商店店先の屋外自動販売機
a0003909_231221.jpgいま、コンビニエンスストアを除く殆どの小売店の店先に自動販売機が設置されています。
商店にとっては手間がかからない中で、収入が確保されるため、いわば打ち出の小槌のような存在なのでしょう。
ところで、前回述べましたとおり、店内に入ってこそ商品は売れるのであります。
そうかんがえますと、屋外に自動販売機を設置してそこで売れ筋の商品のみを販売するということは、もしかしたらせっかくの購買意欲を持ったお客さんを入り口で追い返しているのではないでしょうか。
商店店先の自販機においても、管理を管理会社が全面的に行う場合が増えています。この場合、表面的にはロケーションフィーが純粋に商店の利益と思われがちですが、実は商店は自ら設置した自販機のため、自らの売上を激減させているのです。
[PR]
by epole | 2004-02-17 23:13 | 総論


<< メーカーの思惑 だれでも設置できること >>