旧制松本高等学校と自動販売機
a0003909_17482962.jpg先月24日に亡くなられた北杜夫さんを偲んで。

松本市あがたの森公園は、旧制松本高等学校の敷地を整備したもので、旧制松本高等学校の校舎が保存されているほか、「旧制高等学校記念館」が併置されています。
北さんは旧制松本高等学校の出身で、「ドクトルまんぼう青春記」には北さんの過ごした思誠寮のことが多く描かれています。その思誠寮には北さんの書いた落書きが残されていたことは、高校時代から承知していたのですが、すぐお隣(松本県ケ丘高等学校はあがたの森に隣接)に毎日通っていたにもかかわらず、一度もそこへ訪れておりませんでした。
いま、北さんの過ごした「思誠寮」は解体されたところですが、北さんのを含む板に書かれたいくつもの落書きは、旧制高等学校記念館に残されています。
その落書きは、こちら→。

a0003909_1884822.jpgWikipediaには、私の学んだ信州大学(私は院だけだが)は、『旧制松本高等学校、新八医科大学である旧制松本医科大学(旧松本医学専門学校)、旧制長野県立農林専門学校(旧長野県立農林専門学校)、旧制上田繊維専門学校(旧上田蚕糸専門学校)、旧制長野工業専門学校(旧長野高等工業学校)、長野師範学校等を統合し、1949年に新制大学となった。』と記されている。それならばいっそ同窓会も統合したほうがよい、さもなくば旧制松高同窓会はどんどん萎んでいってしまうのではないか。そのようなことを考えながら松本高等学校の文字の入った法被を買う。しかし、まとまりのある旧制松本高校に比べ、総合大学である信州大学はあまりに大きい。そのような組織の中では、機関紙発行などの事業を行うことさえ困難なのかもしれない。
松本高等学校の校章は中央の「高」から9本の線が放射状に伸び9高を示す。この校章はよろしくないと学生から動議が出され、学校側も了解したのだが、代案がなくこのままに留まったらしい。

a0003909_1894326.jpg記念館をでてシベリア杉の並木を歩くと、レンガ造りの建物に沿って、2台の自動販売機が置かれている。その姿は、ほとんどの自動販売機がそうであるような派手派手しい装いではなく、シベリア杉とレンガの建物の中に溶け込むような佇まい。空容器入れも同様なのでした。さすが。
さすがといえば、記念館の展示にも、旧制高等学校の気骨を示す展示が多く、文章もその渾身の思いが伝わる名文ばかりでありました。

そんな中で愉快であったのが「寮の不文律(昭和12年寮生規約)」のひとつ
一 寮内には絶対に女性を引き入るべからず。ただし母、姉妹、その他恋人、許婚等止むを得ざる場合は総務委員長の許可を得べし。
・・・これはいったいなにが絶対に女性を引き入るべからずだかよくわからないのだが。へんなところに目が行ってごめんなさい。
話のわかる総務委員長だといいなぁ。ねえ、北さん。
[PR]
by epole | 2011-11-26 18:10 | 景観と自販機


<< 石原和幸さんと自動販売機 久々に権堂の先のフジタカの自動販売機 >>