mlのペットボトルが20円引きで127円。しかも、なにやらヤマザキデイリーストア限定のキャンペーンもやっているようです。
しかし、その左上に見つけたのです。「ペプシブルー(ペットボトル500ml)」
2002年に米国で発売されて以来、日本以外の40ヶ国で売られているという「ペプシブルー」がいま、日本に上陸したのです。
値段はやはり20円引きで、コカコーラC2と同じ127円。これは買うしかありません。
レジにいくタイミングを計り、扉をさっと開けてボトルをとって、急ぎ会計を済ませて店をでてすぐにキャップを開け、温度計を突っ込んで計測しました。
結果は、5.8℃。
ペットボトルっていうのは持った感じがそれほど冷たくないのだけれど、実際も缶より暖かなのかな。場所を変えるなりして確かめなければ。
肝心の味ですが、味付けが強くて、私好みではありませんでした。残念。。。
[PR]
by epole | 2004-06-25 06:22 | 冷たいものが飲みたい
測ってみました2
a0003909_61727.jpg飲み物の温度を測ってみました。
「ペプシツイスト」
長野市の「もんぜんぷら座」一階の「TOMATO食品館」に行ってみました。
この店では、扉のないオープンな保冷ショーケースに飲料を並べて販売しています。
缶コーヒーやペットボトル入りの飲料も並んでいましたが、今回はスクリューキャップでアルミボトル入りの炭酸飲料のうち、内容量が500ml以下、しかも比較的安いものということで、105円で売られていた「ペプシツイスト」を購入することとしました。
店内は冷房が効いているとはいえ、時間経過で温度上昇があることを防ぐため、レジにお客がいないことを確認して、手前から2番目のボトルをとって、15mほど離れたレジへ急ぎ会計を済ませて5mほどレジから離れてからふたを開け、温度計を突っ込んでこっそり計測しました。
結果は、5.1℃。
ショーケースにはとびらがないのに、意外と低い温度で飲料が保たれていることに驚きました。店全体が冷房されていれば、意外ととびらは関係ないのかもしれませんね。
次は自販機飲料を測らなければ。
[PR]
by epole | 2004-06-24 06:18 | 冷たいものが飲みたい
測ってみました
a0003909_12353.jpg飲み物の温度を測ってみました。
「ヤクルトジョア」
ジョアの注意書きには「保存方法10℃以下」と記載されています。
ヤクルト製品の多くは乳製品ですから、他の清涼飲料と比べて温度管理をしっかり行う必要があります。
一方ヤクルトレディはかばんにヤクルト製品を満載して職場の訪問販売を行っています。
はたして製品の温度は10度以下に保たれているのでしょうか。
かばんの中にあった「ヤクルトジョアオレンジ」を購入し、彼女の見守る中、温度を測りました。
結果は、約10度。
気温は29度。ヤクルトレディの持つかばんの中で、製品の温度は10度以下になんとか保たれていました。
でも、すこし微妙な温度なので、これから暑さが本格化する中、いっそうの温度管理の徹底をお願いします。
ところで、ヤクルトとキリンビバレッジは自販機での製品相互販売で提携しているそうです。今度から気をつけて見てみましょう。
[PR]
by epole | 2004-06-23 06:24 | 冷たいものが飲みたい
製菓用温度計
a0003909_62317.jpg自動販売機で売っている飲み物と、お店のショーケースで売っている飲み物。どのくらい冷え方が違うのか気になりだしたら止まらなくなりました。
早速いつも行きつけのお店に行って、ショーケースの中を覗き込みましたが、温度計は発見できませんでした。
店の人に、冷蔵庫の温度は何度ぐらいか尋ねてみたのですが、清涼飲料の入った保冷庫については分からないようでした。牛乳が入っているほうは、何かの規制で決まっているようでしたが。
自販機も見てみました。何台かじっくり見たのですが、温度計は外から見えるようにはついていませんでした。
職場に来たヤクルトの人に、ジョアの入っているかばんの中の温度を尋ねてみました。
バッグの中はよくわからないが、車の中は10度以下とのことでした。
そんな訳で、帰りに権堂のイトーヨーカ堂で買ったのがこれです。
製菓用温度計。今日から清涼飲料を飲むのが少しだけ楽しくなりそうです。
[PR]
by epole | 2004-06-22 06:24 | 冷たいものが飲みたい