「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:小売店の今( 14 )
キヨスク前の自動販売機
a0003909_6333573.jpgキヨスク前の自動販売機。レジからみえるようにたばこの自動販売機。その向こうには飲料自動販売機が置かれている。

キヨスクがあるのに自動販売機がどうして必要かというと、早朝や深夜など、キヨスクが閉店後も利用できるように。
では、たばこの自動販売機がどうしてレジから見えるように置かれるかというと、未成年者が買わないように監視することが必要だから。
ではたばこの自動販売機がどうして必要かというと・・・

JR東日本では、「キヨスク」を「キオスク」と呼ぶこととしたそうな。
そう思ってお店を見直すと、「キヨスク」と思っていたのが「ニューデイズ」だったんだな。
キヨスクとキオスクはともかく、ニューデイズとはどう違うのだろう。

実はわたくし、キヨスクのことをこれまで「キヲスク」と呼んでいました。
[PR]
by epole | 2007-04-05 06:34 | 小売店の今
セルフレジ
連日の盛岡市のニュースです。

2月27日付けで河北新報が伝えるところによりますと、盛岡市のジョイス「スーパーセンターみたけ店」では27日、店員の手を通さず買い物客が自分で商品の値段を読み取り会計する「セルフレジ」の運用を開始したとのことです。

これについては㈱ジョイスと富士通㈱が連名でプレスリリースしていました。

1 セルフレジについて
お客が自分で購入する商品のバーコードを読み取らせ、現金もしくはカードで支払いを行うレジで、一人のアテンダントが複数のセルフレジを監視・確認しており、お客の操作間違いや問い合わせに対応する。
お客のレジ待ち時間を削減し、売場の店員を効率的に配置することで、サービスの向上が実現される。
北米の大手量販店では普及期に入っており、約65,000台が設置。2009年度には19万台程度の普及が見込まれている。

2 ㈱ジョイスのセルフレジに関する取り組みについて
ジョイスは北東北に43店舗(岩手県39店舗、秋田県4店舗)を展開するスーパーマーケットで、今回、岩手県盛岡市の「スーパーセンターみたけ店」では、全18台の既存レジのうち、2台を削減し、セルフレジを1システム(4台)導入する。このセルフレジを利用するお客様の精算補助のために1名のセルフレジ担当者(アテンダント)が配置される。
今後お客の評価、運用状況の成果をみながら、他店舗への展開を検討する予定。

3 今回のシステムについて
セルフチェックアウトシステムは、従業員用端末「アテンダントステーション」1台とセルフレジ「カスタマーステーション」4台で構成されるシステムで、富士通と富士通フロンテック株式会社が共同で開発した。
現在、日本・米州・欧州などで事業を展開し、全世界で約3,500店舗、 17,000台が稼動中。

無人レジについては2005年9月16日付けでこのブログでも取り上げたところですが、実際の導入事例を聞いたのは今回がはじめてです。しかしながら、昨日の馬券自動販売機ではありませんが、案外普及しているのかもしれません。
新聞記事によると、お客の反応は概ね良好なのだな。
[PR]
by epole | 2007-03-01 06:08 | 小売店の今
一日市場駅前のたばこ店
a0003909_1291773.jpg一日市場は「ひといちば」と呼びます。
小学生のころ、電車に乗って、松本市の百貨店に親に連れられて出かける途中、必ずといっていいほど、
「ここは『ひといちば』だけれど、人を売っているわけではない。」などと言われたことをいつも思い出すのであります。

駅前には、昔「自転車置き場」をやっていたと思われる建物が2つ。一階部分が大きくシャッターで開いて中が広く開いたつくりになっています。今は駅舎のよこに、露天ではありますが無料自転車置き場が整備されたため、建物の中はがらんどう。

その先には戸とカーテンを閉じたたばこ販売店がひとつ。屋根は少し傾き始めていますが、このような店がしっかり営業していたら素敵なのだけれど。
店先にはたばこの自販機が一台。

たばこの自販機がJTと財務省によりいい加減に大量に設置されたため、既存のたばこ販売店の売上げは激減し、それだけでは商売が立ち行かなくなっています。それでも、自販機を撤去してしまえばわずかに残された収入もなくなるのではないかという不安。
JTと財務省はこの責任はとるつもりはないのだろう。
[PR]
by epole | 2006-01-12 01:32 | 小売店の今
一物二価の例
a0003909_23535243.jpg大好きな豊科サティの食料品売り場では、コカ・コーラ社の『爽健美茶』500ミリリットル入りペットボトルを90円で販売しているのは前に述べたとおりですが、その売り場に一番近い北出口(警察署側出口)をでたところにある自販機コーナーでは、同じ商品が150円で売られているのであります。
距離でいえば、ほんの数十メートルのところに存在する一物二価。その価格差は1.67倍にも達します。

