「ほっ」と。キャンペーン
久々に権堂の先のフジタカの自動販売機
a0003909_18164448.jpgはてさて。この自動販売機は、家の壁に半分めり込んだように設置されていて、機械の製造者がフジタカだけに、販売品目がおでん缶やら焼き鳥缶やらだったので、ものめずらしさからこのブログのどこかに書いていたと思ったのですがみあたらない。もっと愛情を持たなければいけないと反省をするところです。

ひさびさに注視すると、おでん缶やら焼き鳥缶やらはなくなり、販売されているのは飲料のみ。さらに、本来ディスプレイ上には2段×6本の商品が置かれるところを、下段中央2箇所が抜けていてあまりかわいがられていない、廃自販機に片足を突っ込んだような風情でありました。

しかしながらよく見ると、上段にはファンタやペプシネックスやセブンアップの約500mlペットボトル入りが製造者の境を越えて100円で販売されています。
いじらしいね。
[PR]
by epole | 2011-11-12 18:17 | 販売品目に注目


<< 旧制松本高等学校と自動販売機 自転車に乗る漱石 百年前のロン... >>