ソフトクリーム自販機
a0003909_6261711.jpg昔デパートの階段の踊り場にあるジュースの自販機を見たとき、自販機の上の噴水を見て、その『からくり』に感動したものでした。最近の自販機のほとんどは押せば商品が転がり出てくるだけで、感動を呼ぶからくり自販機の比率はとても小さいものです。
自販機の歴史を顧みますと、その起源は『聖水の自販機』であったようです。単に聖水をもらうだけであれば人の手によるだけで十分ですが、そこで自動的に適量の聖水がでてくるという不思議なからくりに人々は仰天感動したことでありましょう。

さて、松本市内のデパート通りを歩きますと、左側にパルコ(かつてのはやしや)があり、その先に『開運堂』という菓子屋があります。ここのお菓子はまことに美味で、『これはうまい』(1個105円)を始め、『老松』などを売っているのです。今の季節限定の『あけび』(1個210円)も、一度食べたらもう忘れられず、来年のこの時期が待ち遠しくなること請け合いです。
この『開運堂』の店内にあるのが『ソフトクリーム自販機』です。お金を入れると機械がソフトクリームを作ってくれます。
実に楽しい。複雑なメカですが、そこに自販機の原点をみました。
[PR]
by epole | 2004-10-13 06:25 | 自販機いろいろ


<< すきま 松本城の記念メダル販売機と刻印機 >>