「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:伊那食品工業と自動販売機( 5 )
伊那食品工業の自動販売機5
a0003909_091744.jpg伊那食品工業(株)の塚越会長には当初50分の予定のところ、質疑を含めて一時間半お話をいただきましたのち、さつき亭で昼食をいただき、その後社員の方に水汲み場、清掃具倉庫、そして健康パビリオンをご案内いただきました。

伊那食品工業の社員は皆、正規の出社時間の30分前に出勤し、皆で清掃活動を行っているそうで、倉庫には必要な芝刈り機、清掃機、草刈り機その他の大物小物の清掃用具が納められています。以前掃除に学ぶため、小布施町のみんなとイエローハット本社にお伺いし、鍵山相談役じきじきに早朝の清掃活動に学ばせていただいたことがあるのですが、ここ、伊那食品工業でも実践されています。
(塚越会長は鍵山相談役と対談をしていらっしゃるようですね。)

a0003909_095616.jpg健康パビリオンは2階以上が研究所となっている建物で、1階に健康に関する測定施設、展示、売店があります。展示では、さまざまな飲食物のカロリー表示と、やっぱり、寒天のカロリーが低い状況が分かりやすく表示されています。
売店には、北丘工場のかんてんぱぱショップと同じ商品がコンパクトに展示販売されています。
脇には2組の丸テーブルと椅子が数脚置かれ、そばにはカップ飲料の自動販売機が立っていました。
このカップ式自販機にはかんてんぱぱ商品は販売されていません。カップ式に寒天を組み込むのは難しいのだろうか。

ここで、すてきな店員さんの笑顔に誘われて、「かんてんぱぱあんみつ」等を購入しました。これは今月末までの期限で販売。インターネットショップでも売っているので、ぜひお早めにお買い求めください。

塚越会長には、経営哲学ほか多くをお話しいただきましたが、わたくしには「日本では牛乳について乳脂肪分3.0%以上と定めているのだが、自然の放牧牛の自然の乳はこの基準に合致せず、牛乳として認められていない」ことを、日本に酪農が定着しない行政の問題点として挙げられたことが強く印象に残っています。
といいますのも、数年前に青木村の山羊農家にお伺いしたところ、そこでも「山羊乳は乳脂肪分3.6%以上なくては山羊乳として認められない。しかし、山羊乳の乳脂肪分は季節によって変動し、自然環境では3.6%を下回る季節がある。そのためそのままで殺菌処理をした自然の山羊の乳は法律上『山羊乳』として認められない。」という話を聞いていたのであります。
なんの加工もしない牛の乳、羊の乳が、法令で「牛乳」「山羊乳」と認められないなんて、おかしな国なんだな。このへんな決まりは「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」です。

それと同じような行政による規制がさまざまな場面に残り、その規制に順応した人たちだけを保護している。それを、地方からでも、たとえば特区として対応をできないだろうか。
[PR]
by epole | 2010-09-15 00:28 | 伊那食品工業と自動販売機
伊那食品工業の自動販売機4
a0003909_11171642.jpgかんてんぱぱガーデンは、さつき亭、ひまわり亭など、飲食店が多い東側の区画と、本社、研究所、ホールなどが集まる西側の区画に分かれ、両区画の境を広域農道が抜け、両者は歩道橋でつながれています。

広域農道といえば農林水産省の補助金がついて整備された道路で、いかにも農業用車両のみ走りそうですが、伊那にしても安曇野にしても、農業のみならず地域の産業を支える幹線道路として重要な役割を果たしています。
農道の受益地で農地転用などといえば、規模によっては補助金返還などの問題が生ずることがありますが、かんてんぱぱガーデンはもともと林地で、農地転用の問題は生じなかったようです。
歩道橋は伊那食品工業が広域農道を管理する伊那市の許可を得て自前で設置したものだそうで、歩道橋の側面に広告を張ると宣伝効果が大きいと、塚越会長が話していました。
a0003909_11173842.jpg朝の通勤時間帯には特にこの道は混み合うのだそうで、渋滞を避けるため、伊那食品工業の職員は、決して右折をしないとのことです。それはどうやら「左折→左折→左折→横切る」のではなくて、左側にある駐車場を利用して、歩道橋を歩いて渡るということなのでした。大事なことなのだな。

さて、歩道橋を渡ると右側に本社。左側にはかんてんぱぱホールがあり、その正面入り口右側にあるのが、木目のポッカの飲料自動販売機なのでした。
木目自動販売機といえば本物の木で囲われたものと、木目の塗装(シールを含む。)がされるものに分かれますが、ここの自動販売機は後者と思われ、単なる茶色の色塗りでなく、木目をあしらった作りは見事周辺の景観に溶け込んでいました。欲を言えば、空き缶入れもそうありたいものですね。
北丘工場の前のポッカの自動販売機と同様に、ここでも2種類の寒天飲料が販売されていました。
[PR]
by epole | 2010-09-12 11:18 | 伊那食品工業と自動販売機
伊那食品工業の自動販売機3
a0003909_030366.jpg伊那食品工業のかんてんぱぱガーデン内には要所要所に構内で利用可能な傘が置かれています。これは、構内であればどこで借りてもどこにでも返せるもので、当日のような台風の大雨にはたいへんありがたいものでした。

a0003909_0302969.jpgさて、かんてんぱぱショップから西に向かいますと、左にひまわり亭を見る正面にある自動販売機はコカ・コーラ社の自動販売機。これも赤い色でなく抑えた白色の自動販売機で、24時間消灯運転をしているのでした。

a0003909_0305039.jpgさらに森の中を先に進むと、駐車場脇にあったのが「水汲み場」。地下130mから汲み上げられる水が絶えることなく蛇口から流れ続けています。料金は無料!
愛知県からこの水を求めて来る人もいるようなのですが、中には数百のペットボトルを抱えて水を汲みに来る輩も過去には居たそうで、お待ちの客様にすこしお譲りいただくよう、そのときはそっと注意した旨を、ご案内いただいた社員の方がおっしゃっていました。

