カテゴリ:これからの自販機( 44 )
47型タッチパネル自動販売機
8月11日付けの日本経済新聞には「自販機に47型タッチパネル」という記事が掲載されていました。

JR東日本の子会社のJR東日本ウォータービジネスがオムロン、富士電機リテイルシステムズと共同開発し、10日、品川駅に設置したもので、47型のタッチパネルディスプレイを搭載。今後2年間に500台を設置するとのことです。
ディスプレイには販促映像が流れ、自販機前に客が立つと商品映像に切り替わり、タッチパネルで商品をタッチすると大きく表示され、そののち現金またはカード類で決済するとのことです。

大型画面のタッチパネルディスプレイは、小布施町図書館「まちとしょテラソ」に国立情報学研究所が開発したデジタルアーカイブシステム「Powers of Information」があって何度も触ったところですが、傘の先が当たったり、子供がたたいたりしたら壊れやすくはないかなぁと心配をしたものです。しばらく前の日経パソコンでも、勝谷誠彦さんが、鳩山前総理大臣が退任表明をしたちょっとした拍子に、大画面テレビの画面を壊した旨を書いていました。
しかしながら、今回駅構内で自動販売機として設置されたということは、相当な耐久性を持たせたものでしょう。

なお、大画面ディスプレイを使用することにより、販売者は消費者に対して、より多くの有用な情報を提供することが可能となります。それは原材料など、これまでの自動販売機ではまったく表示されていない大事な情報であります。
また、大画面で表示することにより、弱視の人でも求める商品を検出しやすくなります。これはいいことなのだな。
一方全く視力のない人にはなにがなんだかわからないものになる可能性があります。この場合、画面をふれると画面が切り替わるだけでなく、音声で選択した商品の情報を伝えることが、とても有効な手段となり、これまでにない使いやすい自動販売機となることでしょう。

これから新技術がわれわれにどれだけやさしくなっていくのか。それはとても楽しみなことなのであります。
[PR]
by epole | 2010-08-28 23:50 | これからの自販機
自販機 指かざし支払い
2010年3月11日付け日本経済新聞「共生店舗『街づくり・流通ルネサンス』から㊥」の見出しは、
「自販機 指かざし支払い」というものでした。

以下は引用。
「リテールテックJAPAN」は小売り関連のシステムの展示会で、デジタルサイネージ(電子看板)を使った販売促進ツールやPOS(販売時点情報管理)レジを展示している。
日立製作所は指をかざすだけで代金を支払える自動販売機を出品した。血管の模様で本人確認をする仕組みで、ICカードは必要ない。自販機についた電子看板に利用者本人向けの情報を表示することもできる。
(以下略)

指をかざせば代金を支払えるといっても、どこかでそれだけのお金を持っていなければいけないわけで、指はその資産の場所を指し示すモノにすぎないのだな。
なにを自販機で購入するのか分からないが、それだけのために、自分が自分である固有の情報を、自動販売機に読み取らせる人が出現するのか、指をかざすことにより、そこから読み取られた個人情報をもとに、機械が情報を表示することを喜ぶ人がいるのかは多分に疑問なのですが、まんいちこれが普及すれば、人々の統制を行おうとする為政者や、警察権力にとっては大変な武器となることでしょう。
[PR]
by epole | 2010-03-12 00:01 | これからの自販機
藤岡ハイウェイオアシスの自動販売機
a0003909_650454.jpg群馬県関越自動車道上の藤岡ハイウェイオアシスで自動販売機を眺めてみました。

通常の飲料自動販売機は中身の広告がセットされているだけなのですが、ここの自動販売機にはいろいろと張り紙がされているのが特徴的。それらは主に犯罪に関するもので、それも購入者に向けて注意を促すという形式をとりながら、実は犯罪者への警告としている印象を受けました。

左側の大きな紙にはこう書かれています。
「最近、「   」「   」と言ってお金を請求するトラブルが多発しております。万が一”   ”等ございましたらご面倒おかけしますが、下記までご連絡くださいませ。トラブルの無いよう万全の体制で販売しておりますが、あまりにも多発しているため、このような対応になってしまい、お客様にご迷惑をおかけしている事をお詫び申し上げます。管理責任者氏名 三国コカ・コーラボトリング㈱」(一部略)
日焼けのためか「   」の中の文字、”   ”の中の文字が判読できない。いったい何が起こっているのだろう。

右側には「群馬県警察」の文字
「盗難対策済  With anti theft device  POLICE 群馬県警察 群馬県防犯協会」

どうやら犯罪が発生し、対策がとられているようなのだな。
[PR]
by epole | 2008-08-07 07:05 | これからの自販機
オフィスオアシス
富士通のワープロのことではありません。

