手口
8月10日付けの北國新聞に、自販機あらし容疑者逮捕の記事がでているのであります。
http://www.hokkoku.co.jp/_today/E20050810002.htm

7月14日午後3時半ごろから15日午前8時半ごろまでの間、加賀市内のゴルフ場内にある清涼飲料水の自動販売機二台から、グラインダーを使い鍵の部分や料金箱の部分を切り開くなどして現金合計約二万五千円を盗んだ疑いがあるそうで、さらに同じ手口による自販機あらしや事務所あらしが去年の5月ごろから北陸で数十件発生しており、これも同容疑者の犯行ではないかとみて追求しているようなのであります。

これまでの報道では「バールのようなものを使って扉をこじあけた」などといった程度でしか手口が報道されなかったのですが、今回は「グラインダーを使い鍵の部分や料金箱の部分を切り開く」という、かなり具体的な報道なのであります。
「グラインダー」とは丸い回転する砥石で対象を研磨するもののようで、電動工具では15000円くらいから販売されているようです。これで鍵のところを研磨すると自販機は開いてしまうのかなぁ。

このような具体的な手口を公表して大丈夫なのだろうかと思いつつ、新聞で報道されているものだからと書きながら、なお不安な気持ちでいるのであります。真似はなさいませんように。いつか記事の中に埋もれてしまうことを願いつつ。
[PR]
by epole | 2005-08-13 03:48 | 自動販売機と犯罪


<< とおせんぼ 転倒防止用鉄板 >>