わたくしなどはこの価格差の前に愕然とし、この自販機では決して商品を購入しようとしないのでありますけれども、見ていると、この自販機で飲料を購入する人が結構多いのであります。

どうやら消費者は、商店でものを購入するときと、自販機の前に立ったときでは全く別人のような消費行動をとるようなのであります。それはつまり、商店に入って商品を購入しようという場合には、一円でも安いものを見極めているのに対し、一歩外に出て自販機前に立ったとたん、商品やその価格に無頓着となり、夢見るお殿様のように買い物をしているのであります。

それは、そもそもわれわれ消費者に、「自動販売機では定価販売が当たり前」との刷り込みがされていることに起因するものと考えられます。そして、飲料くらいの価格内であれば、「まぁ、いいか」というようなあいまいな動機付けにより安易に購入が決定されるというわけであります。
[PR]
by epole | 2005-09-21 23:53 | 小売店の今
流通
唐突ですが。。。

コンビニには3,000もの売れ筋商品がならんでいるそうなのであります。そしてそれらは次々に淘汰され、一年では3分の2の商品が入れ替わるともいわれます。消費者の嗜好がこれだけ多様化し、それに呼応するかのように、かつての家電製品のように次から次へと新たな加工食品が開発、宣伝され、それを消費者が求めるようになりますと、もはやよほどの専門性を持たないと、単体での小売店の維持は困難なものと思われるのであります。

かつての小売店でも、お店の看板に「フジパン」とか「コカ・コーラ」とか、メーカー主導の系列チェーンが存在していましたが、いまでは「フランチャイズチェーン」とか「ボランタリーチェーン」など、小売り主導による小売チェーンが主体となってきました。

そんななかで、昔ながらの単一メーカーの系列の流通販売を貫いているのが自動販売機であります。自動販売機を多数設置することにより、宣伝効果と市場占有率を高め、定価販売により高収益を確保します。

自販機がかつての系列小売店のように淘汰されていくのか、それとも専門性の高い店舗として認知され続けるのか。これも確認したいのだな。
[PR]
by epole | 2005-09-20 23:30 | 小売店の今
一物一価 四
9月10日付けasahi.comで掲載されたセブンイレブンにおけるペットボトル飲料値下げに関するニュース(見出しは「小売り「仕入れ値」で攻勢」)ですが、9月16日付け毎日新聞では、「<飲料値下げ>セブン―イレブンとメーカー、激しい綱引き」という見出しで解説されています。

asahi.comの方が一週間弱早く記事にしており、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長のコメントも掲載するなどアドバンテージがあるはずなのですが、一週間の機関はあるとしても、毎日新聞のわかりやすい記事を読んでみると、asahi.comの記事はだいぶ不親切な、説明不足のものだったと感じるのであります。

しかし、asahi.comの記事がわかりにくく理解不能であったゆえに、チェーンストアの仕入れなどについて勉強を始めてしまったのでありまして、何が幸いするかわからないのであります。
[PR]
by epole | 2005-09-17 07:40 | 小売店の今
無人レジ
それが目的というわけでもないのですが、豊科サティにいくといつもレジにいる店員さんが気になるわけで、特定の店員さんがいると、かならずそのレジで支払いをしたり、姿が見えなかったりすると買い物を控えたり、翌日に買うこととしたり、どうしても必要な場合には、まぁ、やむを得ず買い物をしたり、まぁ、するわけです。
そんな買い物の醍醐味を奪いかねないのが「無人レジ」というものなのであります。

「無人レジ」とは読んで字の如し。無人の清算窓口で、お客さんがかごに入れた商品を自らの手でレジを通して代金を計算し、お金を支払うというものであります。
店員さんのお仕事をまるまるお客さんが負担するわけなのですが、バーコードやらPOSやらクレジットカードの普及により、お客さんのする負担もかなり少ないようなのであります。

籠の中の商品のバーコードをひとつひとつスキャンするとディスプレイに品目と価格が表示され、
商品を清算済みかごに移すという作業を繰り返し、最後に精算するという仕組みで、清算済みかごの下には重量計が仕込んであって、未清算商品が入ると注意が促されるということであります。