5月22日付けで神戸新聞が伝えるところによりますと、企業に飲料の入った専用の冷蔵庫を置いてもらうという「オフィスオアシス」というサービスを、神戸市兵庫区の阪神酒販株式会社(EC事業 貿易事業 酒類・飲料・食品の製造、卸・小売販売事業)が始めたとのことです。

どうやらこの「オフィスオアシス」というサービスは、富山の薬売りの飲料版のようなもので、設置者は中の飲み物が欲しいときには代金箱にお金を入れて飲料を取り出すというシンプルなもの。週に一回配達員が代金の回収と商品補充を行うとのことです。

このサービスのメリットは、第一に占有面積の小さいこと。冷蔵庫の面積は140cm×48cm×45cmで、一般的な自動販売機よりずっと小さい。(最近占有面積が小さいということで職場に食い込むジャパンビバレッジのカップ式自動販売機と同じくらいか?)これならプリンタや複写機より面積は少ないくらいで、置いても邪魔にならないかもしれない。

第2は電気代が安いことでこれは月平均1,000円だという。通常の自動販売機では、ヒートポンプや真空断熱などの技術を総動員してもここまではまだできていない。省エネだ。

第3は飲料の価格が安いこと。巷では50円飲料の自動販売機も出現しているが、屋内ではまだ実現できていない。
「オフィスオアシス」では、スーパー店頭120~100円の商品が50円なのだそうである。ちなみに商品は10種100本入るとのこと。

これは昔ながらのシステムの応用で、無人の中でも買った人が必ず代金を入れるという前提で行われる。誰も中の飲料にいたずらなどしないという前提の元にあるのである。

明治期には、学用品を箱に入れ、学童が必要に応じて自主的に学用品をとりお金を箱に入れる(必要に応じておつりを取る)システムが、ある小学校で導入されていて、これを自動販売機と称したそうである。その向きからすると、これはまさしく自動販売機なのだな。

それにしても、今回は富士通のワープロとか富山の薬売りとか、知らないない人も結構多かったのではなかろうか。
[PR]
by epole | 2008-05-24 08:03 | これからの自販機
昨年機種比40%省エネの自動販売機『e-40』登場
コカ・コーラシステム、高い省エネ性能のノンフロン・キャッシュレス自販機を導入

日経プレスリリースが伝えています。
北海道コカ・コーラボトリング株式会社は、4月21日、、北海道洞爺湖サミットの国際メディアセンターの設置が予定されているルスツリゾートホテルに、国内No.1の省エネを実現したノンフロンキャッシュレス自販機「e-40(イーフォーティ)」を北海道内で初めて設置・稼動する。

『e-40』は、ノンフロン・ヒートポンプ方式、高性能真空断熱材、LED照明の採用により、従来機種に比べ、40%の省エネを実現している。

我が国における自動販売機の省エネ技術は素晴らしい。日本の環境技術を世界にアピールしてほしいところであります。
[PR]
by epole | 2008-04-21 07:02 | これからの自販機
長野電鉄のなかの風景
a0003909_559578.jpg今朝の電車で向かい合わせて座った美しい女性は、指もすらっとして、それはわたくしの短めの指より一関節ほど長いものと感じたのですが、それよりも私の心をとらえたのは、彼女のその長い指のなかにある日本経済新聞に掲載された富士電気リテイルシステムズ(株)の全面広告だったのであります。

ヒートポンプ方式により、同社の自動販売機は10年前に比べ消費電力は4分の1以下を実現したとのこと。まさに自動販売機は省エネのトップランナーなのであります。
いろんな人と自動販売機について話すと、多くの人が問題とするのが地球温暖化問題なのですが、それらの人は自動販売機業界の省エネへの取り組みと成果をほとんどご存じない。自動販売機業界の状況を知れば、『自動販売機の稼働時間の短縮等』といった措置を定める某県の条例が妥当なものかどうかがわかろうというものです。

さて、写真は夕刻の長野電鉄小布施駅に置かれた無人の新聞スタンド。これも広義では自動販売機。
[PR]
by epole | 2008-04-04 06:25 | これからの自販機
米国加州で医療用マリフアナの「自動販売機」登場
1月29日付けCNNによりますと、1月28日、ロサンゼルスの薬草店に医療用マリフアナの「自動販売機」が設置されたとのことです。

事前に処方せんを提出し、写真撮影と指紋登録をした上で発行されたカードを使用するとのことで、自動機が置かれている場所は、24時間体制で警備が敷かれるとともに監視カメラが設置され、さらにどのような人物が販売機を使ったが分かるようになっているとのこと。

