「車イスから見た街」の自動販売機
自動販売機も扱いにくいものの一つです。自動販売機のなかには、車イスから見れば押しボタンの位置が高すぎて、手がとどかないものがあります。たとえば、コーヒーが飲みたいと思って自動販売機に近づいてみると、コーヒーと書かれた押しボタンの位置は高くて、手がとどきません。ところが、ジュースの押しボタンなら低い位置にあり、押すことができます。しかたがない、ジュースにするか、となってしまうのです。押しボタンの位置によってそのときの飲み物が決まることになります。

わたくしが読んでいるこの本は、
村田稔著  『車イスから見た街』(岩波ジュニア新書238 1994年6月20日第1刷発行 1999年5月6日第12刷発行)

いまでは商品選択ボタンを真ん中くらいの高さにも設けた自動販売機が多くの場所で設置されるようになりましたが、この本の出た1994年当時はそのような配慮をした自動販売機の例があったかどうか。しかしながら、現在でも、路を歩いていてそのような自動販売機に出会うことは稀なのであります。
それでも、例えば商品の配列を、下ボタンで多くの種類の商品を選択できるようにすれば、わざわざ機械を改造・交換しなくても対応できる場合があるのではないかともわたくしは思いました。
昔の自動販売機はほぼ一列しか商品が販売されていませんでした。いまは数倍に商品の選択肢が広がっています。たとえば14列×3段の自動販売機の場合、42のボタンがあるわけですが、下の14のボタンを売上げの多い商品から割り振りますと、かなりの割合の需要に応えられるのではないかと思うわけです。

この文章は、車イスの人の商品選択の不自由ということのほかに、一般に自動販売機の使用者がどのように自動販売機で買う商品を決定するかを考えさせるものでした。
コーヒーを飲みたくて自動販売機に向かうのか、飲料を飲みたくて、できたらコーヒーがいいなぁと思って自動販売機に向かうのか。なんでもよくて、自動販売機を見て決めるのか。自動販売機が飲み物を飲みたくさせるのか。
特定の商品を欲しているのか。

成人向け自動販売機の立地はとても狭くて段差があって、とても車イスでは買いにいけない。このことをどのように考えるべきであろうか。車イスの人はエッチ本は書店で堂々と買えとでもいうのか。それとも、健常者が代わりに買ってきてあげるとでもいうのか!
[PR]
by epole | 2010-03-28 16:41 | 小説にみる自販機


<< シャッターの奥の自動販売機 「十九、二十」の自動販売機 >>