レジの人の人件費が押さえられるという目的のようで、合衆国では全レジの2%程度が「無人レジ」とのことですが、私としては、なぁんかこんなもののある店には行きたくないなぁ。
「無人レジ」反対!
[PR]
by epole | 2005-09-16 06:38 | 小売店の今
一物一価 三(迷走)
いまや辻辻に複数設置されている自動販売機ですが、個々の売り上げは多くて年一千万、一般的には百万円程度といったところのようです。地域全体でみれば大きな市場である自販機も、単体で見れば大手スーパーの足元にも及びません。
そのような状況の中で一物一価をスーパーマーケットやコンビニチェーンという巨大小売と並べて論ずるのは一見乱暴な気もするのです。

しかし、最近の自販機のほとんどはメーカー系列の管理会社が管理していて、地主はロイヤリティーを受け取るのみという形態が一般化しています。この場合、数千単位の自販機飲料の仕入れは管理会社が行うのですから、この場合、十分大手スーパーに匹敵する仕入高となっているのであります。
それでも自販機が単価を下げないのは、自販機管理会社が自らの売り上げ増を追及するのではなく、親会社たる飲料メーカーの利益を守ることが最大の目的であるからでしょう。
そう考えてみると、鈴木会長のいうことはもっともに思えてくるのだなぁ。

でも、この考えからすると、自販機飲料間での一物二価を推進する方向にもなってしまう。。。もうすこし落ち着いて考えなければならないのです。
[PR]
by epole | 2005-09-15 07:44 | 小売店の今
一物一価 二
a0003909_23244261.jpg本日セブンイレブンに入り、この9月2日から販売価格を22円(15%)引き下げ125円として販売している主力七品目を確認してきたのであります。
コカ・コーラの『コカ・コーラ』『アクエリアス』、伊藤園の『おーいお茶緑茶』『おーいお茶濃い味』、キリンの『午後の紅茶ストレートティー』、アサヒの『三ツ矢サイダー』、それにサントリーの『なっちゃん洋なしりんご』。いずれもペットボトル入り500mlの商品なのであります。
他の500mlペットボトル入り飲料は、基本的に147円で売られているのであります。

価格的には125円となりましたが、スーパーマーケットと比べるとまだまだ割高感は残ります。この日豊科サティ(イオン系列)では、これら500mlのペットボトル飲料はいずれも99円で販売されていました。一部商品(コカ・コーラ社の『爽健美茶』は90円で売られています。また、アップルランド穂高店(松本電鉄系列)では500mlのペットボトル飲料は100円でありました。
近づいたとはいえ、販売価格の一物一価まではコンビニの努力だけではいかないようです。

ところで昨日紹介したセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長のコメントでは自販機についても指摘しています。
「仕入れ値は当然、考えてもらわなければいけない。スーパーだけ安くして、コンビニや自分たちの自動販売機は高い。安売りするところには一生懸命に好条件を提示して市場確保に一生懸命なのに、それ以外は放っておくのは怠慢だ」

これまでスーパーマーケットは大量仕入れによりコストダウンを図るがゆえに商品が安く、地域の小売店や自販機では定価販売が当たり前だと感じていたのですが、さすが優れた経営者は時代を感じ取り、その目はさらに先を見ているのであります。
一物一価が実現するとき、小売業の状況はどのような劇的な変化をおこすことだろう。
[PR]
by epole | 2005-09-13 23:24 | 小売店の今
一物一価
セブンイレブンではこの9月2日から「コカ・コーラ」、「午後の紅茶ストレートティー」、「おーいお茶」など主力七品目の販売価格を22円(15%)引き下げ、125円として販売しているようなのであります。

第一感として、百円ショップ等との対抗措置や他のコンビニエンスストアとの差別化だと思ったのですが、朝日新聞に掲載されたセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長のコメントによりますと、安売りスーパーマーケットとコンビニエンスストアでは仕入れ値が違うという状況を打破し、仕入れ値の一物一価を進めるという考え方なのだそうであります。

メーカーが安売りスーパーに対し卸値を下げているのだとすれば、セブンイレブンのような大手小売に大しても同様な措置を講じてもよさそうな気がしますが、そこはそれ、メーカーにも小売を選別しての販売戦略があり、簡単には譲れないようなのであります。
かつてのダイエーが松下製品に対して行った戦いを思い出させるのであります。結果ダイエーは惨敗し、今の惨状にいたっているわけでありますが、今回はコンビニ側に利がありそうな気がします。

9月にはいってからコンビニエンスストアに立ち寄っていないため、主力七品目の内容がわからず、セブンイレブンジャパンのHPも確認してみましたが明記されていないのであります。飲料値下げは、セブンイレブンにとってはニュースになるようなものではない、いたって普通のことなのかもしれません。
[PR]
by epole | 2005-09-13 00:02 | 小売店の今