米国ではカリフォルニア州など11州で医療用マリフアナを認可されているが、自動販売機の導入は初めてとのこと。
なお、今後は、処方せんが必要なほかの薬、男性の勃起(ぼっき)不全治療薬「バイアグラ」や鎮痛剤「ヴィコディン」、男性型脱毛症用薬「プロペシア」などの販売も視野に入れていると伝えています。
[PR]
by epole | 2008-02-07 06:19 | これからの自販機
「F-secuirty(エフ・セキュリティ)」
大阪市中央区の株式会社フィールドワークスでは、「F-secuirty(エフ・セキュリティ)」という、自動販売機と防犯カメラを組み合わせたサービスを行っています。

㈱フィールドワークスのHPによりますと、これは「自動販売機の設置によって見込まれる収益をWeb式防犯カメラの設置・維持費用に充当する画期的なビジネスモデル」だそうで、「Web式防犯カメラの設置と同時に、オーナー様が所有・管理されている物件に飲料水の自動販売機を設置させて頂きます。もうお分かりかも知れませんが、この自動販売機を活用することにより、Web式防犯カメラ設置に必要な費用をまかなうため、オーナー様の負担をゼロにすることが出来るのです。」「さらに月々のWeb式防犯カメラ維持・保守についても自動販売機を活用することにより、オーナー様のご負担はゼロです(実際にご負担頂くのは自動販売機の電気代のみです)。」としています。

駐車場を経営する友人の話では、駐車場に設置する自動販売機というのは一般に路上に設置される自動販売機と比べると格段に収益が良いのだそうで、駐車料金を支払うにあたって小銭が必要なお客様が特に必要としない飲料を、両替代わりに買うのだそうです。また、自動販売機が夜間にこうこうと照らす明かりも防犯に役立つのだそうです。

「F-secuirty(エフ・セキュリティ)」を導入すると、自動販売機一台の収益が、そのままシステムの使用料に変わってしまい、さらに、いままでかからなかった(収益でまかなわれていた)電気代がかかるわけですが、主体となる駐車場の運営にカメラがどうしても必要なのであれば、導入を検討するのもよいかもしれません。
[PR]
by epole | 2008-01-26 08:48 | これからの自販機
物件検索モニター「モニタン」
1月7日付け週刊全国賃貸住宅新聞によりますと、自動販売機のフジタカは、賃貸管理・仲介会社向けの物件検索モニター「モニタン」を発表したとのことです。

モニタンというのはフジタカの自動販売機で前面にタッチパネル式で情報提供ができるモニターでありますが、このモニタンに不動産物件検索機能を持たせたということなのだな。

既存のネット回線を利用できる場合は、通常の自動販売機のリース料+1万円で導入ができるそうです。

あまり詳しい情報提供はかえって賃貸仲介業者を脅かしかねないし、情報の程度・範囲の選択が大事になりそうだ。ひとつの選択ですが、どの程度広まるかは、その情報の内容の是非にかかっている。
[PR]
by epole | 2008-01-23 21:29 | これからの自販機
よしもと自販機劇場にグリコの自動販売機を思う
昭和初期の自動販売機に「映画つきグリコ自動販売機」(1931年)がある。
これは「10銭玉を入れると、映画のシーンが音楽つきで小型スクリーンに写し出され、終わると栄養菓子グリコとおつりの2銭が出てくるというもの」(江崎グリコHP)で、大阪用と東京用に計100台注文され、「ほとんどが東京市内の百貨店、公園、地下鉄の駅などに設置された」(鷲巣力著「自動販売機の文化史」)とのことです。

さて、吉本興業と自動販売機オペレーター会社のアペックスとは提携し、“笑いの自販機”を売り出すこととしたそうです。
この自動販売機は「よしもと自販機劇場」と名づけられた、19インチの液晶ビジョンを搭載した紙コップ式の飲料自販機で、商品調理中に10~30秒の吉本興業のタレントのネタコンテンツを放映するもの。商品毎に異なる調理時間に応じて、ネタコンテンツを1杯当たり1~4本ランダムに放映されるそうで、出演タレントは村上ショージさん他13組(出演者は定期的に更新)で、全95本のコンテンツがあるそうです。

この自販機劇場は今週末(2007年12月9日)までに、全国の高速道路SA、PAに93台設置され、反響が大きければ各地で増設も予定しているとのことで、目にふれる機会も多くなると思います。

自動販売機を利用する理由に「手軽で早い」というのがあるけど、この自動販売機はなるべく時間がかかるほうが楽しめるね。
それにしても、今のように液晶がないなかで、同じようなアイデアとサービスが昭和初期に提供されていたというのは大変なことだったと思う。

そういえば、吉本もグリコも大阪なのだなぁ。
[PR]
by epole | 2007-12-07 05:55 | これからの自販機