それにしても、こんな素敵な水飲み場やベンチがあったのでは、これを知ってしまうと、自動販売機の飲料なんざ飲む気にはならないのだなぁ。

水汲み場は、かんてんぱぱガーデン内に2カ所あります。
[PR]
by epole | 2010-09-12 00:31 | 伊那食品工業と自動販売機
伊那食品工業と自動販売機2
a0003909_0153132.jpg沢渡工場の前から狭くて細い農道を上りますと、牛畜舎の向こうに広域農道と伊那食品工業の森が見えてきました。

北丘工場の東側を歩くと、工場上部にある大型のファンが大きな音を立てています。やはり工場だけにある程度の騒音は出るものなのだと思いました、でもここの付近には民家がなく、理想的な立地なのかもしれません。

a0003909_0162735.jpg工場を時計と反対周りに巻いて林の中の敷地内に入りますと、かんてんぱぱショップがありました。ちなみにかんてんぱぱショップはここが本店で、その他は伊那市駅前の「いなっせ店」、長野市の「ぱてぃお大門店」「Toigo店」、「札幌店」「仙台店」「初台店」「名古屋店」「大阪店」「岡山店」「福岡店」の計11店舗があります。また、まもなく小布施町にも「小布施店」が開店する予定ですが、こちらは明治期のかやぶき屋根の民家を利用して出店するもので、小布施の修景活動に貢献するものです。桜井甘精堂本店の向かいになりますので、みなさまぜひお寄りください。

a0003909_0165048.jpgかんてんぱぱショップ本店前の工場わきに設置されていたのが飲料自動販売機2台。左がポッカで右が大塚製薬の自動販売機。いずれも24時間消灯運転と表示されていました。
そういえば、工場の上部の壁にも「緑とともに美しい街づくり」という標語が書かれています。それは緑に囲まれた立地のみならず、自動販売機にも表れているのだな。

a0003909_0173542.jpg左側のポッカの自動販売機にはさらに「紙でできた容器です カートカン」との表示。そう。ポッカは飲料の容器に紙容器を使用しているのでした。紙容器は森林により再生可能な資源ですので、再利用するのに石油などの再生不能エネルギーを使うペットボトルや金属缶よりも格段に資源保護を達成するのであります。そのポッカを置くとは、さすが伊那食品工業。

そう思いながらよくよくこの自動販売機を眺めますと、ディスプレイ中央で売られているのは伊那食品工業製の「飲む寒天グレープフルーツ」と「飲む寒天りんご味」ではありませんか!!
そういえば飲む寒天もカートカンなんだな。
[PR]
by epole | 2010-09-10 00:17 | 伊那食品工業と自動販売機
伊那食品工業の自動販売機
a0003909_23294770.jpgきょう、9月8日、わたくしたち信州大学地域フォーラムは、「かんてんぱぱ」で有名な伊那食品工業株式会社の塚越会長にお会いしお話をお聞かせいただく機会を得ました。

伊那食品工業は、長野県伊那市西春近に拠点を置く、ベストセラー「日本で一番大切にしたい会社」(あさ出版。村上龍氏絶賛!)でも紹介される、地域密着の企業なのであります。

パンフレットを見てみると、最寄りの駅はJR飯田線の沢渡(さわんど)駅。以前は本社がこの駅付近にあったのですが、平成7年に伊那市の西部を通る広域農道沿いに移転しています。しかしながら、沢渡工場は残り、移転先も沢渡から歩いて行けないことはないと考え、長野市から直行の普通電車に3時間ほど乗って、この地を訪れました。

a0003909_23302583.jpga0003909_23381976.jpg(沢渡駅は天竜川沿いに走る国道153号線から少し西に入ったところにありますが、飯田線の駅には無人駅が多い中で駅には駅員さんがいらっしゃって駅前の商店も店を開けて営業しています。これはわたくしが机上で想像していた「企業本社が移転してさびれた駅周辺」とは全く違うものでした。
駅前の商店に置かれた自動販売機にはたばこ、飲料のほか、ガムの自動販売機も見える。ガムの自動販売機の上には郵便受けが乗っている。

a0003909_2349165.jpg駅から少し歩くと病院もあり、伊那市役所の沢渡支所があり、その先には伊那食品工業の社員駐車場。そして狭い急な坂道を上る先には伊那食品工業の沢渡工場がありました。まわりは深い沢と林に囲まれたところに伊那食品工業の寒天工場が詰まっています。これは手狭で、この会社が新たに離れた場所に用地を求めた訳がよくわかりました。
[PR]
by epole | 2010-09-08 23:19 | 伊那食品工業と自動販売機