「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:社会人の大学院( 6 )
自働販売機マスター?
1月中旬に修士論文を提出し、1月末に口頭審査、2月中旬に論文審査合格。その後学位論文発表会を経て、本日学位授与の運びとなりました。

論文の題目は「自動販売機に対するまなざしの変化」。
なんだ、やっぱり自動販売機かといえば、まさにそのとおりなのでありました。

このブログの1か月にわたる中断は、論文を作成し終わっての解放感や自動販売機研究の放棄では全くなく、論文の修正、充実に全力を注いだことによるもので、今後は学生ではなく研究者(マスター)として、一層深く研究を進めてまいります。

今後とも皆様、よろしくお願いいたします。

epole

追伸 大学院の教授陣がおっしゃるには、「これはものすごく面白い。出版すれば必ず売れる!」だそうです。昔から経済学の大学の先生の言うとおりにして儲かったという例を聞いたことがありませんが、『豚もおだてりゃ木に登る』の例え?もあり、その気になりはじめています。
[PR]
by epole | 2008-03-21 07:03 | 社会人の大学院
携帯電子クーポン
電子マネーの使えるケータイを購入して間もなく1年。私のケータイには「Edy」「Cmode」「nanaco」「Suica」と4つの生活アプリが並び、最近ではサイフを忘れても、それほど不自由することもなくなりました。逆に、財布を持っていても、ケータイがないと相当な不自由を感じることでしょう。

ケータイによる自動販売機利用という点では、先にコカ・コーラのシーモで日本テレビと協賛したバーコードクーポンで無料の缶コーヒーを頂いたのみです。Cmodeは何度か試みるのですが成功したことがありません。私のような機械オンチには、脇で親切に教えてくれる人(できるならば女性)が必要なのであります。Suicaは以前からカードで利用したことがあり、使えることが分かっているのですが、モバイルスイカとしてから日が浅く、まだ使用に至っておりません。Edyはこれまで使用可能な自動販売機に出会っておりませんが、タングラムスキー場では使用可能なうえ商品が割引されるとのことで、いつかはタングラムと思っているところです。nanacoはセブンイレブンで使いますが、セブンイレブンには自動販売機が併設されないため自動販売機での使用はできません。これはたいしたものであります。

a0003909_215532.jpgさて、そんな私にネスレジャパンから[期間限定「携帯電子クーポン」]のおしらせメールが届きました。なんとネスカフェ ゴールドブレンド100gが100円引きで購入できるとのこと。私はその場でこのkaruwazaというアプリをケータイに入れることを決意し、それは10分ほどで完了しました。で、入れてからわかったことなのだけれど、このクーポンはサークルK・サンクス店舗でしか使えない。そういえば最初からそう書いてありました。もとの値段が安いスーパーなどで使えないことはすこし残念ですが、明日にでも近所のサークルK・サンクスにいって値段などみておトク感を確かめてみようと思います。

閑話休題
現在私の学ぶ信州大学大学院経済社会政策科学研究科地域社会イニシアティブコース(なんて長い名前だ。。。)では、来年度の社会人大学院生を募集しています。
出願期間:平成20年2月12日(火)~15日(金)17時必着
試験日:平成20年3月1日(土)~2日(日)
試験会場:信州大学経済学部(松本市旭町)
とりあえずHPでも見てみてください。こんな私が言うのもなんですが、決してムダにはなりません。
[PR]
by epole | 2008-02-02 07:07 | 社会人の大学院
雨音はアキカンの調べ
a0003909_525026.jpg耳をふさぐ 指をくぐり 心 痺らす 甘い調べ・・・



信州大学旭町キャンパス。

空き缶は、すこし乾いた音がする。
しぶきが飛び散る映像も、音楽に聞こえる。

付近に自販機は・・・ない。やぶ蚊の発生注意!
[PR]
by epole | 2006-06-19 05:25 | 社会人の大学院
最近のエクセルは1-2-3を読まない
統計学の講義をとって1ヶ月。微分積分で思考が停止し、高校では数学1で終えたわたくしが、分散やら標準偏差やら相関やらを話すようになってきました。

4月末に舟岡先生が出した課題は
「身近なデータを自分でとって、相関について電卓で計算してくること。」

実はわたくし授業の一瞬一瞬ではふむふむと思っている時間がある程度あるものの、その数秒後には訳がわからなくなり、先生の「これまで、なにか(質問が)ありますか?」の問いかけにも質問すらできないのであります。

それで、とりあえずは商業統計から飲食料品小売業の売上と店舗数のデータをもらい、この調査年度に対応する自販機普及台数と自販金額のデータを自動販売機工業会の発表資料からもらい、その相関を計算しようとしたところ、案の定訳がわからなくなり、改めてノートを見直しながら「わかりやすい統計学」という本を何度も読み返し、ついにはパソコンにデータを入力し、データ間の差やら平方やらを計算させてみるのであります。どうやら1-2-3のような表計算ソフトには統計関数というものが備わっているようなのですが知識がないため使うこともできず、結局当初の飲食料品小売業と自販機の相関の計算を断念し、改めて「自動販売機の商品ボタン数と販売品目数」の相関について手計算することとしました。

安曇野市で通りかかった7台の自販機と長野市東口で通りかかった9台の自販機についてそれぞれ自販機のボタン数と各販売品目数を調べ、それぞれ平均をとって、各データとの差を出しその2乗を足して全体の台数で割ったものの平方根が標準偏差、ボタン数の差と販売品目数の差を乗じて足しあげたものの平方根が共分散で、この共分散をさきほどのボタン数の標準偏差と販売品目の標準偏差を乗じたもので割ると相関係数が出るわけで、結果は0.845となり、当たり前ですが、高い相関が認められました。

以上の結果を提出用に紙にまとめるため、再び1-2-3を使って表を作り、グラフを作りかけ、時間がなくなったのであとは研究室でと思いメールでデータ送信。
研究室のパソコンでファイルを開こうとすると「がぁぁ~ん!」エクセルが1-2-3を受け付けない!

