たばこ自動販売機規制についてのパブリックコメント募集
財務省理財局総務課たばこ塩事業室では、2月8日から3月8日まで、たばこ自動販売機規制に関するパブリックコメントを募集しています。

意見募集の内容は、簡単に言うと
「2008年7月1日以降、たばこ自動販売機については、稼働中又は新設にかかわらず『成人識別装置』をつけ、稼働させたもののみ販売を認める。」
という措置の是非についての意見を問うもの。

減少したといっても、成人男性の喫煙率は平成17年度で45.8%、成人女性でも13.8%。喫煙者のほとんどが自動販売機を利用していると私は思うのですが、そうだとすれば国民の半数弱にかかわる問題についてパブリックコメントが募集されています。
この際、喫煙者もそうでない人も、ぜひこの機会をとらえて意見をいたしましょう。
そうでなければ一部の役人とJTの思ったとおりの制度が成立してしまいます。

本件に関しての私の意見は次のとおり。

JT主導によるタバコカード「タスポ」は強制的に電子マネー「ビデル」に加入することになる。今回の財務省の措置は、国民の半数近くに「ビデル」への加入を強制することにつながる。これは特定企業(JT及びJCB)への利益を誘導することになり、公正でない。

パブリックコメント募集の詳細はこちら
1 案件番号:395110708
2 意見募集中案件名:『「製造たばこ小売販売業許可等取扱要領」の一部改正(案)』及び『「成人識別自動販売機の導入を製造たばこの小売販売業等の許可の条件とすることについて」通達(案)』に対する意見募集について
3 定めようとする命令等の題名:「製造たばこ小売販売業許可等取扱要領」の一部改正
  「成人識別自動販売機の導入を製造たばこの小売販売業等の許可の条件とすることについて」通達の発遣
4 意見・情報受付締切日:2008年3月8日
5 資料の入手方法:財務省東門受付室にて配布

それにしても、今回のパブリックコメントも財務省の新着情報等に載っていない。まるで意見をなるべく受けたくないような気もしかねないのだが、そんなわけはないですよね。
わたくしも微力ながら、意見募集の広報にご協力いたしましょう。
[PR]
by epole | 2008-02-11 20:38


<< 自働販売機マスター? ダイドードリンコとコカ・コーラ... >>