「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ごはんのおかず( 2 )
サケのみそ焼き
a0003909_111910.jpg引き続き「『ごはんをいっぱい食べたいな』料理コンテスト」から。
平成15年度中学生の部グランプリを獲得したのは、阿智村の阿智中学校3年生の佐久間さんの考案した「サケのみそ焼き」です。
やはり、「長野県ごはんを食べよう推進会議」の出しているパンフレットからレシピをご紹介しましょう。

[材料(4人分)]
サケ(生サケ)・・・4枚 はくさい・・・120g たまねぎ・・・160g ニラ・・・80g とろけるチーズ・・・240g にんじん・・・20g レモンの皮・・・12g みそ・・・大さじ10 水・・・150cc

[作り方]
① ニラ、たまねぎ、はくさいを切る。
② 加熱皿の上にサケをのせ、その上に切ったニラ、たまねぎ、はくさいをのせる。
③ みそを水にとかし、切った野菜の上にかける。
④ その上にとりけるチーズをのせ、こまかく切ったにんじんをのせて250度のオーブンで15分間焼く。
⑤ 焼きあがったら、その上にレモンの皮をきざんでのせる。

佐久間さんのコメントは、「チーズにこげめがつくくらいまで焼くと1番おいしいです。」だそうです。
材料の分量が10g単位でのっているのが中学生らしいですね。学習の成果を感じさせます。
こんど、私もいつもの料理の材料の分量を量ってみよう。
ちなみに写真は「たまねぎ160g」です。

何杯でもごはんが進むおかずは?
[PR]
by epole | 2004-07-03 11:20 | ごはんのおかず
ちくわのかばやき
a0003909_53728.jpg「ごはんをいっぱい食べたい」で検索したところ、「『ごはんをいっぱい食べたいな』料理コンテスト」というページに行き当たりました。
ここで、平成15年度小学生の部グランプリを獲得しているのが「ちくわのかばやき」です。
原村の原小学校6年生の中村君の考案したこの料理は、ぐるりに配置されたトマトが印象的な一品ですが、HPにはレシピが載っていません。
いろいろ調べたところ、「長野県ごはんを食べよう推進会議」の出しているパンフレットにレシピが載っていたので、紹介します。

[材料(4人分)]
ちくわ・・・4本 ジャガイモ・・・3個 なす・・・3本 ピーマン・・・3個 プチトマト・・・1パック あげ油・・・適宜 みりん・・・大さじ5 しょう油・・・大さじ5 さとう・・・大さじ5 かたくりこ・・・大さじ2 水・・・大さじ2

[作り方]
① ちくわをたて半分に切って、長さを三等分に切る。
② ピーマン・ジャガイモ・なすを厚さ1cmの短ざく切りする。
③ あげ油を170℃に熱して水けをとったジャガイモを、はしがとおるまで揚げる。
④ 水けを切ったなすを、箸でつまんでやわらかくなるまで揚げる。
⑤ 水けをきったピーマンを、30秒揚げる。
⑥ ちくわを茶色に色づくまで揚げる。
⑦ 大きいなべにみりん・しょう油・さとうを入れ、あわがぶくぶくするまで煮る。
⑧ ⑦に水どきかたくり粉を入れて、てばやくかきまぜる。
⑨ 火を弱めて、揚げた野菜とちくわを入れてからめる。
⑩ ⑨にプチトマトを使ってもりつける。

中村君のコメントは、「ちくわの蒲焼が好きだったので、苦手の野菜がおいしく食べられるように工夫して作りました。」だそうです。野菜嫌いの子供たち、ちくわのかばやきでごはんと野菜をおなかいっぱい食べてね。

今回は自動販売機の立ち入る隙はありませんでした。
写真はこれまた全く関係のない、坂井村のほたるです。村中を飛び交うほたるを何年ぶりかで追いかけてしまいました。7月3日にほたる祭りがありますが、ピークはこれからのようです。

何杯でもごはんが進むおかずは?
[PR]
by epole | 2004-07-02 05:38 | ごはんのおかず