わたしに言わせりゃエクセルなんざ新興ソフトで、昔はみんなLotus1-2-3を使ったもんだ。エクセルものし上がるため、1-2-3との互換性を謳っていたはずなのに、今のエクセルは読みもしない!わたくし、心の中でありとあらゆる罵詈雑言をマイクロソフト社に浴びせたのであります。

そういえば、最近ソースネクスト社からLotus Super Officeが復刻し1-2-3も入っているものの、表計算といえばエクセルの独壇場。1-2-3を知らない人も多いのかも。「献血」という言葉さえ知らない若者さえいるそうだから、それも無理からぬことかもしれない。

それで、しょうがないのでノートに書いてあった計算をもとに短時間で表を作り直して、グラフは手で書いて提出。なんとか間に合ったのかな。でも、解釈が稚拙でおはずかしいもの。
素晴らしかったのはエレーナさんの「犬の散歩距離と無駄吠えの相関」で、見事に負の相関が現われていました。しかもレポートはすべて手書き!
人間、パソコンになんか頼っていてはいけないと痛感をいたしました。

でも、今回出された課題は「回帰についてエクセルで計算し、解釈してくること」。わたしゃあくまで1-2-3で計算しよう。エクセル持ってないし。でも、まず必要なのは、「回帰」って何だったか思い出すことからなんだな。
[PR]
by epole | 2006-05-11 06:19 | 社会人の大学院
信州大学の自販機
a0003909_6113060.jpg4月6日、信州大学では入学式が行われました。

会場は、隣接する松本市体育館で、大学では2,269名、大学院では904名の入学であります。
信州松本では桜はまだまだですが、会場周辺はさまざまなコスチュームの大学サークルの勧誘員が、ビラやら図書やらを持って集まり、晴れやかな入学式に華をそえていたように感じました。
20年以上前もそうだったかと、少し懐かしく感じました。

若い格好をしていった(と本人は思っている)のですが、残念ながらどのサークル員もビラひとつくれず、話しかけてくる人もいませんでした。やっぱり。

その後キャンパスに移動。学部生の入学式はまだ続いているらしくて、この時間は閑散としています。
自販機には「COOP UNIV」と記されています。ここでも生協ですか。でも、キャンパス内にペプシコーラの青い車が入っていたので、実際の管理は自販機管理会社が行っているようです。生協が仲介すると、なにかよいことがあるのかな。
[PR]
by epole | 2006-04-07 06:10 | 社会人の大学院
初売り
正月といえば、初売りであります。
しばらく前までは初売りといえば1月2日で、元旦の分厚い新聞の広告をつぶさに検討し、一番お得な福袋を探し、当日は暗いうちから家を出てお店に並んだものであります。(それでも到着したときには、すでに数十人の列ができあがっていたものです。)
それが、今では正月元旦からデパートなどが店を開け、ぐるりの商店もそれにあわせて店を開け、お正月の初売りはすでに一年の特別な行事ではなく、ただ「福袋」という特別商品を置いた通常のバーゲンとなってしまいました。
他方、たばこの自販機に限らずすべての自動販売機は、夜11時から朝5時までというあまり意味のない見せかけだけの販売自粛時間を除いて、年末年始を含めて年中稼動しています。
小売業の自動販売機化?
何はともあれ、私は今年も一番ほしいものを求めて、お店の前に早朝から並んでいることでありましょう。

一年を振り返り
お越しいただいた皆様には、大変お世話になりました。確認してみますと、通常のプロバイダからのアクセスに加え、今年は長野県庁などの自治体、東京理科大学などの大学、富士電機などの企業から多くのアクセスをいただきました。今後も感情に走らず、冷静に客観的に論理的に自動販売機を眺めていきたいと思います。
この場を提供していただいているエキサイト様に感謝をいたします。
私は来る4月から信州大学大学院で「地域経済」に関する研究をいたしますが、受験の際、ブログの一部をPDF出版し提出しました。面接の折は、もっぱらが自販機論議となったのはいうまでもありません。

一年の終わりに
今年はこれを含め307の記事を登録させていただきました。その中で自分なりのお気に入りは次の3本です。
「ほら男爵と自動販売機」(2005-5-29)
いまどき真っ当な煙草店(2005-7-12)
中山竹通 安曇野の自販機前を走る(2005-10-30)
どれも地域経済に関係がなさそうな。まぁいいか。。。

来年が皆様にとってよい年でありますように。来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by epole | 2005-12-31 11:09 | 社会人の大学院