「ほっ」と。キャンペーン
財務大臣辞任から自動販売機への連想
マスコミの調査によれば国民に殆ど信任のない麻生内閣の中川財務大臣が辞任されました。
当初G7での会見を拝見した折りは、一国の大臣が、このような経済状況の中で、まさか酩酊状態で会見に臨むわけもないと、来日したブッシュ(父)大統領が晩餐会で嘔吐した画像を思い出し、大臣の健康状態を心配したところです。
その後の報道などをみますと、幸いにして彼は重病ではないアルコール依存の状態のようで、どうやら会見も飲酒の影響が大きかったようです。ぜひしっかりその体質を修正し、日本国民を含め、世界のために次は活躍をしていただきたいところです。

さて、アルコール依存に対しては、酒を控えるのでなくしっかり断つことが有効とされているようです。海外であれば、周囲の協力があれば酒から離れることができるのですが、日本では酒の自動販売機という文明の利器があり、中川財務大臣も、わざわざ(新聞記者を抱き込んで、こっそり)ホテルで飲まなくても、道ばたの自動販売機でさっとアルコール飲料を購入すればいいわけで、断酒を目指す依存症の患者さんにとってはストレス社会なのだな。

さて、アルコールに対して意志の弱い人間にとって酒類自動販売機がストレスであるという事は、甘くて美味しいものに対して意志の弱い人にとって、多くの飲料自動販売機がストレスであるという事になるということに気がつきませんか。
私は最近、子どもにとって、殆どの自動販売機がストレスとなっているのではないかと強く感じているところです。

PS.わたくし当初、来日晩餐会で嘔吐した大統領をレーガンさんだと思い、その旨を記載しておりましたが、それはブッシュ(父)さんであるとのありがたいご指摘コメントを頂戴し、訂正させていただきました。ありがとうございました。
[PR]
by epole | 2009-02-18 06:49 | 番外


<< 安曇野と小布施 注意書きの多い自動販売機 >>