「会社観光」の自動販売機 その1
横浜へ行った。横浜といえば、いまはランドマークタワーであろう。しかし、70階にあるスカイラウンジ「シリウス」や、69階の展望フロアに上って下りてきても能がない。だいたい長時間の行列を覚悟しなくてはならない。じゃあランドマークのなかで、一番高い所に入っているオフィスに侵入してこよう、ということになった。(中略)
現在、実質的に最上階の47階には「NTT神奈川本部」という企業が入っている。ちなみに46階は「日本農産工業株式会社」、45階に「東京海上神奈川本部」といったあたりが最上部を占めるメンツである。
ロの字形の内っ側の部分にトイレと食器洗い場、自販機などを置いたちょっとした休憩所が設けられている。47階のその場所で、ペーパーカップのコーヒーなど飲みながら待機することにした。

私が読んでいるこの本は「会社観光 10 横浜ランドマークタワー最上階のオフィスを覗く」(泉麻人著1995.9)

いまはどうだかわからないのですが、当時ランドマークタワーの最上部にオフィスを構えるのは47階の「NTT神奈川本部」であったらしい。そして、その階の一角にはトイレと食器洗い場と共に自動販売機も置かれているのだった。人が生きてくのに必要な部分が切り取られてそこに存在しているようだ。そして当然自動販売機はそこにあるのだ。

さて、この本は「会社観光」という本なのだが、その後ろに長々と副題をつけたのには訳がある。他のチャプターでも自動販売機が出現するのだ。つづくのだな。
[PR]
by epole | 2008-09-25 01:19 | 小説にみる自販機


<< 「会社観光」の自動販売機 その2 やかましい小布施駅前のコカ・コ... >>